タグ別アーカイブ: 消費者物価指数

民主党政権下で下落し続けた物価|12月の消費者物価指数

hirotoface.gif

皆さん、おはようございます。『やさしい株のはじめ方』サポーターのみっちーです。

 

12月の消費者物価指数

消費者物価指数
消費者が購入する商品やサービスの値段がどれぐらい変動しているかを表す指標。価格変動の大きい生鮮食品を除いたコア指数、食糧およびエネルギーを除いたコアコア指数が景気判断の目安に使われる。2005年=100。(総務省)

消費者物価指数

■前年同月比、指数

総合指数   -0.1%、99.3
コア指数   -0.2%、99.4
コアコア指数 -0.6%、98.0

続きを読む

明るい兆しのアメリカ、暗い兆しの日本

hirotoface.gif

皆さん、おはようございます。『やさしい株のはじめ方』サポーターのみっちー(自己紹介ページ)です。

私事ですが、先週は「外務員二種」を受験してきました。受験を決めたのが1月29日。最も早く受験できるのが2月17日だったので、その日に受けることにしました♪

全く知らない分野ではないので余裕を持っていたのですが、仕事がなかなか忙しく、思うように勉強が進みませんでした。このままでは・・・。さすがに少し不安になったので、執筆をお休みして勉強させていただくことにしました(汗”)

そのかいもあってか試験はかなり余裕を持って合格できたと思います。今回の勉強で知識の幅もまた広がったので、今まで以上に有益な情報を提供できるよう張り切って行きたいと思います☆

続きを読む

9月消費者態度指数とエコポイント制度

hirotoface.gif

皆さん、おはようございます。『やさしい株のはじめ方』サポーターのみっちー(自己紹介ページ)です。

朝晩が涼しくなり、秋の本格的到来を感じる今日この頃です。スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋などと言われているように、秋は何かに打ち込むには最適な時期です。私は趣味の囲碁でなんとか今年中に目標としてきた水準に達せられるよう頑張りたいと思います。みなさんも何かに打ち込んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

11月消費者物価指数

今日は消費者物価指数(CPI)が発表されました。

前年同月比0.1%上昇し、98.0(2003年=100とする)となりました。消費者物価指数がプラスに転じるのは2年1ヶ月ぶりのようです。ただ、数字自体は市場予想と同じみたいで、大きなサプライズにはならなかったようです。

 

この発表に対して、日銀(日本銀行)は好意的に受け止めているようです。その理由は、「消費者物価指数が前年比で安定的に0%以上」になれば、デフレ脱却ということで、量的緩和政策の解除をもくろんでいるからです。

 

量的緩和政策というのは、「金融機関の当座預金残高を引き上げさせるために、長期国債の買い入れを増やす等、金融機関に資金供給(“量”)を行い、市場の短期金利を実質ゼロ%に誘導した(東証より抜粋)」という“量”に対する政策です。これは、当時あまりにも景気が悪かったので、冷え切った景気を刺激するために取った、少し異常な政策です。

 

このちょっとわかりにくい『量的緩和政策』…。解除するとどうなるでしょうか?? 将来的には、ゼロ金利の解除という方向、すなわち金利が上がってくるわけです。

 

金利が上がってくると、海外との金利差が下がり、円高要因になりますね。それに、積みに積みあがった国債の利払いが増えますね。他には、企業の有利子負債も経営の圧迫要因となることも考えられます…。

金利上昇は、他にもたくさんの影響を及ぼしそうですが、果たしてこれからどうなっていくでしょうか??

   

☆あと3日で今年も終わりです。
しっかり締めましょう!

 

人気blogランキング
ランキングに参加しています。

本サイトは、株式投資初心者の方向けの『やさしい株のはじめ方』です。