G-FACTORY(3474) ~IPO当選への挑戦~

g-fac

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券が主幹事のG-FACTORYです。

G-FACTORY(3474)-東証マザーズ

G-FACTORYの事業内容は、「飲食店等の店舗型サービスを展開する企業への経営サポートと飲食店『名代宇奈とと』の運営」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は3,080円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は3,080円となります。売買単位が100株単位なので、30.8万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は25.18万株あります。100株単位の配分となるので、2,518本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「9月13日(火)~9月20日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)
岩井コスモ証券
SBI証券

☆G-FACTORY、ネット系ではありませんが、市場規模が大きい飲食店を対象としたサービスということもあり、成長性は十分に感じられます。また、ベンチャーキャピタルこそ公募価格比の1.5倍ですが、主要な大株主に期間でロックアップがかかっており、需給的にも優れています。とりあえず、1.5倍までは上がって、それ以降はベンチャーキャピタルの方針次第でしょうか。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
リファインバース 公募1,700円 → 初値2,770円(+10.7万円)
デュアルタップ 公募1,110円 → 初値2,520円(+14.1万円)
インソース 公募520円 → 初値810円(+2.9万円)

2015年もIPOの調子が引き続きよかったですね!2016年もこの流れが続いてほしいですが、どうなるでしょうか♪ →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2015年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ネオジャパン 2,900円 → 14,550円(+116.5万円
2位 エムケイ システム 3,500円 → 15,120円(+116.2万円
3位 アイビーシー 2,920円 → 10,250円(+73.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

オークネット(3964) ~IPO当選への挑戦~

aucnet

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のオークネットです。

オークネット(3964)-東証

オークネットの事業内容は、「インターネットを利用したオークションの主催および運営等の情報流通支援サービス事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,500円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,500円となります。売買単位が100株単位なので、15万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は726.8万株あります。100株単位の配分となるので、72,680本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「9月12日(月)~9月16日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
マネックス証券

☆オークネット、オークションで取り扱う商品は、中古車、中古バイク、中古スマートフォン、中古PCなどですが、いずれもすでに事業として成熟段階にあり、これから大きく成長していくイメージが持てません。主要な大株主に期間でロックアップがかかっていることはプラス材料ですが、公開株数もそれなりに多いので、需給的にもそれほど恵まれているとは言えません。とりあえず当選を狙っていきます。

<直近IPOのパフォーマンス>
リファインバース 公募1,700円 → 初値2,770円(+10.7万円)
デュアルタップ 公募1,110円 → 初値2,520円(+14.1万円)
インソース 公募520円 → 初値810円(+2.9万円)

2015年もIPOの調子が引き続きよかったですね!2016年もこの流れが続いてほしいですが、どうなるでしょうか♪ →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2015年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ネオジャパン 2,900円 → 14,550円(+116.5万円
2位 エムケイ システム 3,500円 → 15,120円(+116.2万円
3位 アイビーシー 2,920円 → 10,250円(+73.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

シンクロ・フード(3963) ~IPO当選への挑戦~

synchro-food

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のシンクロ・フードです。

シンクロ・フード(3963)-東証マザーズ

シンクロ・フードの事業内容は、「主力サイトである『飲食店.COM』を中心とした飲食店出店・開業者及び飲食店運営者と、飲食店に関わる各事業者とを繋ぐメディアプラットフォームの運営」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,960円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,960円となります。売買単位が100株単位なので、19.6万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は80.5万株あります。100株単位の配分となるので、8,050本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「9月9日(金)~9月15日(木)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(副幹事)
大和証券
SMBC日興証券

☆シンクロ・フード、規模がやや重ための案件なので、初値がやや上がりにくくなっています。ただ、事業の新規性・成長性からそれなりの買い需要が見込めることと、主要な大株主に対する期間のロックアップで潜在的な売り圧が限られていることを考えると、初値が大幅に上昇してもおかしくありません。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
リファインバース 公募1,700円 → 初値2,770円(+10.7万円)
デュアルタップ 公募1,110円 → 初値2,520円(+14.1万円)
インソース 公募520円 → 初値810円(+2.9万円)

2015年もIPOの調子が引き続きよかったですね!2016年もこの流れが続いてほしいですが、どうなるでしょうか♪ →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2015年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ネオジャパン 2,900円 → 14,550円(+116.5万円
2位 エムケイ システム 3,500円 → 15,120円(+116.2万円
3位 アイビーシー 2,920円 → 10,250円(+73.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

シルバーエッグ・テクノロジー(3961) ~IPO当選への挑戦~

silveregg

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 大和証券が主幹事のシルバーエッグ・テクノロジーです。

シルバーエッグ・テクノロジー(3961)-東証マザーズ

シルバーエッグ・テクノロジーの事業内容は、「AI(人工知能)技術をベースにしたウェブマーケティングサービスの開発・提供」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は850円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は850円となります。売買単位が100株単位なので、8.5万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は59.8万株あります。100株単位の配分となるので、5,980本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「9月8日(木)~9月14日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(主幹事)
SBI証券

☆シルバーエッグ・テクノロジー、人工知能という話題性の高いテーマを持っていることもあり、豊富な買い需要が期待できます。主要大株主へのロックアップが公募価格比の1.5倍までかかっているので、そこまでは需給関係だけで上がってくれそうです。同日に複数のIPOがありますが、どちらも規模が小さいので、とくに影響はないでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
リファインバース 公募1,700円 → 初値2,770円(+10.7万円)
デュアルタップ 公募1,110円 → 初値2,520円(+14.1万円)
インソース 公募520円 → 初値810円(+2.9万円)

2015年もIPOの調子が引き続きよかったですね!2016年もこの流れが続いてほしいですが、どうなるでしょうか♪ →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2015年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ネオジャパン 2,900円 → 14,550円(+116.5万円
2位 エムケイ システム 3,500円 → 15,120円(+116.2万円
3位 アイビーシー 2,920円 → 10,250円(+73.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

チェンジ(3962) ~IPO当選への挑戦~

change-jp

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SBI証券が主幹事のチェンジです。

チェンジ(3962)-東証マザーズ

チェンジの事業内容は、「モビリティ、IoTビッグデータ、クラウド、セキュリティなどのテクノロジーを活用したサービス及びIT人材育成のための研修の提供(NEW-ITトランスフォーメーション事業)」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,150円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,150円となります。売買単位が100株単位なので、11.5万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は49 万株あります。100株単位の配分となるので、4,900本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「9月7日(水)~9月13日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(主幹事)
マネックス証券
SMBC日興証券
東海東京証券

☆チェンジ、話題性にあふれる事業内容で、買い需要に関してはまず心配する必要はないでしょう。主要大株主へのロックアップも期間でかかっており、潜在的な売り圧もそれほどありませんので、需給的に初値高騰の可能性が高いと言えます。同日に複数のIPOがありますが、いずれも規模が小さいので気にすることもないでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
リファインバース 公募1,700円 → 初値2,770円(+10.7万円)
デュアルタップ 公募1,110円 → 初値2,520円(+14.1万円)
インソース 公募520円 → 初値810円(+2.9万円)

2015年もIPOの調子が引き続きよかったですね!2016年もこの流れが続いてほしいですが、どうなるでしょうか♪ →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2015年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ネオジャパン 2,900円 → 14,550円(+116.5万円
2位 エムケイ システム 3,500円 → 15,120円(+116.2万円
3位 アイビーシー 2,920円 → 10,250円(+73.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

バリューデザイン(3960) ~IPO当選への挑戦~

valuedesign

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券が主幹事のバリューデザインです。

バリューデザイン(3960)-東証マザーズ

バリューデザインの事業内容は、「サーバー管理型プリペイドカード、ギフトカードシステムの提供及び関連する機器、カード等の販売」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,860円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,860円となります。売買単位が100株単位なので、18.6万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は33.39万株あります。100株単位の配分となるので、3,369本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「9月7日(水)~9月13日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券
岩井コスモ証券

☆バリューデザイン、大手飲食チェーンやスーパーを取引先に持つプリペイドカード事業が主力ですが、内容的にはとくに新規性を感じません。サービスを提供する形態がASPということで、そこに新規性を見出すことはできますが、それも今となってはどこまで話題になるか不安なところです。ただ、公開株数が少なく、大株主に対するロックアップもしっかりかかっているため、需給だけで初値が高騰してしまう気がします。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
リファインバース 公募1,700円 → 初値2,770円(+10.7万円)
デュアルタップ 公募1,110円 → 初値2,520円(+14.1万円)
インソース 公募520円 → 初値810円(+2.9万円)

2015年もIPOの調子が引き続きよかったですね!2016年もこの流れが続いてほしいですが、どうなるでしょうか♪ →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2015年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ネオジャパン 2,900円 → 14,550円(+116.5万円
2位 エムケイ システム 3,500円 → 15,120円(+116.2万円
3位 アイビーシー 2,920円 → 10,250円(+73.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ノムラシステムコーポレーション(3940) ~IPO当選への挑戦~

nomura-system

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 みずほ証券が主幹事のノムラシステムコーポレーションです。

ノムラシステムコーポレーション(3940)-東証JQスタンダード

ノムラシステムコーポレーションの事業内容は、「SAP ERPの導入コンサルティング及び保守サービス等のERPソリューション事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格920円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は920円となります。売買単位が100株単位なので、9.2万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は54.79万株あります。100株単位の配分となるので、5,479本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「8月30日(火)~9月5日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(副幹事)
SBI証券
岩井コスモ証券
マネックス証券

☆ノムラシステムコーポレーション、直近5年の業績推移を見る限り、成長性はそれほど感じられません。事業内容もさして真新しさを感じませんので、それほど買い需要は大きくないでしょう。ただ、主要大株主にロックアップがかかっており、売り圧もそれほど発生しないと思うので、需給的には初値が上昇しやすくなっています。とりあえず、当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
リファインバース 公募1,700円 → 初値2,770円(+10.7万円)
デュアルタップ 公募1,110円 → 初値2,520円(+14.1万円)
インソース 公募520円 → 初値810円(+2.9万円)

2015年もIPOの調子が引き続きよかったですね!2016年もこの流れが続いてほしいですが、どうなるでしょうか♪ →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2015年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ネオジャパン 2,900円 → 14,550円(+116.5万円
2位 エムケイ システム 3,500円 → 15,120円(+116.2万円
3位 アイビーシー 2,920円 → 10,250円(+73.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

串カツ田中(3547) ~IPO当選への挑戦~

kushi-tanaka

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 大和証券が主幹事の串カツ田中です。

串カツ田中(3547)-東証マザーズ

串カツ田中の事業内容は、「串カツ居酒屋『串カツ田中』の直営及びFC運営事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は3,610円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は3,610円となります。売買単位が100株単位なので、36.1万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は41.68万株あります。100株単位の配分となるので、4,168本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「8月30日(火)~9月5日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(主幹事)
SBI証券(副幹事)
SMBC日興証券
マネックス証券
岩井コスモ証券

☆串カツ田中、串カツという業態には新規性がなく、IPO的にとても人気化するようには思えません。ただ、業績の伸びは目を見張るものがあり、純粋な投資対象として一定の需要は生み出しそうです。同日に複数の上場がかさなっているのであまり大きな期待はできませんが、とりあえずそれなりの初値にはなりそうです。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
リファインバース 公募1,700円 → 初値2,770円(+10.7万円)
デュアルタップ 公募1,110円 → 初値2,520円(+14.1万円)
インソース 公募520円 → 初値810円(+2.9万円)

2015年もIPOの調子が引き続きよかったですね!2016年もこの流れが続いてほしいですが、どうなるでしょうか♪ →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2015年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ネオジャパン 2,900円 → 14,550円(+116.5万円
2位 エムケイ システム 3,500円 → 15,120円(+116.2万円
3位 アイビーシー 2,920円 → 10,250円(+73.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

FPの資格を持つひっきー・みっちー・タクヤ・アオキが投資について考えます