スシローグローバルホールディングス(3563) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券大和証券が主幹事のスシローグローバルホールディングスです。

スシローグローバルホールディングス(3563)-東証

スシローグローバルホールディングスの事業内容は、「『スシロー』ブランドでの回転すし全国チェーン展開」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は3,900円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は3,900円となります。売買単位が100株単位なので、39万円からIPO抽選に参加できます! また、国内の公開株数は1,341.11万株あります。100株単位の配分となるので、134,111本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「3月14日(火)~3月17日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)
大和証券(主幹事)
岩井コスモ証券
マネックス証券
SBI証券
松井証券
東海東京証券
カブドットコム証券

☆スシローグローバルホールディングス、やはり大株主の外資系ファンドの利益確定イベントとなりました。想定価格にも割安感がないので、さすがにこの規模の初値を押し上げるだけの買いは入らないように思います。

※スシローは2003年に東証2部に上場しましたが、2008年に外資系ファンドに買収(TOB)される形で上場廃止となりました。その後も、また別の外資系ファンドに買収されています。

<直近IPOのパフォーマンス>
ユナイテッド&コレクティブ 公募1,620円 → 初値4,500円(+28.8万円)
フュージョン 公募1,140円 → 初値2,872円(+17.32万円)
レノバ 公募750円 → 初値1,125円(+3.75万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

No.1(3562) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SBI証券が主幹事のNo.1です。

No.1(3562)-JASDAQスタンダード

No.1の事業内容は、「OA機器および情報セキュリティ関連機器の販売および保守サービス業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,470円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,470円となります。売買単位が100株単位なので、14.7万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は50.6万株あります。100株単位の配分となるので、5,060本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「3月9日(木)~3月15日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)
岩井コスモ証券

☆No.1、情報セキュリティ関連ということで人気化しやすくなっていますが、ざっと見たところ、少し古い形式の印象を受けたので、そこまでの爆発力はないように思います。ただ、大株主へのロックアップがしっかりかかっており、需給面でも初値が上がりやすくなっていますので、それでも初値の大幅な上昇が期待できます。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
ユナイテッド&コレクティブ 公募1,620円 → 初値4,500円(+28.8万円)
フュージョン 公募1,140円 → 初値2,872円(+17.32万円)
レノバ 公募750円 → 初値1,125円(+3.75万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ズーム(6694) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のズームです。

ズーム(6694)-JASDAQスタンダード

ズームの事業内容は、「音楽用電子機器の開発および販売」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,460円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,460円となります。売買単位が100株単位なので、14.6万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は72.56万株あります。100株単位の配分となるので、7,256本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「3月9日(木)~3月15日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(副幹事)
SBI証券
カブドットコム証券

☆ズーム、業績推移からみても利益が頭打ち気味で将来性に不安を感じます。せめて業績が右肩上がりであれば、将来性から買われる望みもありますが、現状では買う理由が見当たりません。ただ、大株主のロックアップが期間でかかっており、需給は良いので、値崩れを起こすような案件ではないように思えます。

<直近IPOのパフォーマンス>
ユナイテッド&コレクティブ 公募1,620円 → 初値4,500円(+28.8万円)
フュージョン 公募1,140円 → 初値2,872円(+17.32万円)
レノバ 公募750円 → 初値1,125円(+3.75万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ティーケーピー(3479) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のティーケーピーです。

ティーケーピー(3479)-東証マザーズ

ティーケーピーの事業内容は、「貸会議室の運営を中心として、飲料・オプション・宿泊サービスなども展開」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は5,890円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は5,890円となります。売買単位が100株単位なので、58.9万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は58.55万株あります。100株単位の配分となるので、5,855本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「3月8日(水)~3月14日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(副幹事)
SMBC日興証券
東海東京証券
SBI証券
安藤証券

☆ティーケーピー、想定時価総額が300億円ほどの大型案件ですが、想定価格が5,890円と高いこともあり、公開株数はそこまで多くありません。この事業モデルで、これくらいの規模であれば、需給が緩くなって公募割れの可能性が高いのですが、今回は特殊ケースでどのような結果になるかわかりません。とりあえず仮条件の水準を見てから申し込むかどうか決めた方がよいでしょう。

<直近IPOのパフォーマンス>
ユナイテッド&コレクティブ 公募1,620円 → 初値4,500円(+28.8万円)
フュージョン 公募1,140円 → 初値2,872円(+17.32万円)
レノバ 公募750円 → 初値1,125円(+3.75万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ソレイジア・ファーマ(4597) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 みずほ証券が主幹事のソレイジア・ファーマです。

ソレイジア・ファーマ(4597)-東証マザーズ

ソレイジア・ファーマの事業内容は、「悪性腫瘍にかかわる医薬品・医療機器の開発、販売」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は180円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は180円となります。売買単位が100株単位なので、1.8万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は2,235.31万株あります。100株単位の配分となるので、223,531本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「3月7日(火)~3月13日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(副幹事)
岩井コスモ証券
東海東京証券
マネックス証券
SBI証券
カブドットコム証券

☆ソレイジア・ファーマ、低価格で買いを入れやすい案件ですが、さすがに現状でこの規模を押し上げるだけの買いを集められるとは思えません。公募割れの可能性が極めて高いと思いますので、申し込みはスルーしてよいでしょう。もし、仮条件が想定価格を上回る水準で提示されることがあれば、一考の余地もあるでしょうか。

<直近IPOのパフォーマンス>
日宣 公募1,600円 → 初値3,000円(+14万円)
安江工務店 公募1,250円 → 初値1,300円(+0.5万円)
シャノン 公募1,500円 → 初値6,310円(+48.1万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

オロ(3983) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のオロです。

オロ(3983)-東証マザーズ

オロの事業内容は、「自社開発ERPパッケージソフトウェア(ZAC Enterprise)の提供・保守、およびWEBを活用したマーケティング支援事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,930円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,930円となります。売買単位が100株単位なので、19.3万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は115万株あります。100株単位の配分となるので、11,500本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「3月7日(火)~3月13日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
松井証券
マネックス証券
SBI証券

☆オロ、人気のクラウド関連のIPOですが、規模がそこそこ大きく、今後の成長性もそれほど感じられませんので、初値の大幅な上昇は期待しづらいです。ただ、主要な大株主に期間でロックアップがかかっているので、規模の割に需給は良いと言えます。とりあえず当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
日宣 公募1,600円 → 初値3,000円(+14万円)
安江工務店 公募1,250円 → 初値1,300円(+0.5万円)
シャノン 公募1,500円 → 初値6,310円(+48.1万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

グリーンズ(6547) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のグリーンズです。

グリーンズ(6547)-東証2部、名証2部

グリーンズの事業内容は、「ホテル・レストラン・バンケットの運営」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,350円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,350円となります。売買単位が100株単位なので、13.5万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は506万株あります。100株単位の配分となるので、50,600本が当たりですね。当選確率は「当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「3月6日(月)~3月10日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(副幹事)
SMBC日興証券
SBI証券

☆グリーンズ、東証2部上場の大型案件というだけで、もう初値の上がるイメージが持てません。事業内容には新規性がありませんし、業績に関しても利益が頭打ち気味になっており、成長性に不安があります。

<直近IPOのパフォーマンス>
日宣 公募1,600円 → 初値3,000円(+14万円)
安江工務店 公募1,250円 → 初値1,300円(+0.5万円)
シャノン 公募1,500円 → 初値6,310円(+48.1万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

フルテック(6546) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のフルテックです。

フルテック(6546)-東証2部

フルテックの事業内容は、「自動ドア開閉装置の販売・施工・保守、ステンレス建具の製造・販売など」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は540円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は540円となります。売買単位が100株単位なので、5.4万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は128.7万株あります。100株単位の配分となるので、12,870本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「3月3日(金)~3月9日(木)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券
SBI証券
岩井コスモ証券

☆フルテック、個人の買いが集まりやすい低価格のIPOですが、事業、業績ともに人気化する内容ではありません。業績に関しては、今期は減益の可能性がありますので、純粋な投資対象としてもきびしいように思います。

<直近IPOのパフォーマンス>
日宣 公募1,600円 → 初値3,000円(+14万円)
安江工務店 公募1,250円 → 初値1,300円(+0.5万円)
シャノン 公募1,500円 → 初値6,310円(+48.1万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

エスキュービズム(3982) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。みずほ証券が主幹事のエスキュービズムです。

エスキュービズム(3982)-東証マザーズ

エスキュービズムの事業内容は、「オムニチャネルプラットフォームの構築」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,250円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,250円となります。売買単位が100株単位なので、12.5万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は40.25万株あります。100株単位の配分となるので、4,025本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「3月3日(金)~3月9日(木)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(副幹事)
SMBC日興証券
大和証券
マネックス証券
岩井コスモ証券

☆エスキュービズム、公開株数が少なく、大株主に対するロックアップもかかっていることから、需給的に初値が上がりやすくなっています。IoT活用に注目が集まれば、初値高騰の可能性はかなり高いでしょう。上場日同日および前後に複数の案件が重なっていますが、これくらいの規模であれば問題ありません。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
日宣 公募1,600円 → 初値3,000円(+14万円)
安江工務店 公募1,250円 → 初値1,300円(+0.5万円)
シャノン 公募1,500円 → 初値6,310円(+48.1万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

2月13日~2月19日の更新情報です。

先週の新着情報を紹介します。

 

やさしい株のはじめ方

2月15日:ネット証券比較
2月14日:はじめての株1年生 増刷!
2月13日:カブドットコム証券が新しく動画サービスをスタート!

カブドットコム証券が動画で株式投資を学べるサービスを開始しました。通常は有料コンテンツなのですが、カブドットコム証券に口座を持っている無料で利用できます。
まだ口座をお持ちでない方は開設サポートページもありますので、参考にしてください。

 

楽しい株主優待&配当

2月17日:[新設]研創
2月17日:[変更]ジー・テイスト価値開発東邦銀行
2月16日:[新設]AOI TYO Holdings
2月16日:[変更]共立メンテナンスフジ・コーポレーションポーラ・オルビスホールディングスシュッピン英和ユニカフェ
2月15日:[更新]優待取得ブログを始めました!
2月15日:[新設]Jトラスト
2月15日:[変更]アークスユニバーサル園芸社日清食品ホールディングス
2月14日:[新設]オープンドアランドコンピューター
2月14日:[変更]WDBホールディングスクイック海帆ラ・アトレ不二家シーズ・ホールディングス多木化学
2月13日:[新設]エイチワンミスターマックス正興電機製作所長府製作所FCホールディングス
2月13日:[変更]東海汽船リログループすかいらーくダイヤモンドダイニングハピネット

先週は株主優待の新設が10社、変更が24社もありました。
かなり多くの企業ページを修正してありますので、気になる企業からチェックしていってください。
管理人が受け取った株主優待を随時紹介していくページを作成しました。実物の写真とともに企業の紹介や優待の使い道、注意点などを紹介していきます。

 

やさしいIPO株のはじめ方

2月17日:[新規]オロ
2月17日:[仮条件]ピーバンドットコム
2月16日:[新規]グリーンズフルテックエスキュービズム
2月16日:[仮条件]ロコンド
2月16日:[初値]日宣
2月15日:[新規]力の源ホールディングス〔一風堂〕インターネットインフィニティー
2月14日:[新規]ジャパンエレベーターサービスホールディングス
2月13日:[新規]ビーグリーほぼ日うるる

先週だけで10件の上場が承認されています。今年最初のIPOラッシュですね。
話題性でいえば「ほぼ日」ですが、エスキュービズムなどの高騰が期待できそうな銘柄もあります。
IPOスケジュール」を見て、各社の申込期間や上場日を把握しておきましょう。

 

やさしい投資信託のはじめ方

2月16日:TOPIXを上回る成績【ひふみ投信】を知る
2月14日:楽天のイデコ、運営管理手数料が0円に!!

先週は楽天証券のiDeCo(イデコ)に関する手数料とひふみ投信について取りあげました。
iDeco(イデコ)は個人型確定拠出年金の愛称です。個人型確定拠出年金については、詳しい解説ページがありますので、参考にしてください。
条件付きとはいえ、手数料が0円で済むのは利用側としてはうれしい情報ですね。

 

やさしい住宅ローン比較ガイド

02月16日:ソニー銀行住宅ローンの金利発表で、来月の金利を予想する
02月14日:ARUHIが、Webで住宅ローンの申込みができる「ARUHIダイレクト」を開始

ARUHIが新たにWebで「事前審査」と「本申込み」ができるサービスを開始しました。
現在、サービス開始キャンペーンが開催されており、通常より安い融資事務手数料で融資が受けられます。
残念ながら先週紹介したARUHIスーパーフラットは対象外ですが、かなりお得なキャンペーンなので、ぜひチェックしてみてください。

 

今週の更新情報は以上です。

FPの資格を持つひっきー・みっちー・タクヤ・アオキが投資について考えます