カテゴリー別アーカイブ: IPO情報

RPAホールディングス(6572) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SBI証券が主幹事のRPAホールディングスです。

RPAホールディングス(6572)-東証マザーズ

RPAホールディングスの事業内容は、「飲食店向けの店舗物件に特化した店舗賃貸事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は3,200円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は3,200円となります。売買単位が100株単位なので、32万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は60万株あります。100株単位の配分となるので、6,000本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「3月8日(木)~3月14日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(主幹事)
大和証券(副幹事)
SMBC日興証券
マネックス証券
岩井コスモ証券

☆RPAホールディングス、人間がおこなうデータ入力などの定型処理を人工知能(AI)に学習させてロボットに代行させるサービスを提供。大いに注目を集めている次世代テクノロジー関連ということで、文句なしに豊富な買いが期待できます。公開株数もそれほど多くなく、ベンチャーキャピタルが売出しそうな株数もそれほど多くないです。久しぶりの優良案件で、初値高騰の可能性が極めて高いでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
オプティマスグループ 公募1,800円 → 初値2,001円(+2.01万円)
ABホテル 公募1,500円 → 初値3,060円(+15.6万円)
要興業 公募750円 → 初値950円(+2万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 トレードワークス 2,200円 → 13,600円(+114万円
2位 ヴィスコ・テクノロジーズ 4,920円 → 15,000円(+100.8万円
3位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

キュービーネットホールディングス(6571) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 大和証券と三菱UFJ・モルガン・スタンレー証券が共同主幹事のキュービーネットホールディングスです。

キュービーネットホールディングス(6571)-東証

キュービーネットホールディングスは、「ヘアカット専門チェーン『QBハウス』などを運営するキューピーネット株式会社をはじめとしたグループ会社の経営管理全般をおこなう持ち株会社」です。公募価格の目安となる、想定価格は2,250円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,250円となります。売買単位が100株単位なので、22.5万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は1,125.37万株あります。100株単位の配分となるので、112,537本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「3月7日(水)~3月13日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(共同主幹事)
SMBC日興証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
SBI証券

☆キュービーネットホールディングス、QBハウスはすでに国内で535店舗を展開していますので、今後大きく成長していくためには、海外展開を加速する必要があります。そのための資金調達を目的とするIPOだとしたら、おもしろい案件かもしれませんが、今回は公募がゼロで、すべて売出しのため、新たな資金は調達できません。これは典型的な上場ゴールで、大株主であるベンチャーキャピタルの利益確定イベントの色が強いです。加えて、同日にファイバーゲート(9450)が上場することもマイナス材料です。

<直近IPOのパフォーマンス>
オプティマスグループ 公募1,800円 → 初値2,001円(+2.01万円)
ABホテル 公募1,500円 → 初値3,060円(+15.6万円)
要興業 公募750円 → 初値950円(+2万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 トレードワークス 2,200円 → 13,600円(+114万円
2位 ヴィスコ・テクノロジーズ 4,920円 → 15,000円(+100.8万円
3位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ファイバーゲート(9450) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券が主幹事のファイバーゲートです。

ファイバーゲート(9450)-東証マザーズ

ファイバーゲートの事業内容は、「集合住宅および商業施設などにおけるWi-Fiサービスの提供」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は910円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は910円となります。売買単位が100株単位なので、9.1万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は115.23万株あります。100株単位の配分となるので、11,523本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「3月7日(水)~3月13日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券

☆ファイバーゲート、Wi-Fi事業自体はすでに一般化しており、新規性はとくにありません。ただ、直近の売上と利益の伸びから数年の成長は期待できます。統計的に初値の上がりやすい条件がそろっていますが、やや重ためで、相場が弱くなっているのが気になります。また、同日に大型のキュービーネットホールディングス(6571)が上場することもマイナスです。さすがに、初値高騰はきびしそうですが、小幅な上昇をしてくれるのではないかと予想します。とりあえず当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
オプティマスグループ 公募1,800円 → 初値2,001円(+2.01万円)
ABホテル 公募1,500円 → 初値3,060円(+15.6万円)
要興業 公募750円 → 初値950円(+2万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 トレードワークス 2,200円 → 13,600円(+114万円
2位 ヴィスコ・テクノロジーズ 4,920円 → 15,000円(+100.8万円
3位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

SOU[ソウ](9720) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券が主幹事のSOU[ソウ]です。

SOU[ソウ](9720)-東証マザーズ

SOU[ソウ]の事業内容は、「ブランド・貴金属・骨董品などの買い取りおよび販売」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は3,090円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は3,090円となります。売買単位が100株単位なので、30.9万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は169.8万株あります。100株単位の配分となるので、16,980本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「3月6日(火)~3月12日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券
岩井コスモ証券
岡三オンライン証券

☆SOU[ソウ]、名前からインタネットベンチャーを連想させますが、中身は中古ブランド品の買い取り・販売という昔ながらのビジネスモデルを持った会社です。まず人気化する案件ではないことに加え、規模が大きく供給がだぶついており、需給的にかなりきびしいと言えるでしょう。また、業績も利益が安定しておらず、先行きの不透明感が強いです。

<直近IPOのパフォーマンス>
オプティマスグループ 公募1,800円 → 初値2,001円(+2.01万円)
ABホテル 公募1,500円 → 初値3,060円(+15.6万円)
要興業 公募750円 → 初値950円(+2万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 トレードワークス 2,200円 → 13,600円(+114万円
2位 ヴィスコ・テクノロジーズ 4,920円 → 15,000円(+100.8万円
3位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

信和(3447) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。野村證券が主幹事の信和です。

信和(3447)-東証2部

信和の事業内容は、「主に仮設資材、物流機器を中心とした金属製品の製造販売」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,380円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,380円となります。売買単位が100株単位なので、13.8万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は1,378.84万株あります。100株単位の配分となるので、137,884本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「3月2日(金)~3月8日(木)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券
SMBC日興証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
SBI証券

☆信和、正直すべての面できびしいですね。事業内容も業績もイマイチなうえ、大量の公開株はすべて売出しで、その大部分が筆頭株主のベンチャーキャピタルから出ています。これは典型的な上場ゴールで、今回のIPOはベンチャーキャピタルの利益確定のためのイベントと言えます。このようなIPOには将来の期待が持てませんので、初値を押し上げるほどの買いが集まることはないでしょう。

<直近IPOのパフォーマンス>
オプティマスグループ 公募1,800円 → 初値2,001円(+2.01万円)
ABホテル 公募1,500円 → 初値3,060円(+15.6万円)
要興業 公募750円 → 初値950円(+2万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 トレードワークス 2,200円 → 13,600円(+114万円
2位 ヴィスコ・テクノロジーズ 4,920円 → 15,000円(+100.8万円
3位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

共和コーポレーション(6570) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事の共和コーポレーションです。

共和コーポレーション(6570)-東証2部

共和コーポレーションの事業内容は、「アミューズメント施設運営およびアミューズメント機器販売」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,430円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,430円となります。売買単位が100株単位なので、14.3万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は74.75万株あります。100株単位の配分となるので、7,475本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「3月1日(木)~3月7日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(副幹事)
SBI証券

☆共和コーポレーション、幹線道路沿いの店舗やショッピングセンター、繁華街にある店舗などで展開しています。売り上げが頭打ち気味で、成長性にやや欠ける印象を受け、事業内容的にも新規性がなく、人気面でも盛り上がりに欠けるでしょう。規模もそれなりにあることから、初値の大幅な上昇は期待しづらいです。仮条件が想定価格を上回る水準になれば、申し込む予定です。

<直近IPOのパフォーマンス>
オプティマスグループ 公募1,800円 → 初値2,001円(+2.01万円)
ABホテル 公募1,500円 → 初値3,060円(+15.6万円)
要興業 公募750円 → 初値950円(+2万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 トレードワークス 2,200円 → 13,600円(+114万円
2位 ヴィスコ・テクノロジーズ 4,920円 → 15,000円(+100.8万円
3位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

フェイスネットワーク(3489) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のフェイスネットワークです。

フェイスネットワーク(3489)-東証マザーズ

フェイスネットワークの事業内容は、「投資用不動産の企画・開発・建築請負・販売および管理など」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,340円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,340円となります。売買単位が100株単位なので、13.4万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は138万株あります。100株単位の配分となるので、13,800本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「2月28日(水)~3月6日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(副幹事)
SBI証券
むさし証券
マネックス証券

☆フェイスネットワーク、直近の利益水準に対する想定価格はPER9.1倍と割安な水準にあり、純粋な投資対象として、まずまずの案件です。ただ、IPO的には規模がやや大きめで、需給的に初値が上がりにくくなっています。加えて、今の弱気相場では買い需要もそれほど期待できず、小幅な上昇にとどまると予想します。また、同日に日総工産(6569)が上場することもマイナスになるでしょう。

<直近IPOのパフォーマンス>
オプティマスグループ 公募1,800円 → 初値2,001円(+2.01万円)
ABホテル 公募1,500円 → 初値3,060円(+15.6万円)
要興業 公募750円 → 初値950円(+2万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 トレードワークス 2,200円 → 13,600円(+114万円
2位 ヴィスコ・テクノロジーズ 4,920円 → 15,000円(+100.8万円
3位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

Mマート[エムマート](4380) ~IPO当選への挑戦~(当選しました!)

※追記(2月15日)

SBI証券から当選!



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 みずほ証券が主幹事のMマート[エムマート]です。

Mマート[エムマート](4380)-東証マザーズ

Mマート[エムマート]の事業内容は、「BtoBに特化したインターネットマーケットプレイス事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,190円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,190円となります。売買単位が100株単位なので、11.9万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は67.55万株あります。100株単位の配分となるので、6,755本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「2月6日(火)~2月13日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(副幹事)
SMBC日興証券
マネックス証券
SBI証券
岡三オンライン証券

☆Mマート[エムマート]、卸売業はすでに成熟段階ですが、そこに新しいビジネスモデルを創り出すことで、新たな成長余地を生み出しました。業績も右肩上がりで、今後の成長性も十分に感じられます。また、大株主に対するロックアップが期間でしっかりかかっており、需給的にも初値が高騰しやすい環境が整っています。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
オプティマスグループ 公募1,800円 → 初値2,001円(+2.01万円)
ABホテル 公募1,500円 → 初値3,060円(+15.6万円)
要興業 公募750円 → 初値950円(+2万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 トレードワークス 2,200円 → 13,600円(+114万円
2位 ヴィスコ・テクノロジーズ 4,920円 → 15,000円(+100.8万円
3位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

日総工産(6569) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 みずほ証券が主幹事の日総工産です。

日総工産(6569)-東証

日総工産の事業内容は、「製造派遣・製造請負、一般事務派遣・BPO、施設介護・在宅介護」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は3,570円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は3,570円となります。売買単位が100株単位なので、35.7万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は313.95万株あります。100株単位の配分となるので、31,395本が当たりですね。当選確率は「やや当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「2月28日(水)~3月6日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
岩井コスモ証券
マネックス証券
SBI証券
岡三オンライン証券

☆日総工産、派遣・介護はテーマ的に盛り上がりに欠け、公開株数もかなり多くなっています。需給的にもあやしい状況で、2月初旬からの不安定な相場がこのあたりで持ち直せばいいですが、このまま停滞するようであれば、公募割れの可能性も小さくないでしょう。加えて、同日にフェイスネットワーク(3489)が上場することもマイナスになります。

<直近IPOのパフォーマンス>
オプティマスグループ 公募1,800円 → 初値2,001円(+2.01万円)
ABホテル 公募1,500円 → 初値3,060円(+15.6万円)
要興業 公募750円 → 初値950円(+2万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 トレードワークス 2,200円 → 13,600円(+114万円
2位 ヴィスコ・テクノロジーズ 4,920円 → 15,000円(+100.8万円
3位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

神戸天然物化学(6568) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券が主幹事の神戸天然物化学です。

神戸天然物化学(6568)-東証マザーズ

神戸天然物化学の事業内容は、「有機化合物の受託研究、受託製造・分離精製および技術開発」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,340円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,340円となります。売買単位が100株単位なので、23.4万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は260.82万株あります。100株単位の配分となるので、26,082本が当たりですね。当選確率は「やや当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「2月28日(水)~3月6日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券

☆神戸天然物化学、直近の業績推移(特に、利益部分)は右肩上がりで順調ですが、果たしてこの先もこのペースで成長していけるのかがポイントです。公開株数が多く、需給が緩んでおり、また実績値で「PER35.66倍、PBR2.42倍」と成長性の割には、やや強気な価格設定にも映ります。2月5日以降の波乱・下落相場に入った今の相場では、初値を押し上げるほどの買いを集めるのに苦労しそうです。上場日付近(3月15日)の地合いに弱さによっては、もしかしたら、公募割れまであるかもしれませんので、慎重派の方はギリギリまで様子を見たいところです。

<直近IPOのパフォーマンス>
オプティマスグループ 公募1,800円 → 初値2,001円(+2.01万円)
ABホテル 公募1,500円 → 初値3,060円(+15.6万円)
要興業 公募750円 → 初値950円(+2万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 トレードワークス 2,200円 → 13,600円(+114万円
2位 ヴィスコ・テクノロジーズ 4,920円 → 15,000円(+100.8万円
3位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など