タグ別アーカイブ: 当選

すららネット(3998) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 みずほ証券が主幹事のすららネットです。

すららネット(3998)-東証マザーズ

すららネットの事業内容は、「オンライン学習教材『すらら』サービスの提供」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,040円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,040円となります。売買単位が100株単位なので、20.4万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は25.87万株あります。100株単位の配分となるので、2,587本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「11月30日(木)~12月6日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(副幹事)
大和証券
SBI証券
岩井コスモ証券
マネックス証券

☆すららネット、緩やかながらも右肩上がりの成長をしており、潜在的な顧客マーケットも大きいことから、将来性は十分にあります。また、公開株数がかなり少なく、需給的に初値が上がりやすい環境が整っています。同日にジーニー(6562)ナレッジスイート(3999)歯愛メディカル(3540)が上場しますが、規模的に影響はほとんどないでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

HANATOUR JAPAN[ハナツアージャパン](6561) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 みずほ証券が主幹事のHANATOUR JAPAN[ハナツアージャパン]です。

HANATOUR JAPAN[ハナツアージャパン](6561)-東証マザーズ

HANATOUR JAPAN[ハナツアージャパン]の事業内容は、「訪日外国人向けツアーの地上手配を中心とする旅行事業、貸切バス・免税販売店・ホテルなど施設の運営事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,580円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,580円となります。売買単位が100株単位なので、25.8万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は293.25万株あります。100株単位の配分となるので、29,325本が当たりですね。当選確率は「やや当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「11月29日(水)~12月5日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(副幹事)
SBI証券
岩井コスモ証券

☆HANATOUR JAPAN[ハナツアージャパン]、訪日外国人をターゲットにした旅行事業という点で差別化ができており、業績の伸びもしっかりしていますので、純粋な投資対象としてもまずまずの案件です。大株主に対するロックアップも期間でしっかりかかっているため、規模の割には需給がしまっており、手堅く初値上昇が見込めます。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

エル・ティー・エス(6560) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 大和証券が主幹事のエル・ティー・エスです。

エル・ティー・エス(6560)-東証マザーズ

エル・ティー・エスの事業内容は、「RPA・AI・ビジネスプロセス可視化などを活用し、企業変革と働き方改革を推進するプロフェッショナルサービスの提供および企業のIT人材不足を解消するマッチングプラットフォーム『アサインナビ』の提供」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は630円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は630円となります。売買単位が100株単位なので、30万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は74.75万株あります。100株単位の配分となるので、7,475本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「11月29日(水)~12月5日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(主幹事)
SBI証券(副幹事)
SMBC日興証券
岩井コスモ証券
マネックス証券

☆エル・ティー・エス、AI(人工知能)という人気テーマを持っており、統計的に初値の上がりやすい条件も複数そろっているので、初値高騰の可能性が高いでしょう。同日にアルヒ(7198)、前日にも複数の案件が上場することから、買いの集まり具合が心配ですが、規模的にかなり小さいので、影響はさほどないでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

マツオカコーポレーション(3611) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のマツオカコーポレーションです。

マツオカコーポレーション(3611)-東証

マツオカコーポレーションの事業内容は、「アパレル品のOEM(請け負い)製造」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,420円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,420円となります。売買単位が100株単位なので、24.2万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は189.17万株あります。100株単位の配分となるので、18,917本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「11月27日(月)~12月1日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券
岩井コスモ証券
SMBC日興証券

☆マツオカコーポレーション、売上・利益ともに頭打ち気味で、将来性をあまり感じません。また、同日にSGホールディングス(9143)ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)グローバル・リンク・マネジメント(3486)が上場することになっており、買いが集まりにくくなっています。とりあえず当選を狙っていきますが、優先度は低いでしょう。

<直近IPOのパフォーマンス>
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ヴィスコ・テクノロジーズ(6698) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 みずほ証券が主幹事のヴィスコ・テクノロジーズです。

ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)-JASDAQスタンダード

ヴィスコ・テクノロジーズの事業内容は、「画像処理検査装置の製造・販売」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は4,820円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は4,820円となります。売買単位が100株単位なので、48.2万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は22.86万株あります。100株単位の配分となるので、2,286本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「11月27日(月)~12月1日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券
岩井コスモ証券

☆ヴィスコ・テクノロジーズ、直近の業績は右肩上がりの推移をしていますが、全体的にV字になっており、市場の好不況に合わせて業績が変動している可能性が考えられます。公開株数が少なく、供給は絞れているので、需給的に初値が上がりやすくなっており、今の相場であれば、それなりの上昇が期待できるでしょう。ただ、同日にSGホールディングス(9143)マツオカコーポレーション(3611)グローバル・リンク・マネジメント(3486)が上場することになっており、買いが集まりにくくなっています。

<直近IPOのパフォーマンス>
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

グローバル・リンク・マネジメント(3486) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券が主幹事のグローバル・リンク・マネジメントです。

グローバル・リンク・マネジメント(3486)-東証マザーズ

グローバル・リンク・マネジメントの事業内容は、「投資用マンションの企画・開発・販売、販売物件の管理など」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,320円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,320円となります。売買単位が100株単位なので、23.2万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は42.32万株あります。100株単位の配分となるので、4,232本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「11月28日(火)~12月4日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券
岩井コスモ証券
マネックス証券

☆グローバル・リンク・マネジメント、テーマ的に不動産販売は旬が過ぎた印象ですが、直近の業績の伸びが際立っており、今後の成長性を大いに感じさせてくれます。また、公開株数が少なく、大株主へのロックアップも期間でしっかりかかっており、供給もかなり絞れています。今の相場状況であれば、需給だけで初値高騰も十分に考えれらます。同日に、SGホールディングス(9143)ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)マツオカコーポレーション(3611)も上場しますが、人気的にこちらに注目が集まると思いますので、心配はないでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

カチタス(8919) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 大和証券が主幹事のカチタスです。

カチタス(8919)-東証

カチタスの事業内容は、「戸建の空き家を中心に買い取り、リフォームにより再生して販売する中古住宅再生事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,640円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,640円となります。売買単位が100株単位なので、16.4万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は1,509.79万株あります。100株単位の配分となるので、150,979本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「11月27日(月)~12月1日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)
岩井コスモ証券
SBI証券
マネックス証券

☆カチタス、住宅販売自体はテーマ的に盛り上がりに欠けますが、業績の伸びが素晴らしく、純粋な投資対象として多くの買いが集まりそうです。住宅業界でこれほどの右肩上がりを実現している上場会社はなかなか見当たりません。同日に、一家ダイニングプロジェクト(9266)が上場しますが、規模が小さいので影響はほとんどないでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

アルヒ(7198) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のアルヒです。

アルヒ(7198)-東証

アルヒの事業内容は、「フラット35を中心とする住宅ローンの貸し付けおよび回収をおこなうモーゲージバンク事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,340円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,340円となります。売買単位が100株単位なので、13.4万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は1,190.67万株あります。100株単位の配分となるので、119,067本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「11月28日(火)~12月4日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(副幹事)
大和証券
SBI証券

☆アルヒ、直近におけるネット関連の大型案件が好調な結果を出していることから、アルヒも同様の結果が期待できます(マネーフォワード(3994)の初値が、公募価格比+93.5%)。業績の伸びを見ても将来性が十分にありますので、純粋な投資対象として、機関投資家も参入してくるでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

アトリエはるか(6559) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 岡三証券が主幹事のアトリエはるかです。

アトリエはるか(6559)-名証セントレックス

アトリエはるかの事業内容は、「ヘアメイク・ネイルなどのサロン運営およびシステム開発」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,400円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,400円となります。売買単位が100株単位なので、14万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は5.86万株あります。100株単位の配分となるので、586本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「11月17日(金)~11月24日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(副幹事)
SBI証券
マネックス証券

☆アトリエはるか、サロン運営事業は飽和状態にあり、テーマ的には盛り上がりに欠ける内容です。ただ、公開株数が極端に少なく、加えて大株主に期間でロックアップがかかっているため、供給が絞りに絞れています。今の相場であれば、ある程度の買いは入ると思いますので、内容的にはそれほどでも、需給で高騰する可能性が高いでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

トレードワークス(3997) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 岡三証券が主幹事のトレードワークスです。

トレードワークス(3997)-JQスタンダード

トレードワークスの事業内容は、「証券システム開発事業、FX(外国為替証拠金取引)システム事業およびセキュリティ診断事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,000円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,000円となります。売買単位が100株単位なので、20万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は24.15万株あります。100株単位の配分となるので、2,415本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「11月9日(木)~11月15日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券
岩井コスモ証券

☆トレードワークス、日経平均の連騰が史上最長の16営業日を記録したこのタイミングでの上場ということで、注目度は高くなりそうです。業績の伸びも大きく、将来性も十分にあります。加えて、公開株数が少なく、ロックアップも期間でしっかりかかっているので、需給的にも初値が高騰しやすくなっています。これだけ条件がそろえば、初値高騰はほぼ間違いないです。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)
シルバーライフ 公募2,500円 → 初値4,630円(+21.3万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など