タグ別アーカイブ: 当選

ザイマックス・リート投資法人(3488) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券が主幹事のザイマックス・リート投資法人です。

ザイマックス・リート投資法人(3488)-東証REIT

ザイマックス・リート投資法人のポートフォリオ構成は、「ザイマックスグループが管理するオフィス・商業施設・ホテル」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は100,000円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は100,000円となります。売買単位が1口単位なので、10万円からIPO抽選に参加できます! また、公開口数は22.04万口あります。1口単位の配分となるので、220,400本が当たりですね。当選確率は「非常に当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「1月30日(火)~2月5日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)

☆ザイマックス・リート投資法人、これといって目新しいものがなく、従来のリート案件という印象です。この強気相場で株式のIPOは絶好調ですが、リート案件はふるわない状況が続いており、当案件もそこまで良い結果は期待できないでしょう。仮条件の水準が、想定価格を上回ってくるようであれば、当選をねらいたいです。

<直近IPO(REIT)のパフォーマンス>
カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人 公募100,000円 → 初値95,000円(-0.5万円)
三菱地所物流リート投資法人 公募260,000円 → 初値274,000円(+1.4万円)
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 公募93,000円 → 初値89,200円(-0.38万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 トレードワークス 2,200円 → 13,600円(+114万円
2位 ヴィスコ・テクノロジーズ 4,920円 → 15,000円(+100.8万円
3位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

世紀(6234) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事の世紀です。

世紀(6234)-東証マザーズ

世紀の事業内容は、「射出成型合理化機器『ランナーレスシステム』の製造販売」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は5,190円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は5,190円となります。売買単位が100株単位なので、51.9万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は52.37万株あります。100株単位の配分となるので、5,237本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「1月23日(火)~1月29日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(副幹事)
SBI証券

☆世紀、事業内容的にそれほど人気化するような案件ではないですが、今回は「年明け最初のIPO」、「相場が超強気」というプラスの外的要因が2つありますので、初値の大幅な上昇が期待できます。また、公開株数が52.37万株とそこまで多くなく、需給的にもまずまずの条件が整っています。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
オプティマスグループ 公募1,800円 → 初値2,001円(+2.01万円)
ABホテル 公募1,500円 → 初値3,060円(+15.6万円)
要興業 公募750円 → 初値950円(+2万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 トレードワークス 2,200円 → 13,600円(+114万円
2位 ヴィスコ・テクノロジーズ 4,920円 → 15,000円(+100.8万円
3位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

CREロジスティクスファンド投資法人(3487) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券が主幹事のCREロジスティクスファンド投資法人です。

CREロジスティクスファンド投資法人(3487)-東証REIT

CREロジスティクスファンド投資法人のポートフォリオ構成は、「テナントニーズに応える良質な物流関連施設」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は108,000円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は108,000円となります。売買単位が1口単位なので、10.8万円からIPO抽選に参加できます! また、公開口数は213,203口あります。1口単位の配分となるので、213,203本が当たりですね。当選確率は「非常に当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「1月24日(水)~1月29日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)
大和証券

☆CREロジスティクスファンド投資法人、直近のリートIPOは公募割れも多く、あまり申し込む気にはなれません。ただ、リートとは言え、年明け最初のIPOということもありますので、買い需要がそれなりに期待できます。とりあえず、仮条件が想定価格を上回るようであれば、当選をねらっていきたいです

<直近IPO(REIT)のパフォーマンス>
カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人 公募100,000円 → 初値95,000円(-0.5万円)
三菱地所物流リート投資法人 公募260,000円 → 初値274,000円(+1.4万円)
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 公募93,000円 → 初値89,200円(-0.38万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 トレードワークス 2,200円 → 13,600円(+114万円
2位 ヴィスコ・テクノロジーズ 4,920円 → 15,000円(+100.8万円
3位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

みらいワークス(6563) ~IPO当選への挑戦~(当選しました!)

※追記(12月11日)

SBI証券から当選!



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SBI証券が主幹事のみらいワークスです。

みらいワークス(6563)-東証マザーズ

みらいワークスの事業内容は、「コンサルタントのビジネスマッチングサービス『FreeConsultant.jp』の運営など」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,590円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,590円となります。売買単位が100株単位なので、15.9万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は23.96万株あります。100株単位の配分となるので、2,396本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「12月1日(金)~12月7日(木)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(主幹事)
松井証券
マネックス証券
岩井コスモ証券

みらいワークス、ウェイブサイトを通じてフリーランスのコンサルタントを紹介するというビジネスモデルで差別化を図っています。2015年9月期に赤字転換しましたが、全体的に売上・利益ともに右肩上がりで推移しており、将来性も十分にありそうです。公開株数が極めて少なく、需給的に初値が高騰しやすくなっていますので、積極的に当選をねらっていきましょう!

<直近IPOのパフォーマンス>
シー・エス・ランバー 公募1,480円 → 初値2,724円(+12.44万円)
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ナレッジスイート(3999) ~IPO当選への挑戦~(当選しました!)

※追記(12月11日)

マネックス証券から当選!



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 いちよし証券が主幹事のナレッジスイートです。

ナレッジスイート(3999)-東証マザーズ

ナレッジスイートの事業内容は、「クラウドコンピューティング形式で提供されるグループウェアを含むSFAやCRMなどの営業支援システム開発・販売」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,000円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,000円となります。売買単位が100株単位なので、20万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は33.92万株あります。100株単位の配分となるので、3,392本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「11月30日(木)~12月6日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(副幹事)
SBI証券
マネックス証券

☆ナレッジスイート、クラウド関連という人気テーマを持っているので、豊富な買い需要が見込めます。加えて、公開株数が少なく、供給もかなり絞れているので、需給的に初値が高騰しやすくなっています。同日にジーニー(6562)すららネット(3998)歯愛メディカル(3540)が上場しますが、規模的にほとんど影響はないでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

Geniee[ジーニー](6562) ~IPO当選への挑戦~(当選しました!)

※追記(12月8日)

SBI証券から当選!



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のGeniee[ジーニー]です。

Geniee[ジーニー](6562)-東証マザーズ

Geniee[ジーニー]の事業内容は、「インターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム『GenieeSSP』を主軸としたアドテクノロジー事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,220円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,220円となります。売買単位が100株単位なので、12.2万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は150.42万株あります。100株単位の配分となるので、15,042本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「11月30日(木)~12月6日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(主幹事)
大和証券
SMBC日興証券

☆Geniee[ジーニー]、ネット広告関連はIPOで人気化しやすい部類であり、初値高騰が期待できます。ただ、同日にナレッジスイート(3999)すららネット(3998)歯愛メディカル(3540)が上場することになっていて、その前にも複数案件が上場しており、買い資金が集中しにくくなっています。それでも、今の相場であれば初値高騰の可能性も十分にあると思います。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

イオレ(2334) ~IPO当選への挑戦~(当選しました!)

※追記(12月7日)

SBI証券から当選!



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SBI証券が主幹事のイオレです。

イオレ(2334)-東証マザーズ

イオレの事業内容は、「グループコミュニケーション支援サービス『らくらく連絡網』およびプライベートDMPサービス『pinpoint』を中心とするインターネットメディア関連事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,780円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,780円となります。売買単位が100株単位なので、17.8万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は29.32万株あります。100株単位の配分となるので、2,932本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「11月29日(水)~12月5日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
むさし証券

☆イオレ、DMPとは「Data Management Platform(データ・マネジメント・プラット フォーム)」の略語で、ネット上に蓄積した顧客データを管理するシステムです。人気化しそうな事業内容で、豊富な買い需要が期待できます。一方、公開株数は少なく、大株主に対するロックアップも期間でかかっているので、供給はかなり絞れています。需給的に初値高騰の可能性が非常に高いので、積極的に当選をねらっていきましょう!

<直近IPOのパフォーマンス>
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

SGホールディングス〔佐川急便〕(9143) ~IPO当選への挑戦~(当選しました!)

※追記(12月5日)

大和証券から当選!



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 大和証券が主幹事のSGホールディングス〔佐川急便〕です。

SGホールディングス〔佐川急便〕(9143)-東証

SGホールディングス〔佐川急便〕の事業内容は、「一般貨物自動車運送事業などをおこなうグループ会社の経営管理およびそれに関連する業務など」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,580円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,580円となります。売買単位が100株単位なので、15.8万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は5,514.28万株あります。100株単位の配分となるので、551,428本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「11月27日(月)~12月1日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(共同主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)

☆SGホールディングス〔佐川急便〕、2016年3月期は新たな事業展開により業績を伸ばしましたが、2017年3月期は前期を下回っており、成長性にやや不安があります。公開株はすべて売出で公募がなく、新たに資金を調達するわけでもないので、期待の買いも入りにくそうです。とりあえず、仮条件が想定価格を上回る水準になるかどうかに注目です。とりあえず当選を狙っていきます。

<直近IPOのパフォーマンス>
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

一家ダイニングプロジェクト(9266) ~IPO当選への挑戦~(当選しました!)

※追記(12月4日)

SBI証券から当選!



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券が主幹事の一家ダイニングプロジェクトです。

一家ダイニングプロジェクト(9266)-東証マザーズ

一家ダイニングプロジェクトの事業内容は、「居酒屋『屋台屋博多劇場』、『こだわりもん一家』などの運営、ブライダル事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,250円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,250円となります。売買単位が100株単位なので、22.5万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は28.98万株あります。100株単位の配分となるので、2,898本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「11月27日(月)~12月1日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券
マネックス証券

☆一家ダイニングプロジェクト、売上は伸びていますが、利益が頭打ち気味で将来性にやや不安を感じます。ただ、公開株が少なく、大株主に対するロックアップも期間でしっかりかかっており、供給がかなり絞れていますので、需給環境は文句なしです。今の相場なら、ある程度の買いは入ると思いますので、需給だけで初値高騰も十分にねらえます。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

オプティマスグループ(9268) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のオプティマスグループです。

オプティマスグループ(9268)-東証2部

オプティマスグループの事業内容は、「海外自動車ディーラー向け中古自動車輸出にかかわる自動車総合サービス事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,710円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,710円となります。売買単位が100株単位なので、17.1万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は185.28万株あります。100株単位の配分となるので、18,528本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「12月8日(金)~12月14日(木)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券
SBI証券

☆オプティマスグループ、東証2部上場で注目が集まりにくく、加えてビジネスモデルにも新規性がないので、人気化することはないでしょう。また、公開株数も多めで需給環境もよくありませんので、公募割れのリスクもそれなりにあります。

<直近IPOのパフォーマンス>
サインポスト 公募2,200円 → 初値8,530円(+63.3万円)
シー・エス・ランバー 公募1,480円 → 初値2,724円(+12.44万円)
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など