タグ別アーカイブ: 当選

Fringe81[フリンジハチイチ](6550) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のFringe81[フリンジハチイチ]です。

Fringe81[フリンジハチイチ](6550)-東証マザーズ

Fringe81[フリンジハチイチ]の事業内容は、「インターネット広告配信プラットフォーム(アドネットワーク)などのサービス開発から広告主のマーケティング支援サービスの提供、ならびにHRテック領域などにおけるウェブサービスの提供など」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,070円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,070円となります。売買単位が100株単位なので、20.7万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は29.91万株あります。100株単位の配分となるので、2,991本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「6月8日(木)~6月14日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券
マネックス証券
岩井コスモ証券

☆Fringe81[フリンジハチイチ]、2017年3月期は、第3四半期時点の業績を見る限り、黒字転換しそうですね。ネット広告ビジネスは、軌道にのれば利益が一気に拡大しますので、今後の展開に期待したいです。需給に関しては、公開株数が少なく、初値が上がりやすい環境が整っており、今の相場であれば初値高騰の可能性が高いです。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
アセンテック 公募2,000円 → 初値5,950円(+39.5万円)
旅工房 公募1,370円 → 初値3,750円(+23.8万円)
LIXILビバ 公募2,050円 → 初値1,947円(-1.03万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

エコモット(3987) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 岡三証券が主幹事のエコモットです。

エコモット(3987)-札証アンビシャス

エコモットの事業内容は、「IoTインテグレーション事業(IoTソリューションの企画および、これに関連する端末製造、通信インフラ、アプリケーション開発、ならびにクラウドサービスの運用・保守)」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,090円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,500円となります。売買単位が100株単位なので、25万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は18.6万株あります。100株単位の配分となるので、1,860本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「6月2日(金)~6月8日(木)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(副幹事)
SBI証券
松井証券

☆エコモット、業績推移はいまいちですが、「IoT」と「クラウド」という大人気テーマを持っており、かなりの需要が見込めます。また、公開株数も少なく供給もかなり絞れていますので、需給で天井知らずの上げを記録するかもしれません。前回の札証アンビシャス上場案件「フュージョン」が+151.9%の大幅高を記録しているのも、初値高騰の後押しをしてくれそうです。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
アセンテック 公募2,000円 → 初値5,950円(+39.5万円)
旅工房 公募1,370円 → 初値3,750円(+23.8万円)
LIXILビバ 公募2,050円 → 初値1,947円(-1.03万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ディーエムソリューションズ(6549) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SBI証券が主幹事のディーエムソリューションズです。

ディーエムソリューションズ(6549)-JQスタンダード

ディーエムソリューションズの事業内容は、「ダイレクトメール及び宅配便の発送をワンストップでおこなう発送代行事業、コンテンツマーケティングやSEOコンサルティングサービス及び自社メディアサイトの運営などによるインターネット広告事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,170円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,170円となります。売買単位が100株単位なので、21.7万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は22.6万株あります。100株単位の配分となるので、2,260本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「6月1日(木)~6月7日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(主幹事)
岩井コスモ証券

☆ディーエムソリューションズ、人気化しやすいネット系ですが、利益の推移が少し不安定なところが気になります。ただ、公開株数が少なく、大株主に対するロックアップも期間でしっかりかかっているため、供給がかなりしぼれており、今の資金あまり相場であれば、需給だけで初値の高騰が期待できます。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
アセンテック 公募2,000円 → 初値5,950円(+39.5万円)
旅工房 公募1,370円 → 初値3,750円(+23.8万円)
LIXILビバ 公募2,050円 → 初値1,947円(-1.03万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ビーブレイクシステムズ(3986) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。SBI証券が主幹事のビーブレイクシステムズです。

ビーブレイクシステムズ(3986)-東証マザーズ

ビーブレイクシステムズの事業内容は、「主にクラウドERP(MA-EYES)の開発および販売をおこなうパッケージ事業と、顧客が構築するシステムの受託開発やIT人材の派遣をおこなうシステムインテグレーション事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,380円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,380円となります。売買単位が100株単位なので、13.8万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は34.32万株あります。100株単位の配分となるので、3,432本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「5月29日(月)~6月2日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)
岩井コスモ証券

☆ビーブレイクシステムズ、公開株数が34万株と少なく、大株主に対するロックアップも期間でかかっており、供給はかなり絞れています。また、前回のIPOから2ヶ月近い間隔が空きましたので、個人の余力が十分すぎるほどあり、需要もかなり高まっています。このような需給環境の土台があり、さらに人気化しやすいテーマを持っているということもあって、初値が高騰する確率は極めて高いです。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
アセンテック 公募2,000円 → 初値5,950円(+39.5万円)
旅工房 公募1,370円 → 初値3,750円(+23.8万円)
LIXILビバ 公募2,050円 → 初値1,947円(-1.03万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

LIXILビバ[リクシルビバ](3564) ~IPO当選への挑戦~

※追記(4月4日)

SMBC日興証券から当選!

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券・SMBC日興証券が共同主幹事のLIXILビバ[リクシルビバ]です。

LIXILビバ(3564)-東証

LIXILビバの事業内容は、「家庭日用品、インテリア用品、住宅設備機器などの総合小売業および住宅リフォームなどの事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,120円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,120円となります。売買単位が100株単位なので、21.2万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は2,191万株あります。100株単位の配分となるので、175,280本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「3月28日(火)~3月31日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)
大和証券
SBI証券

☆LIXILビバ、LIXILグループ傘下ということもあり、知名度・事業基盤ともにそなわっています。公開株数はかなり多いですが、安心感から多くの買いが入る展開が予想され、初値は公募価格をやや上回る感じでつくのではないでしょうか。とりあえず当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
ロコンド 公募1,850円 → 初値2,625円(+7.75万円)
ユナイテッド&コレクティブ 公募1,620円 → 初値4,500円(+28.8万円)
フュージョン 公募1,140円 → 初値2,872円(+17.32万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

アセンテック(3565) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SBI証券が主幹事のアセンテックです。

アセンテック(3565)-東証マザーズ

アセンテックの事業内容は、「仮想デスクトップに関連する製品開発、販売およびコンサルティングサービスの提供」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,720円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,720円となります。売買単位が100株単位なので、17.2万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は45.1万株あります。100株単位の配分となるので、4,510本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「4月7日(金)~4月13日(木)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(主幹事)
岩井コスモ証券

☆アセンテック、仮想デスクトップは、デスクトップ環境をサーバ側におき、ネットを介してユーザーの端末ディスプレイにイメージを配信して利用するサービスです。これにより、端末にデータを保存せずに済むので紛失時のリスクがなくなります。また、セキュリティをアセンテックが管理するので、ウイルスに対するセキュリティも向上します。「ネットセキュリティ」は、とくに人気化しやすいテーマなので初値高騰の期待が高まります。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
グリーンズ 公募1,400円 → 初値1,521円(+1.21万円)
マクロミル 公募1,950円 → 初値1,867円(-0.83万円)
フルテック 公募600円 → 初値1,230円(+6.3万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

スシローグローバルホールディングス(3563) ~IPO当選への挑戦~

※追記(3月22日)

大和証券から当選!

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券大和証券が主幹事のスシローグローバルホールディングスです。

スシローグローバルホールディングス(3563)-東証

スシローグローバルホールディングスの事業内容は、「『スシロー』ブランドでの回転すし全国チェーン展開」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は3,900円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は3,900円となります。売買単位が100株単位なので、39万円からIPO抽選に参加できます! また、国内の公開株数は1,341.11万株あります。100株単位の配分となるので、134,111本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「3月14日(火)~3月17日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)
大和証券(主幹事)
岩井コスモ証券
マネックス証券
SBI証券
松井証券
東海東京証券
カブドットコム証券

☆スシローグローバルホールディングス、やはり大株主の外資系ファンドの利益確定イベントとなりました。想定価格にも割安感がないので、さすがにこの規模の初値を押し上げるだけの買いは入らないように思います。

※スシローは2003年に東証2部に上場しましたが、2008年に外資系ファンドに買収(TOB)される形で上場廃止となりました。その後も、また別の外資系ファンドに買収されています。

<直近IPOのパフォーマンス>
ユナイテッド&コレクティブ 公募1,620円 → 初値4,500円(+28.8万円)
フュージョン 公募1,140円 → 初値2,872円(+17.32万円)
レノバ 公募750円 → 初値1,125円(+3.75万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

旅工房(6548) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 大和証券が主幹事の旅工房です。

旅工房(6548)-東証マザーズ

旅工房の事業内容は、「オンラインでの国内および海外向けのパッケージ旅行の企画・販売や、航空券の販売、宿泊手配、オプショナルツアーの手配など」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,180円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,180円となります。売買単位が100株単位なので、11.8万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は64.4万株あります。100株単位の配分となるので、6,440本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「4月3日(月)~4月7日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)
SBI証券

☆旅工房、公開株数が少なく、大株主にも期間でロックアップがかかっているので、需給環境はかなり良いです。また、事業もネット関連で直近の業績もしっかり伸びています。加えて、初値が上がりやすい「大和証券が主幹事」ということなので、初値の高騰が期待できます。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
ビーグリー 公募1,880円 → 初値1,881円(+0.01万円)
ジャパンエレベーターサービスホールディングス 公募550円 → 初値890円(+3.4万円)
ほぼ日 公募2,350円 → 初値5,360円(+30.1万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ネットマーケティング(6175) ~IPO当選への挑戦~

※追記(3月21日)

SBI証券から当選!

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SBI証券が主幹事のネットマーケティングです。

ネットマーケティング(6175)-JASDAQスタンダード

ネットマーケティングの事業内容は、「広告主企業に対し、アフィリエイト広告を用いたマーケティング活動の戦略立案、運用支援をおこなう広告事業、恋愛マッチングサービス『Omiai』他の運営をおこなうメディア事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,010円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,010円となります。売買単位が100株単位なので、10.1万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は110.4万株あります。100株単位の配分となるので、11,040本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「3月13日(月)~3月17日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)
岩井コスモ証券

☆ネットマーケティング、少し重ための案件で、直近の業績がやや頭打ち気味ですが、ネット広告系で初値の上がりやすい条件がそろっていますので、ふつうに初値の大幅上昇が期待できます。大株主にベンチャーファンドが複数いて、公募価格比1.5倍でロックアップが解除されるので、そこからはこのあたりがどう動いてくるかで上値が決まりそうです。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
ユナイテッド&コレクティブ 公募1,620円 → 初値4,500円(+28.8万円)
フュージョン 公募1,140円 → 初値2,872円(+17.32万円)
レノバ 公募750円 → 初値1,125円(+3.75万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

No.1(3562) ~IPO当選への挑戦~

※追記(3月17日)

SBI証券から当選!

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SBI証券が主幹事のNo.1です。

No.1(3562)-JASDAQスタンダード

No.1の事業内容は、「OA機器および情報セキュリティ関連機器の販売および保守サービス業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,470円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,470円となります。売買単位が100株単位なので、14.7万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は50.6万株あります。100株単位の配分となるので、5,060本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「3月9日(木)~3月15日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)
岩井コスモ証券

☆No.1、情報セキュリティ関連ということで人気化しやすくなっていますが、ざっと見たところ、少し古い形式の印象を受けたので、そこまでの爆発力はないように思います。ただ、大株主へのロックアップがしっかりかかっており、需給面でも初値が上がりやすくなっていますので、それでも初値の大幅な上昇が期待できます。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
ユナイテッド&コレクティブ 公募1,620円 → 初値4,500円(+28.8万円)
フュージョン 公募1,140円 → 初値2,872円(+17.32万円)
レノバ 公募750円 → 初値1,125円(+3.75万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など