kishii のすべての投稿

カゴメの株主総会に行ってきました!

こんにちは。『楽しい株主優待&配当』副担当のニシオです。
3月28日にカゴメ(2811)の株主総会に出席してきました。

 

カゴメの「株主優待情報」はこちら(楽しい株主優待&配当)

 

会場は金山駅から地下鉄で一駅の「名古屋国際会議場 センチュリーホール」です。会場に入ると看板が。

株主総会の案内看板

 

開始1時間前にもかかわらず、多くの人でにぎわっていました。

会場内

 

受付を済ますと、カゴメの野菜生活が1本もらえます。

野菜生活

 

開始40分前にセンチュリーホールに入りましたが、
すでに第一会場の1階席の前方は7~8割がた埋まっていました(汗

 

来ている年齢層は幅広い印象を受けましたが、60代以上の方が多かったです。
春休みだからかお孫さんを連れてきている方もいて、
カゴメの株主総会が家族みんなで楽しめるイベントになりつつあるんだなと実感しました。

 

3,000人収容可能ですが、この調子だと会場に入れない人も出てきそうです。
うわさに聞いていた通り、相当人気があるということですね。

 

10時に寺田社長の挨拶で株主総会がスタートし、

①各種報告

②決議事項の概要説明

③質疑応答

④決議

このような流れで進みました。

会場の様子

 

事業報告などは決算説明会資料としてアップされると思うので割愛して、質疑応答のみ載せますね。

質疑応答は挙手制で進められました。10人の株主による、合計17件の質問がありました。
全部載せると量が多いので、投資判断に役立ちそうな質問に厳選して載せます。

 

Q.1 全社員に占める女性の割合を50%以上にするメリットは?
A.1 顧客も株主も女性が多く、女性目線で製品開発やプロモーションをする必要がある。また、日本国内の男女比は5:5に近い。このような観点から、女性を50%以上採用することで、女性により受け入れてもらいやすい製品開発ができる。

 

Q.2 中間配当を作ってほしい。
A.2 配当よりも株主優待の充実を求める声が多い。年2回の株主優待の商品拡充を最優先で進めたいので、中間配当の追加はもう少し待ってほしい。

 

Q.3 アサヒグループホールディングスとは株式持ち合いを解消したのか?
A.3 株式持ち合いを解消したわけではなく、カゴメはアサヒ株を持っている。アサヒがカゴメ株を手放したのは、海外でM&Aをするための資金が必要だったため。しかし、同社としてもアサヒ株を持つメリットはないので、これを機に売却して自社の成長のための投資資金にしたい。なお業務提携は継続している。

 

Q.4 アフリカに農場を出すとのことだが、現地工場の安全性は大丈夫か? そもそも今日の株主総会で自社製品の安全性について言及していないが、食品メーカーとしてこれはまずいのではないか?
A.4 海外の農場でも安全性の確保に努めている。また現地には国内と異なる法律などがあるため、それに十分適うように配慮してもいる。安全性について説明していないのは申し訳なかった。

 

Q.5 トクホは取らないの?
A.5 野菜ジュースなどでトクホを取るためには、ある特定の物質を含ませなければならない。カゴメが実現したい計画を達成するには範囲が狭すぎるため、トクホではなく機能性食品の表示にした。

 

Q.6 カゴメには相談役や顧問はいるのか?
A.6 代表取締役経験者は退任後3年間相談役として会社に名前が残る。基本的にカゴメに出勤はしてこないが、その知見を生かし食品業界団体の理事などとして活躍中。取締役時代の待遇は受けられない。

 

Q.7 訪日外国人向けのレシピは提供しないのか? ハラール認証(イスラーム法に合法なしるし)は?
A.7 訪日外国人向けの施策として、ホテルの朝食バイキングにトマトメニューを提案したり、野菜ジュースを提供したりしている。また、場所の制約があるので厳しいが、外国人向けPOPをスーパーなどに設置できるように検討していく方針。ハラール認証は今後取得予定。

 

そのほかにも、新聞に載っているカゴメ商品を使ったレシピを絶賛する声や、食育に関心の高い株主から料理教室の開催を問う質問などが出ており、
全体的に「食」や「健康」への意識を高く持っている株主が多いと感じました。

 

質疑応答は全部でおよそ1時間ほどでした。質問締め切り後、11時35分ごろから議案決議に入り、全可決で終了しました。
議案の賛否は議決権に記入して提出して終わりとなる会社がほとんどだと思いますが、
カゴメの場合は当日配布された株主証に再度議案の賛否を書くところがありました。

 

株主が多いだけに、議案の審議にはより慎重にならざるをえない、ということでしょうか。
株主にとっては少し手間になりますが、株主総会中にもう一度賛否を検討できるのはありがたいですよね。

 

会場を出ると、株主証と引き換えにお土産がもらえます。

お土産

 

真ん中の野菜生活は受付時にもらえたものですが、お土産ということで一緒に写真を撮ってしまいました・・・。

 

引き換えでもらえたものは、
トマトケチャップ
野菜生活 季節限定 瀬戸内柑橘ミックス
濃厚あらごしトマト
の3点です。
カゴメを代表する商品ですね。
特に「野菜生活 季節限定 瀬戸内柑橘ミックス」は、さっぱりした風味が特徴の野菜ジュースです。
一口飲めば瀬戸内の温暖でおだやかな気候を感じることができますよ。
この味が気に入ってしまったので、毎朝コンビニで買って飲んでいます。

 

会場内には、商品の展示ブースやカゴメの歴史を振り返るコーナー、トマトジュースの試飲コーナーが設けられていました。
特にトマトジュースの試飲コーナーは大人気で、私が会場を出たころには完売となっていました・・・。
トマトジュースを飲みたい方は、株主総会が終わったらすぐに向かったほうがよさそうです。

商品の展示コーナー

 

会場の様子

 

トマトの会社から野菜の会社へと変わろうとしているカゴメ。健康志向の高まりによって、まだまだ人気が出そうな気がします。今後も株主優待の拡充や配当金の増配に期待しつつ保有していきたいと思います。

カゴメの「株主優待情報」はこちら(楽しい株主優待&配当)

 

 

☆保有銘柄が増えてくると、各企業の情報を集めるのも一苦労です。「大和IRモニタークラブ(無料)」に銘柄を登録しておくと、IR情報が出たら自動でお知らせしてくれます。わざわざ自分で情報を取りにいく手間が省けるので、とても重宝します。もちろん、保有銘柄以外の気になる企業を探すのにも役立つので、おすすめです♪

ブロンコビリーの株主総会に行ってきました!

こんにちは。『楽しい株主優待&配当』副担当のニシオです。
3月16日にブロンコビリー(3091)の株主総会に出席してきました。

 

ブロンコビリーの「株主優待情報」はこちら(楽しい株主優待&配当)

 

会場は千種駅近くのホテル「メルパルクNAGOYA」。ホテルの入り口には看板が掲げられていました。

株主総会の案内看板

 

入ってすぐの階段を上がると、すぐに会場が現れます。

会場入口

 

会場にはびっしりと椅子が並べられており、
後ろのほうだと壇上が見づらかったので、前から2列目のど真ん中に席を取りました。

 

メルパルクNAGOYAは収容人数が1,000名となっています。
ざっと見渡したところ、7~8割くらいの出席率でした。

 

10時に竹市社長の挨拶で株主総会がスタートし、

①監査報告

②事業報告の概要説明

③計算書類の概要説明

④決議事項の概要説明

⑤質疑応答

⑥決議

このような流れで進みました。

参加証

 

事業報告などは決算説明会資料としてアップされると思うので割愛して、質疑応答のみ載せますね。

質疑応答は挙手制で進められました。8人の株主による、合計11件の質問がありました。
どの質問も今後の投資判断に役立ちそうなので、簡単にまとめておきます。

 

Q.1 現在の出店スピードで「2020年に200店舗」を達成するのは厳しいのではないか。無理に出店しようとすると、収益性が悪化することが考えられる。そのあたりのバランスはどのように考えているか?
A.1 「2020年に200店舗」は、「ブロンコビリーの頑張りをアピールする」という目的もあるため、多少高めの目標設定となっている。この目標を掲げてから、出店候補地が多く見つかるようになった。これは、企業全体としてこの目標達成に向けて一丸となって取り組めている証拠でもある。

掲げた目標は必ず達成したいと考えているが、収益性も大事。現在のお店に来てくれているお客様の満足度を高めるために、出店スピードを上げて既存店がおろそかにならないように気をつける。「200店舗は通過点」なので、無理せず頑張っていきたい。

 

Q.2 飲食業界において、食品偽装が問題となっているが、ブロンコビリーは偽装していないか?
A.2 食材は社員が現地まで足を運んで確認しており、「ご馳走レストラン」をコンセプトに掲げている以上、偽装するつもりはない。

また自社工場を設けているため、中間業者による偽装が発生しにくいメリットがある。
ただし、現地の農家が偽装する可能性はあるため、定期的に契約農家を訪問し、信頼を築きながら確認している。

 

Q.3 春日井市民病院前店に行ったとき、喫煙席でもタバコを吸っていない人が多かった。飲食店における分煙の実践は大切なことだが、タバコを吸う人が少ないのならば、分煙する必要はないのではないか? 全席禁煙にしてもらえば、並ぶ人も少なくなるし、タバコの匂いも気にならないので、客にとってもメリットがあるだが。
A.3 現在、ほぼ全ての店舗で分煙レイアウトとなっている。店舗の利用状況調査において、土日のピークタイムは喫煙者が少ないのに対し、平日ランチタイムなどは喫煙者が多い傾向だと判明した。そのため、土日と平日で禁煙と喫煙を分けることが、お客さんに満足してもらうために大切だと考えている。現在、土日は全席禁煙、平日は喫煙席を設けるかたちで対応しており、喫煙者にも満足していただいている。

タバコの匂いは、店内に滞留しないように構造を変えている。以前と比べてタバコの匂いは店内に残らないようになっている。

 

Q.4 召集ご通知p22の「投資有価証券償還損」が305万円計上されているが、この内容は何か?
A.4 創業時から保有していた投資信託が満期となり償還した際に生じた損失。購入時より値段が下がったために損失計上しているが、創業時より毎年配当金を数百万円ほど受け取っており、トータルで考えると投資信託による利益が発生している。

 

Q.5 配当11円はうれしいが、株価3,000円のときに購入した株主は含み損を抱えているので、60円くらい出して欲しい。
A.5 現在、株主還元の充実に向け、配当金を徐々に増やしていけるように計画している。

 

Q.6 岐阜県内にある店舗を、ランチタイムに食べ歩きしてきた。「家庭では味わえない美味しい料理」「気持ち良いサービス」「ご馳走レストラン」という崇高な目標を掲げているが、トマトが潰れていたり、グレープフルーツがぐちゃぐちゃで生ゴミ同然だったり、ステーキの鉄板温度が低すぎたりと、美味しさや食の安全に問題がある気がする。店舗の料理のクオリティーを上げるとともに、衛生面の管理も是正してほしい。
A.6 去年から調理指導部を設置して、指導にあたっているところで、それぞれの店舗を社員が回ってチェックすることも視野に入れている。料理と衛生面に問題があった岐阜県内の店舗に関して、直ちに確認をするつもり。

 

Q.7 サラダバーの和風ドレッシングがお気に入りなので、販売してほしい。
A.7 サラダバーのドレッシングは、すべて自社工場で製造しているために保存料を使っていない。そのため、販売用に作ると保存料を入れなければならないため、味が変わる可能性が高い。この点に関しての問題がクリアできれば、ぜひ販売に踏み切りたい。

 

Q.8 ランチとディナーの混み具合の差が激しい。ディナーはランチと比べて割安感がないと思われるので、値段のテコ入れが必要ではないか?
A.8 ランチが混雑しているのは、ピークタイムが集中しているからである。ディナーは来客の時間が分散しているため、混んでいないように見える。しかし、数値で見るとランチ55%・ディナー45%で、ディナーの来客の少なさが目立つことは事実。ディナーに割安感を出すことも含め、検討していきたい。

 

Q.9 食事の匂いが服に付く。良い服を着てステーキを食べに来る女性も多いので、対策してほしい。
A.9 オープンキッチンを売りにしている以上、匂いが店内に広がるのは仕方がないこと。ただし、換気扇のフィルターを改善しているため、匂いの滞留が以前よりも起きにくくしている。新規出店する際は、建物の構造を変えることも含めて対処していきたい。

 

Q.10 将来、店舗数を200や300店舗にすると目標を掲げているが、海外への出店やフランチャイズ化も視野に入れての数字なのか?
A.10 海外出店やフランチャイズ化も考えたことはあるが、現在は品質を高めることが最優先であるため、国内での直営店のみで展開予定である。

 

Q.11 ごはんも食べ放題にしてほしい。
A.11 食べ放題にすると、原価を下げるか価格を上げなければならない。原価を下げると「ご馳走レストラン」を達成できなくなるし、価格を上げるとお客さんを集められなくなる。そのため、食べ放題はサラダのみにし、ごはんはサイズの選択式としている。

 

「良い会社だという前提で話をしますが~」と前置きして発言する方がいて、ブロンコビリー愛の強い株主さんが多いんだなという印象を受けました。

 

また、岐阜県の店舗とそれ以外の店舗で、お客さんの満足度に差があるということが鮮明に表れていたので、
ぜひ品質を一定に保てるように対策してほしいですね。

 

質疑応答は全部でおよそ40分ほどだったと思います。質問締め切り後、11時20分ごろから議案決議に入り、全可決で終了しました。その後閉会した…と思いきや、前社長さんの挨拶があり、新社長である息子さんに経営を引き継ぐこと、新たな経営陣ならどんな荒波も超えていけると信頼していること、支えてくれた株主への感謝などを述べました。前社長のご婦人は現在も取締役に就いていて、挨拶の途中で涙する場面も・・・。

 

会社の歴史に残る「大きな節目」に立ち会うことができてうれしかったですし、ご婦人の涙の裏に「夫婦で立ち上げたステーキハウスが全国に広がるまでの物語」があることを実感しました。
こういった場面を見ることができるのも、株主総会の醍醐味ですよね。

お土産の食事券

 

今回初めてブロンコビリーの株主総会に参加したのですが、会場は駅から近いのでとても便利でした。
地元名古屋の企業ですし、子供のころからよくステーキを食べに行っていたので、愛着を持って保有し続けられる会社だなと思います。
お土産に1,000円分の食事券ももらえたので、美味しい「ぶどう牛」を食べに行ってきます。

 

今期の決算は過去最高益だったブロンコビリー。今後も株主優待の拡充や配当金の増配に期待しつつ保有して行きたいと思います。

ブロンコビリーの株主優待を詳しく見る(楽しい株主優待&配当)

 

 

☆保有銘柄が増えてくると、各企業の情報を集めるのも一苦労です。「大和IRモニタークラブ(無料)」に銘柄を登録しておくと、IR情報が出たら自動でお知らせしてくれます。わざわざ自分で情報を取りにいく手間が省けるので、とても重宝します。もちろん、保有銘柄以外の気になる企業を探すのにも役立つので、おすすめです♪

2月の株主優待を紹介します♪

皆さん、こんにちは!
『楽しい株主優待&配当』副担当のハナモトです。

楽しい株主優待&配当”のサイトで2月にもらえる株主優待をまとめました。ブログでは、その中でも魅力たっぷりな優待をご紹介します♪

red02.gif2月の人気優待

イオン(8267)
オーナーズカード(キャッシュバック3%~)(×年2回)
吉野家(9861)
食事券(3,000円分~)(×年2回)
コメダホールディングス(3543)
コメダで利用できる電子マネー(1,200円分~)など(×年2回)

続きを読む

日清食品HD、トーメンデバイスから優待が届きました!

こんにちは。『楽しい株主優待&配当』副担当のハナモトです。
チキンラーメンなどで有名な総合食品メーカーの日清食品ホールディングス(2897)、半導体や電子部品の販売をおこなうトーメンデバイス(2737)から株主優待が届いたので紹介します。

red.gif日清食品ホールディングス(2897)

日清食品ホールディングス 株主優待チキンラーメンなどで有名な総合食品メーカーの日清食品ホールディングスから、1,500円相当の自社製品が届きました!

日清食品ホールディングスの株主優待は、100株保有で1,500円相当の自社製品が年2回もらえます。おなじみのチキンラーメンやカップヌードルに加え、新商品も入っているのでお得感満載です。

2016年9月の株主優待は下記となっています。

  1. カップヌードル
  2. カップヌードル ミルクシーフードヌードル
  3. どん兵衛 かき揚げ天ぷらうどん
  4. チキンラーメン
  5. 焼きそばU.F.O. 上海オイスター焼きそば
  6. 麺職人 しお
  7. ラ王 味噌
  8. 一平ちゃん 夜店の焼きそば
  9. ごろっとグラノーラ 充実大豆200g
  10. 80gぼんち揚

今回は、新発売のカップヌードル ミルクシーフードヌードルが目玉商品となっています。新商品をお試しできるいいチャンスですね。保有株数に応じて、もらえる商品の数が増えます。

株主優待は年2回、3月末と9月末が権利確定日です。

 

red.gifトーメンデバイス(2737)

トーメンデバイス 株主優待

 

半導体や電子部品の販売をおこなうトーメンデバイスから、健康オイルセット(5本入り)が届きました!

トーメンデバイスの株主優待は、100株保有で健康オイルセット(5本入り)がもらえます。

料理に欠かせない食用油のセットは、実用的なのでとてもありがたいです。100株だと健康オイルセットですが、株数に応じてコシヒカリやワインなどももらえます。詳しくは『楽しい株主優待&配当』の「トーメンデバイスの株主優待」にてご説明しています。ぜひご覧ください。

株主優待は年1回、9月末が権利確定日です。

 

アルペンから優待が届きました!

皆様こんにちは。『楽しい株主優待&配当』副担当ハナモトです。スポーツ用品店を全国展開するアルペン(3028)から株主優待が届いたので紹介します。

red.gifアルペン(3028)

アルペン 株主優待

優待券が利用可能な店舗、施設は以下の通りです。

  • 1.アルペン、ゴルフ5、スポーツデポ、ミフトの全店舗
  • 2.フィットネスクラブ(アルペンフィットネスクラブ、アルペンクイックフィットネス)の全店舗
  • 3.ウイングヒルズ白鳥リゾート
  • 4.みずなみカントリー倶楽部等のゴルフ場6箇所
  • 5.ゴルフ5大曲ゴルフセンター

詳細はアルペン公式サイトでご確認下さい。

 

アルペン、ゴルフ5、スポーツデポは全国に店舗があり、その数も多いので使いやすい優待券だと思います。
ゴルフをされる方は、ゴルフ5で使うもよし、利用可能なゴルフ場で使うもよしと、さらに選択肢が広がります。

これからの季節はウィンタースポーツの時期ですね。
スキーやスノーボードを楽しまれる方は、メンテナンス用品を買うのに優待券を使ってもよいと思います。

 

100株保有では1回あたりもらえる優待券は2,000円相当ですが、500株以上では5,000円相当、1,000株以上では7,500円相当と増えていきます。
アルペン等をよく利用される方は、多めに株を持っておくメリットが大きいと思います。

 

株主優待は年2回、6月末日、12月末日が権利確定日となっています。

名証IRエキスポ2016に行ってきました!

皆さんこんにちは、
『楽しい株主優待&配当』副担当のキシイです。

2016年7月15日(金)、16日(土)の2日間で開催された、名証IR エキスポ 2016に行ってきました!

まだ梅雨は明けきってはいませんでしたが、晴天でとても暑い日となりました。しかし、その暑かった気温に負けず劣らず、エキスポ会場も大変な盛り上がりと熱気に包まれていましたよ。

名証IRエキスポ2016

例年と同じく「名証IR エキスポ」は、投資家が上場企業の社員の方々と
直接話してコミュニケーションがとれる日本最大級のIRイベントとなっています。

また、経済に詳しい著名人によるトークイベントも開催されました。
登壇されたのは下記のような方々です。

  • 作家:竹田恒泰 さん
  • 評論家:森永卓郎 さん
  • 投資家:桐谷広人 さん

私は竹田さんしか見ることができませんでしたが、席は満員で立ち見の見学客もいらっしゃいました。

名証IRエキスポ2016 入り口の風景

企業ブースに目を向けてみると、ブースの数は前回の89ブースを上回る91ブースが連なりました。証券会社関連のブース数も26 → 29ブースへと拡大されています。

そんな中で参加した今回のIR エキスポ。
私が伺った企業を中心に、どんな雰囲気のイベントだったのかをお伝えしたいと思います。

 

red.gif株式会社 ブラス

株式会社ブラスのブース

まず初めにお話を聞いたのが「株式会社 ブラス」。
直営店型のハウスウエディング事業を柱とし、現在17の式場を運営されています。

担当者いわく「ゲストハウスならではのオーダーメイド挙式が強み」とのこと。その上「1日2組限定の完全貸切」を実現し、他の客と鉢合わせをしないことも売りだそうです。

そういった点から「値段はちょっと高めだけど、その分満足度が高い」とお客様からも高評価をいただけているのだそう。

近年、若者の結婚式離れが話題となっていますが、そんな状況でも明確な強みのあるブラスさんの収益は右肩上がりとなっており、今後も期待を寄せることのできる企業さんだなと感じました。

優待は今のところ行っていないそうですが、今後が楽しみですね。

 

red.gif井村屋グループ

井村屋グループのブース

次にお邪魔したのが、あずきバーで有名な「井村屋グループ」のブースです。

私自身、あずきバーが大好きなので興味津々でお話を伺いました。なんでも今は海外の売上比率が段々と上がってきているのだそうです。

井村屋さんといえば小豆を扱っているイメージですが、やはり海外での小豆の知名度はまだまだのようで、その代わりに売れているのが、和風デザートの「mochi(商品名)」や「カステラ」とのこと。

小豆の文化はもう少し時間はいるが、徐々に広めていきたい」とのことなので、あずきバー好きの私としてはぜひ応援したいです。

中期経営計画も今のところ順調だそうで、堅実に経営を拡大されているんだなぁというイメージを持ちました。

 

red.gif日華化学株式会社

日華化学株式会社のブース

界面活性剤メーカー大手の「日華化学株式会社」のブースにもお伺いしました。

界面活性剤の関連製品メーカーとしての顔が前面に出ていますが、「繊維」や「薬品」「化粧品」などの事業も行っておられます。

裏方での活躍が多く、(例えば、美容院などで売られている化粧品など)あまりメーカー名の認知度につながってはいないそうですが、堅実な売上を上げていらっしゃいます。

近年は海外での売上比率が高くなってきており、今後も海外(例えばブラジルやインド等)へ注力をされるそうです。

海外・国内での既存事業拡大だけではなく、随時新規事業を考えられているそうで、今後も着実に業績を伸ばされるのではないでしょうか。

 

red.gif株式会社未来工業

未来工業株式会社のブース

特徴ある社風から「究極のホワイト企業」とも呼ばれ、近年は、TVでも取り上げられることが多くなってきた「株式会社未来工業」のブースです。

主力製品はコンセントの裏側に備え付けられている「スイッチボックス」です。この製品に関しては、競合が注力をしていないとのことで、長い間トップシェアを譲っていないのだそうです。

その他、防虫製品の開発や、電柱を地下に埋める計画(無電柱化推進)など、多様な事業展開・リスク分散を進めておられるので、急な業績悪化には繋がりにくいのではないかなと思いました。

 

red.gif日本PCサービス株式会社

日本PCサービス株式会社のブース

パソコンを始めとした電化製品のトラブル解決や、修理・設定などを行っている企業「日本PCサービス株式会社」。

今後はIoT(モノのインターネット)を見据えて、家中の電化製品関連の困りごとをまるごと引き受けられるようにしていくのだそう。

請負をメインの事業とされているので「受け」の印象でしたが、話を聞いていると提携企業もどんどん増やしていく「攻め」の姿勢が見て取れ、時代によって変化していく強い企業だと感じました。

 

red.gifその他に伺ったブース

その他伺った企業としては、
パチンコホールのシステム機器メーカーの「ダイコク電機株式会社」。
豆乳製品で有名な「マルサンアイ株式会社」。
車のコーティング事業を柱とする「KeePer技研株式会社」。
その他「株式会社オリバー」「岡谷鋼機株式会社」などにお話を聞かせていただきました。

いずれの企業の担当者様も丁寧にお話をしていただき、私にとって大変有意義な時間となりました。

 

red.gifIR エキスポに行ってみた感想

このようなイベントには初めて参加をさせてもらいましたが、投資初心者である私でも十分すぎるほど楽しめるイベントだと思いました。

こんなに企業の方と話ができる機会もそうそう無いですし、企業主導で話を進めていただけるので、気軽に訪問できる環境が新鮮でした。

投資を実際に行っている方で、まだ参加したことがない方にはぜひオススメしたいです。

次回は下調べをして自分自身からも質問を投げかけられるように、もう一段楽しめる環境を作って参加をしたいなぁと思いました。