カテゴリー別アーカイブ: IPO情報

SBIインシュアランスグループ(7326) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 みずほ証券が主幹事のSBIインシュアランスグループです。

SBIインシュアランスグループ(7326)-東証マザーズ

SBIインシュアランスグループの事業内容は、「損害保険業、生命保険業、少額短期保険業を営む子会社の経営管理およびそれに関連する事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,160円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,160円となります。売買単位が100株単位なので、21.6万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は656.65万株あります。100株単位の配分となるので、65,665本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「9月7日(金)~9月13日(木)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(副幹事)

☆SBIインシュアランスグループ、ネットを介しての保険販売ということで、従来の店舗型の保険よりも安い価格で商品を販売できている点が強みです。店舗型の高い保険から、ネット型の安い保険への乗り換えが進んでいくうちは継続的な事業拡大が期待できますので、そこがどれだけ評価されるか。IPO的には規模が大きすぎて、初値の上昇は期待しづらいです。

<直近IPOのパフォーマンス>
チームスピリット 公募1,200円 → 初値2,417円(+12.17万円)
システムサポート 公募1,750円 → 初値4,000円(+22.5万円)
イボキン 公募1,930円 → 初値2,310円(+3.8万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

アイリックコーポレーション(7325) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村証券が主幹事のアイリックコーポレーションです。

アイリックコーポレーション(7325)-東証マザーズ

アイリックコーポレーションの事業内容は、「個人および法人向けの保険販売をおこなう保険販売事業、保険代理店やその他の保険販売会社に対して保険に関するソリューションを提供するソリューション事業およびシステム開発などをおこなっているシステム事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,410円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,410円となります。売買単位が100株単位なので、14.1万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は82.8万株あります。100株単位の配分となるので、8,280本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「9月5日(水)~9月11日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
野村証券(主幹事)
マネックス証券
SBI証券

☆アイリックコーポレーション、保険の販売から、グループ店舗への情報・ノウハウの提供、システム開発までを手掛けています。規模的にやや重ためですが、大株主に対しては期間でロックアップがかかっていますので、供給はそれほど緩んでいません。テーマ的に人気化しにくそうなので、爆発的な上昇は期待できないですが、ほどほどの初値にはなりそうです。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
チームスピリット 公募1,200円 → 初値2,417円(+12.17万円)
システムサポート 公募1,750円 → 初値4,000円(+22.5万円)
イボキン 公募1,930円 → 初値2,310円(+3.8万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

テノ.ホールディングス(7037) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村証券が主幹事のテノ.ホールディングスです。

テノ.ホールディングス(7037)-東証マザーズ、福岡Qボード

テノ.ホールディングスの事業内容は、「直営保育所・受託保育所の運営、幼稚園や保育所に対する保育士派遣、ベビーシッターサービス・ハウスサービスの提供、tenoSCHOOL(保育士養成講座など)の運営」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は4,440円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は4,440円となります。売買単位が100株単位なので、44.4万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は46万株あります。100株単位の配分となるので、4,600本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「9月3日(月)~9月7日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
野村証券(主幹事)
SBI証券
マネックス証券

☆テノ.ホールディングス、保育園の増設は国策でもありますので、事業の拡大は確実性が高いと言えます。ただ、爆発的な成長を期待されやすいIPOとしては、やや迫力に欠ける内容で、規模的にも大幅な伸びは期待しづらいでしょう。同日にアズーム(3496)が上場することも需給的にマイナス材料です。

<直近IPOのパフォーマンス>
チームスピリット 公募1,200円 → 初値2,417円(+12.17万円)
システムサポート 公募1,750円 → 初値4,000円(+22.5万円)
イボキン 公募1,930円 → 初値2,310円(+3.8万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

イーエムネットジャパン(7036) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 みずほ証券が主幹事のイーエムネットジャパンです。

イーエムネットジャパン(7036)-東証マザーズ

イーエムネットジャパンの事業内容は、「検索連動型広告(リスティング広告)、運用型ディスプレイ広告を中心とした運用型広告を企画から運用、効果分析、改善提案まで一括して提供」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,940円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,940円となります。売買単位が100株単位なので、29.4万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は25.99万株あります。100株単位の配分となるので、2,599本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「9月4日(火)~9月10日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(副幹事)
岩井コスモ証券
マネックス証券
東海東京証券

☆イーエムネットジャパンマザーズ上場のネット広告事業の小型案件ということで、初値高騰の条件がそろっています。株式保有比率85%の筆頭株主に期間でロックアップがかかっていることも、需給に安心感を与えています。とりあえず公募価格比+100%がひとつの目安で、あとはどこまで伸びていくかといった印象です。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
チームスピリット 公募1,200円 → 初値2,417円(+12.17万円)
システムサポート 公募1,750円 → 初値4,000円(+22.5万円)
イボキン 公募1,930円 → 初値2,310円(+3.8万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

アズーム(3496) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。みずほ証券が主幹事のアズームです。

アズーム(3496)-東証マザーズ

アズームの事業内容は、「月極駐車場紹介サービスおよび月極駐車場サブリースサービス」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,900円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,900円となります。売買単位が100株単位なので、29万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は31.62万株あります。100株単位の配分となるので、3,162本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「9月3日(月)~9月7日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(副幹事)
東海東京証券
マネックス証券

☆アズーム、自社で運営するポータルサイト『カーパーキング』を介した駐車場サービスのあっせんをおこなっており、利用者は年々増えています。「空いている駐車場が見つからない」というのは、車を運転している方の共通の悩みだと思いますので、規模的にまだまだ成長余地はありそうです。公開株数が少なく、需給もかなり良いので、初値高騰の展開を予想します。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
システムサポート 公募1,750円 → 初値4,000円(+22.5万円)
イボキン 公募1,930円 → 初値2,310円(+3.8万円)
プロレド・パートナーズ 公募4,250円 → 初値7,170円(+29.2万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

香陵住販(3495) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 みずほ証券が主幹事の香陵住販です。

香陵住販(3495)-JASDAQスタンダード

香陵住販の事業内容は、「不動産の売買、賃貸、仲介、管理など」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,700円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,700円となります。売買単位が100株単位なので、17万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は42.43万株あります。100株単位の配分となるので、4,243本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「8月28日(火)~9月3日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
マネックス証券
野村証券
大和証券
SMBC日興証券

☆香陵住販、不動産というテーマが盛り上がりに欠けるうえ、利益が頭打ち気味で成長性に不安があるため、初値を大きく押し上げるほどの買いが入ることはなさそうです。また、同日にマリオン(3494)が上場することなっていることもマイナスです。ただ、公開株数が少ないため、需給的には上がりやすい条件ではあります。さらに想定価格が割安な水準なので、公募価格あたりには買いが入りそうです。以上のことから、小幅な上昇になると予想します。とりあえず当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
システムサポート 公募1,750円 → 初値4,000円(+22.5万円)
イボキン 公募1,930円 → 初値2,310円(+3.8万円)
プロレド・パートナーズ 公募4,250円 → 初値7,170円(+29.2万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

マリオン(3494) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SBI証券
が主幹事のマリオンです。

マリオン(3494)-JASDAQスタンダード

マリオンの事業内容は、「賃貸用不動産の運営および管理ならびに不動産賃料収入に基づく不動産証券化商品の組成および販売」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,170円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,170円となります。売買単位が100株単位なので、21.7万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は27.96万株あります。100株単位の配分となるので、2,796本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「8月27日(月)~8月31日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)
東海東京証券
岩井コスモ証券

☆マリオン、不動産という人気化しづらいテーマに加え、直近の業績が頭打ち気味なこともあり、正直、内容的にはきびしい感があります。ただ、公開株数が極めて少なく、需給がかなり良くなっていますので、今の相場であればある程度は上昇してくれるでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
システムサポート 公募1,750円 → 初値4,000円(+22.5万円)
イボキン 公募1,930円 → 初値2,310円(+3.8万円)
プロレド・パートナーズ 公募4,250円 → 初値7,170円(+29.2万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ナルミヤ・インターナショナル(9275) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券大和証券が共同主幹事のナルミヤ・インターナショナルです。

ナルミヤ・インターナショナル(9275)-東証2部

ナルミヤ・インターナショナルの事業内容は、「ベビー・子供服の企画販売」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,770円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,770円となります。売買単位が100株単位なので、17.7万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は599.02万株あります。100株単位の配分となるので、59,902本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「8月22日(水)~8月28日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(共同主幹事)
大和証券(共同主幹事)
野村証券(副幹事)
東海東京証券
SBI証券

☆ナルミヤ・インターナショナル、もともとは百貨店を中心に出店していましたが、2015年頃からショッピングセンターに積極的に出店して売上を伸ばしています。また、2018年2月期には、人気子供服ブランド「(株)ミリカンパニーリミテッド」を吸収合併し、事業規模を拡大させています。

<直近IPOのパフォーマンス>
システムサポート 公募1,750円 → 初値4,000円(+22.5万円)
イボキン 公募1,930円 → 初値2,310円(+3.8万円)
プロレド・パートナーズ 公募4,250円 → 初値7,170円(+29.2万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(3493) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券が主幹事の伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人です。

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(3493)-東証REIT

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人は、「伊藤忠商事の保有する不動産・物流、商社・商流プラットフォームで開発される物流不動産に重点投資」をして運用するリートファンドです。 。公募価格の目安となる、想定価格は100,000円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は100,000円となります。売買単位が1口単位なので、10万円からIPO抽選に参加できます! また、公開口数は37.2万口あります。1口単位の配分となるので、372,000本が当たりですね。当選確率は「非常に当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「8月23日(木)~8月29日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)
大和証券

☆伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人、下記の直近案件の結果を見ても分かりますように、リートに対しては非常にきびしい相場となっています。今回は、とくに公開口数も多く需給がかなり緩んでいますので、公募割れの可能性が高いと言えるでしょう。

<直近IPO(REIT)のパフォーマンス>
タカラレーベン不動産投資法人 公募96,000円 → 初値92,000円(-0.4万円)
ザイマックス・リート投資法人 公募105,000円 → 初値104,000円(-0.1万円)
カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人 公募100,000円 → 初値95,000円(-0.5万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

and factory[アンド ファクトリー](7035) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 みずほ証券が主幹事のand factory[アンド ファクトリー]です。

and factory[アンド ファクトリー](7035)-東証マザーズ

and factory[アンド ファクトリー]の事業内容は、「主にモバイル広告を掲載した無料スマートフォンアプリの提供、IoT技術を導入したスマートホステル『&AND HOSTEL』の共同運営」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,470円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,470円となります。売買単位が100株単位なので、24.7万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は85.1万株あります。100株単位の配分となるので、8,510本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「8月21日(火)~8月27日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(副幹事)
SBI証券
岩井コスモ証券

☆and factory[アンド ファクトリー]、売上、利益ともに急激に伸びており、将来性は抜群と言えるでしょう。規模的にやや重ための案件になりますが、人気テーマのIoT関連なので十分な買いが期待できます。また、大株主に対するロックアップが期間でしっかりかかっていて供給も締まっており、需給的に初値が上がりやすくなっています。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
システムサポート 公募1,750円 → 初値4,000円(+22.5万円)
イボキン 公募1,930円 → 初値2,310円(+3.8万円)
プロレド・パートナーズ 公募4,250円 → 初値7,170円(+29.2万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など