陰に隠れて悪化しているユーロ圏|10月の製造業景況感指数

Pocket

hirotoface.gif

皆さん、おはようございます。『やさしい株のはじめ方』サポーターのみっちーです。

 

10月の景況感指数(PMI)

景況感指数
1ヶ月前と比較して景気が「良い」「変わらず」「悪い」の3択で答えてもらい、これを基に指数を算出。50を下回ると景気後退、50を上回ると景気拡大の状態と考えられる。

20121105.gif

日本 46.9
アメリカ  51.7
ユーロ圏  45.4
中国  49.5
ブラジル  50.2
インド  52.9

 

《ひと言》

日本は、中国の反日デモの影響を受けて予想通り悪化していますね(汗”)

ユーロ圏は、アメリカの大統領選挙の陰に隠れていますが、状況が悪化し続けています。ギリシャ41.0、スペイン43.5は驚きに値しませんが、ドイツ46.0、フランス43.7、イタリア45.5と主要国でさえ大幅に減速してきています。

当然、欧州向け輸出が主要な中国もこの影響を受けていますが、共産党大会前の底上げ政策の影響でしょうか、なんとか持ち応えています。

 

これに対して、アメリカは再び緩やかな拡大に転換しています。直近の経済指標では「住宅市場」や「雇用環境」の改善が確認されており、とりあえずピンチを脱した格好です。

ただ、明日行われる大統領選挙の結果によっては、政府の取る方針が変わりそうなので注意が必要です。

とりあえず、ロムニーは金融緩和や政府支出に反対の方針なので、こちらが大統領になると「円安・ドル高」に進みそうです。

この他の点から見ても、日本にとっては「ロムにーが大統領」になってくれた方が、いろいろと都合はよさそうです。

 

■積立投資の実践(※月初めにデータを更新してます)

エリア 保有口数 平均取得単価 現在価格 評価損益
日本 19,673 9,150 9,291 +277
先進国 40,227 8,887 9,905 +4,095
新興国 35,068 9,158 9,577 +1,647

<積立金額>
 -日本株式  | 1,000円/月
 -先進国株式| 2,000円/月
 -新興国株式| 2,000円/月
  ※個別株にも投資しているので、積立金額は少なくしてます。

<積立銘柄>
 -日本株式  | ニッセイ日経225インデックスファンド
 -先進国株式| 外国株式インデックスe
 -新興国株式| eMAXIS新興国株式インデックス

投資信託の3つのメリット

 

==========================
この「たまごの経済教室」では、市場に大きな影響を与える経済動向を読み解くことで、相場の中長期トレンドを把握しようと試みています♪

メルマガ ←投資初心者さん向け
ツイッター ←気ままにつぶやいてます
個別株分析室 ←主な売買銘柄の一覧
==========================