目先一服も先行き暗し|<米国>9月のISM景況感指数

Pocket

hirotoface.gif

皆さん、おはようございます。『やさしい株のはじめ方』サポーターのみっちー(及川光博さん似から)です。

 

<米国>ISM景況感指数

ISM景況感指数
約350社に1カ月前と比較して景気が「良い」「変わらず」「悪い」の3択で答えてもらい、これを基に指数を算出。50を下回ると景気後退、50を上回ると景気拡大の状態と考えられる。(米サプライマネジメント協会)

20121008.gif

>製造業
前月に比べて+1.9ポイントで51.5

>非製造業
前月に比べて+1.4ポイントで55.1

 

《ひと言》
6月以降続いていた製造業の景気縮小がとりあえず止まりました。

また、9月に入りECB(欧州中央銀行)が国債買取政策を発表し、FRB(連邦準備制度)も追加の量的緩和を発表しましたので、多少の持ち直しは期待できると思います。加えて、中国では尖閣問題が原因で日本車の不買運動が起こっており、その反動でドイツ車やアメリカ車の販売が伸びているかもしれません。

ただ、このままでは年末に減税が終了し、来年から歳出削減が行われることもあり、企業は投資や雇用拡大に慎重にならざるを得ない状況となっています。

 

■積立投資の実践(※月初めにデータを更新してます)

エリア 保有口数 平均取得単価 現在価格 評価損益
日本 17,475 9,126 8,940 -652
先進国 36,107 8,793 9,606 +2,935
新興国 35,068 9,126 8,940 -652

<積立金額>
 -日本株式  | 1,000円/月
 -先進国株式| 2,000円/月
 -新興国株式| 2,000円/月
  ※個別株にも投資しているので、積立金額は少なくしてます。

<積立銘柄>
 -日本株式  | ニッセイ日経225インデックスファンド
 -先進国株式| 外国株式インデックスe
 -新興国株式| eMAXIS新興国株式インデックス

投資信託の3つのメリット

 

初心者投資家さん向けにメルマガも書いてます♪