65歳で1500万円を目標にした積立て


kaeru_onou.gifみなさん、おはよーございます。 『やさしい株のはじめ方』 サポーターで、”かえるの投信日記” 担当のかえる(プロフィール)です。

 

 

今回は、前回(投資信託を買う前にしておくこと)で立てた、65歳までに『金融資産を1500万円!』の目標に向かって、どれくらいのお金を積立てるか考えていきます。

積立ての計画を立てるのには、『4つ』の条件が必要です。
それは、【目標金額】 【積立期間】 【積立金額】 【目標リターン(期待利回り)】の4つです。 この内の2つ(積立期間、目標金額)は、前回までの内容で決めることができました。

 

僕の場合ですと、65歳までの積立て予定なので、『32年』と、まずは最低限の目標として、『1500万円』でした。

(退職金は万が一のことを考えて、金融資産に含めずに考えます。将来的に退職年齢は65歳に引き上げられると思いますが、もし65歳前に退職することになったら、この退職金を65歳までの生活費に当てたいと思います。)

 

 

それではまず、しっかりとした計画(積立てるファンドや資産配分など)を立てる前に、どれくらいの金額を“毎月”積立てると目標額を達成できるかチェックをします。

楽天証券積立かんたんシミュレーションという便利なツールがありますので、そちらで簡単にチェックしてみます。

kaeru_onou.gif

前回決めた2つ、【目標金額】 【積立期間】 と、そして、【目標リターン(期待利回り)】の欄には仮リターン「5%」を入力してください。詳しいリターンは、次回決めますので、ここではまず、『5%』を入れてください。

そうしますと、毎月15811円を積立てれば、目標金額を達成できそうだと言うことが判りました。
そうですね。 僕はこの金額であれば、積立てができそうです♪

 

みなさんはいかがだったでしょうか?
出た金額で毎月の積立てを継続できそうでしたら、次は資産配分などについて考えて行きたいと思います。

もし無理そうでしたら、さらに2つの奥の手があります。
1つは【目標リターン(期待利回り)】を上げる。
もう1つは「積立て額を将来増やす。」です。 「積立て額を将来増やす。」については、少し複雑な計算が必要になりますので、また別の機会を設けて紹介させて頂きます。

 

次回は「積立てるファンドと資産配分を決める」について書く予定です。 ちょっと長く引っぱってしまい申し訳ありません(汗)
次で基本的な流れは終わりですので、次回もよろしくお願い致します♪

11日(金)7:00配信 みっちーの株日記