「失業率」統計に添えられた暗号


maeda01.gif

皆さん、おはようございます。『たまごの経済教室』アドバイザーの前田(オールアバウト紹介ページ)です。


毎日、世界中で景気や社会情勢に関する統計データが発表されています。インターネットが出現するまでは、統計データを調べるにはニュースを見たり、図書館等で印刷物を調べるしか手段がありませんでした。しかし、今は「誰でも・いつでも」ネットを介して発表元のHPにアクセスしてデータを閲覧することができます。

現在このブログでは、毎週多くのデータを元データまで調べて現状分析を行い、いくつか気になるデータをピックアップして解説しています。この前はインドや中国、ブラジルなどの物価データをネットでチェックしました。

海外の統計は多くが英語表記になっています。ちなみに、ブラジルはポルトガル語です。こう聞くと少し腰が引けてしまいますが、Googleの翻訳サービスなどを使えばいかなる言語でも大まかな内容を理解することができます。これが、今起きている「新しい現実」です。

ニュースを見てもデータを知ることができますが、元データを調べると報道されていない多くの注目すべき内容を理解することができます。

先週は日本の総務省から失業率が発表されました。失業率は5.2%でした。同時期に発表された米国の失業率は9.5%ですので、日本はまだ”マシ”ということになります。ですが、HPを見てみると今回は特別にデータが一つ追加されています。

休業者:一時的に仕事に従事しなかった者―雇用環境の現状を幅広くみるために その2」

というものです。

これは5.2%に含まれていない「休業状態にある人」のデータです。この人数を加えると失業率は7%を超えます。このデータをあえて載せた意味は何でしょうか?

あくまで憶測ですが、

選挙を控えた政府としては失業率の悪いデータは発表したくありません。報告書を作成している人たちは本当の実態を知ってもらうため、分からないようにいろんな手を使います。

このデータも大変悪い実態を知らせるための隠れた手段かもしれません。統計や政府の白書にはいろいろなところで隠された暗号があると言われています。そして、その暗号を知るためには原本を見るしかありません。

前回の記事では、この「隠された暗号」について解説しました。とても興味深い内容ですので、どうぞチェックしてみてください。

日本・アメリカ・EU、ともに5月失業率チャート悪化

参考: 総務省 労働力調査データHP