トヨタの株主総会に行ってきました!


こんにちは。『楽しい株主優待&配当』副担当のタクヤです。
6月15日にトヨタ自動車の株主総会に行ってきました。
トヨタ自動車は言わずと知れた、日本を代表する世界的な自動車メーカーです。

 

株主総会の会場は、愛知県豊田市にあるトヨタ自動車本社、その中の「事務本館」と呼ばれている建物の一階にある大ホールでした。この辺りで一番高い建物が、この事務本館でしょうか。ちなみに玄関は行列のため、まともに撮影できませんでした…。

toyota-1

 

会場へは名鉄豊田市駅と土橋駅、また最寄り駅である愛知環状鉄道の三河豊田駅からバスが出ていました。

 

toyota-2
↑駐車場も開放されていたので、車で行くことも可能です。

 

9時30分に事務本館にたどり着いたのですが、すでに長蛇の列×5列くらいできていました…。その列を撮影しているテレビ局と思わしき取材陣の姿もちらほら見かけたのが印象的でした。さすがは大企業ですね。

 

受付で記念品引換券がついた受付票をもらい、その後すぐに記念品引換所がありました。案内に従ってホールへ移動中、歴代トヨタ車のミニカーが展示されていました♪懐かしい車種もあり写真を撮りたかったのですが、建物内は撮影禁止とのことで断念…。

 

大ホールまで移動して広さにびっくり、そしてほぼ席が埋まっているのにびっくり、トイレの行列にびっくりと驚きっぱなしでした(笑)。第5会場まで用意してあったようで、帰ってからニュースを見たら5,000人出席していたそうです。

 

豊田章男社長の挨拶の後、監査報告があり、事業報告等はムービーでおこなわれ、その後質疑応答に入りました。質問は挙手制で、議長指名。別会場の様子もモニタリングしているようで、2回ほど別会場からも質問がありました。中には質問ではなく、延々と豊田章男社長を尊敬している事と感謝している事を述べ続け、会場からは笑いが起こる場面もありました。

 

印象に残っているのは、豊田章男社長のTV出演に関する質問に対する応答の際、マツコ・デラックスやイチロー選手との裏話を交えて回答した所ですね。メディア露出も多いためか、とても話が上手で聞きやすかったです。

 

期待していた円高に対する対策は質問に上がらず。一時に比べるとだいぶ低迷している株価の対策なども聞きたかった所ではあります。時事的な問題では、タカタのエアバッグリコール問題に関して質問している方もいました。トヨタ車としては全体の2割~3割ほどが対象の部品を使用している、と具体的な数字による回答もありました。

 

質問は11名、1時間以上かけて終了。
去年はAA型種類株式の承認などもあり、倍近くかかっていたようですね。12時前には決議も全可決で終わり、章男社長の挨拶で閉会しました。最後の挨拶では多くの株主から「トヨタがんばれ!」と激励のメッセージを頂いた、と感激し涙ぐむ場面もあったのが印象に残っています。

 

一番大変だったのはこの後でして…。
残った人が一斉に帰るので、凄い行列が(汗”)。とは言え、数千人が一気に動いたにしては大した混乱も無く割と早く出られたと思います。社員の方々のしっかりした誘導や多数の送迎バスを準備するなど、手際の良さが感じられました。

 

☆記念品は「扇子」でした。

toyota-3

 

トヨタ自動車がTOP(The Olympic Partner)パートナー契約を結んだのも関連してか、オリンピックがテーマの柄です。親骨が金属製でとてもしっかりした作りになっています。株主優待は無いのですが、お土産が良い物だと得した気分になりますね。これからの暑い季節に使えそうです。

 

これだけの規模の株主総会は初めてだったので、とても良い経験になりました。 株主総会は企業と直接やりとり出来る貴重な機会ですので、このようなサービスをフル活用して参加できる所はどんどん参加してみてはいかがでしょうか。

 

☆保有銘柄が増えてくると、各企業の情報を集めるのも一苦労です。「大和IRモニタークラブ(無料)」に銘柄を登録しておくと、IR情報が出たら自動でお知らせしてくれます。わざわざ自分で情報を取りにいく手間が省けるので、とても重宝しています。もちろん、保有銘柄以外の気になる企業を探すのにも役立つので、おすすめです♪