タグ別アーカイブ: IPO

エーアイ(4388) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SBI証券が主幹事のエーアイです。

エーアイ(4388)-東証マザーズ

エーアイの事業内容は、「音声合成エンジンおよび音声合成に関連するソリューションの提供」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は800円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は800円となります。売買単位が100株単位なので、8万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は65.2万株あります。100株単位の配分となるので、6,520本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「6月11日(月)~6月15日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)
東海東京証券
岩井コスモ証券
むさし証券

☆エーアイ、業績推移を見る限り、今のところ製品に対する一定の需要はあるが、拡大はしていないという印象です。分野的に将来性が期待できるのは、スマートフォン音声対話、コミュニケーションロボットです。このあたりの市場が今後拡大していくと予想されますので、上手く需要を取り込むことができれば大きな成長も可能です。同日に、プロパティデータバンク(4389)が上場しますが、規模が小さく、影響はほとんどないでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
エヌリンクス 公募1,810円 → 初値3,780円(+19.7万円)
ベストワンドットコム 公募4,330円 → 初値14,830円(+105万円)
アイペット損害保険 公募2,850円 → 初値4,500円(+16.5万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

プロパティデータバンク(4389) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事のプロパティデータバンクです。

プロパティデータバンク(4389)-東証マザーズ

プロパティデータバンクの事業内容は、「不動産・施設などの運用管理に関するクラウドサービスの提供」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,660円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,660円となります。売買単位が100株単位なので、16.6万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は43.47万株あります。100株単位の配分となるので、4,347本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「6月11日(月)~6月15日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券
SBI証券

☆プロパティデータバンク、業績推移を見るとやや頭打ち感があり、将来性は不透明です。ただ、IPOで人気化しやすい「クラウド関連」のサービスを提供しているので、人気面では心配なく、初値を大きく押し上げる大量の買いが入ると思われます。同日に、エーアイ(4388)が上場しますが、規模が小さく影響はほとんどないでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
エヌリンクス 公募1,810円 → 初値3,780円(+19.7万円)
ベストワンドットコム 公募4,330円 → 初値14,830円(+105万円)
アイペット損害保険 公募2,850円 → 初値4,500円(+16.5万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

国際紙パルプ商事(9274) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 みずほ証券が主幹事の国際紙パルプ商事です。

国際紙パルプ商事(9274)-未定

国際紙パルプ商事の事業内容は、「国内外における紙パルプ卸売業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は344円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は344円となります。売買単位が100株単位なので、3.44万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は805万株あります。100株単位の配分となるので、80,500本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「6月7日(木)~6月13日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券

☆国際紙パルプ商事、事業内容が地味で、公開株数も多く需給的にも人気化しにくそうな案件ですが、想定価格が割安な水準にありますので、小幅な上昇が期待できます。とりあえず、仮条件の水準が想定価格を上回るかどうかで人気具合を確認してから、申し込むかどうか決定しようと思います。

<直近IPOのパフォーマンス>
エヌリンクス 公募1,810円 → 初値3,780円(+19.7万円)
ベストワンドットコム 公募4,330円 → 初値14,830円(+105万円)
アイペット損害保険 公募2,850円 → 初値4,500円(+16.5万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ライトアップ(6580) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SBI証券が主幹事のライトアップです。

ライトアップ(6580)-東証マザーズ

ライトアップの事業内容は、「コンサルティング・研修サービスの提供、ITツールなどの商材の卸売り、Webコンテンツ制作」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,570円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,570円となります。売買単位が100株単位なので、25.7万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は78.1万株あります。100株単位の配分となるので、7,810本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「6月6日(水)~6月12日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)
岩井コスモ証券
松井証券
マネックス証券

☆ライトアップ、業績は右肩上がりで推移しており、上場後も成長が見込めます。ただ、コンサルティングと研修サービスの提供が主力で、マンパワーに頼った成長になります。規模もすでに大きいので、ネットビジネスのような爆発的な成長を期待するのはむずかしいでしょう。株主にベンチャーキャピタルがかなり入っており、これらに対するロックアップが外れる公募価格比+50%が初値の目安になりそうです。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
エヌリンクス 公募1,810円 → 初値3,780円(+19.7万円)
ベストワンドットコム 公募4,330円 → 初値14,830円(+105万円)
アイペット損害保険 公募2,850円 → 初値4,500円(+16.5万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ZUU[ズー](4387) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村証券が主幹事のZUU[ズー]です。

ZUU[ズー](4387)-東証マザーズ

ZUU[ズー]の事業内容は、「資産運用を支援するプラットフォーム『ZUU online』を中心とした金融商品やフィンテックサービスとユーザーのマッチングをおこなうフィンテック・プラットフォーム事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,370円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,370円となります。売買単位が100株単位なので、13.7万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は28.75万株あります。100株単位の配分となるので、2,875本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「6月5日(火)~6月11日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
野村証券(主幹事)
SBI証券(副幹事)
マネックス証券
松井証券

☆ZUU[ズー]、最新の人気テーマであるフィンテック(金融とITの融合)関連で公開株数が極めて少ないとなれば、天井知らずの高騰が期待できます。まだ安定的に利益は出ていませんが、将来性を見込んで大量の買いが入りそうです。同日にコーア商事ホールディングス(9273)SIG(4387)が上場しますが、規模が極めて小さいので影響はほとんどないでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
エヌリンクス 公募1,810円 → 初値3,780円(+19.7万円)
ベストワンドットコム 公募4,330円 → 初値14,830円(+105万円)
アイペット損害保険 公募2,850円 → 初値4,500円(+16.5万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

コーア商事ホールディングス(9273) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事のコーア商事ホールディングスです。

コーア商事ホールディングス(9273)-東証2部

コーア商事ホールディングスの事業内容は、「ジェネリック医薬品原薬の仕入販売、製材」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,590円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,590円となります。売買単位が100株単位なので、25.9万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は42.5万株あります。100株単位の配分となるので、4,250本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「6月5日(火)~6月11日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券

☆コーア商事ホールディングス、業績が頭打ち気味なので将来性に不安があります。ただ、公開株数が少なく、需給的に初値が上がりやすくなっていますので、今の相場であればそれなりの上昇が期待できるでしょう。同日にZUU(4387)SIG(4386)が上場しますが、規模的に影響は少ないでしょう。とりあえず当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
エヌリンクス 公募1,810円 → 初値3,780円(+19.7万円)
ベストワンドットコム 公募4,330円 → 初値14,830円(+105万円)
アイペット損害保険 公募2,850円 → 初値4,500円(+16.5万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

SIG[エスアイジー](4386) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 岡三証券が主幹事のSIG[エスアイジー]です。

SIG[エスアイジー](4386)-JASDAQスタンダード

SIG[エスアイジー]の事業内容は、「「システム開発およびインフラ・セキュリティサービスの提供」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,000円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,000円となります。売買単位が100株単位なので、20万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は34.27万株あります。100株単位の配分となるので、3,427本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「6月4日(月)~6月8日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(副幹事)
SMBC日興証券

☆SIG[エスアイジー]、直近の業績推移はやや頭打ち感がありますが、IPOとして絶大な人気がある「ネットセキュリティ関連」ということで、この点はあまり気にしないでよいでしょう。公開株数は34.27万株と少なく、需給的に初値が高騰しやすい環境が整っています。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
エヌリンクス 公募1,810円 → 初値3,780円(+19.7万円)
ベストワンドットコム 公募4,330円 → 初値14,830円(+105万円)
アイペット損害保険 公募2,850円 → 初値4,500円(+16.5万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ログリー(6579) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券が主幹事のログリーです。

ログリー(6579)-東証マザーズ

ログリーの事業内容は、「ネイティブ広告に特化したインターネット広告配信プラットフォーム」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,680円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,680円となります。売買単位が100株単位なので、16.8万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は51.62万株あります。100株単位の配分となるので、5,162本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「6月5日(火)~6月11日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券

☆ログリー、マザーズ上場の小型ネット広告関連ということで高騰が期待できます。ネイティブ広告とは、従来の文章と広告が区別できる広告ではなく、コンテンツの一部として組み込まれた広告で、よりユーザーの興味を引きやすいものになっています。市場自体も急激に伸びており、成長性は十分にあります。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
エヌリンクス 公募1,810円 → 初値3,780円(+19.7万円)
ベストワンドットコム 公募4,330円 → 初値14,830円(+105万円)
アイペット損害保険 公募2,850円 → 初値4,500円(+16.5万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

メルカリ(3484) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 大和証券が主幹事のメルカリです。

メルカリ(3484)-東証マザーズ

メルカリの事業内容は、「CtoCマーケットプレイス『メルカリ』その他のマーケットプレイス」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,450円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,450円となります。売買単位が100株単位なので、24.5万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は2,177.74万株あります。100株単位の配分となるので、217,774本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「6月4日(月)~6月8日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)
野村証券
マネックス証券
SBI証券
岩井コスモ証券

☆メルカリ、人気面では申し分ありませんが、ここまで規模が大きくなると、さすがにこれまでのような+100%を超えるような高騰は難しいと思います。ただ、LINE(想定時価総額5,000億円超)も大規模なIPOでしたが公募価格比+48.5%の上昇を見せていますので、メルカリも同じような結果が期待できそうです。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
エヌリンクス 公募1,810円 → 初値3,780円(+19.7万円)
ベストワンドットコム 公募4,330円 → 初値14,830円(+105万円)
アイペット損害保険 公募2,850円 → 初値4,500円(+16.5万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 トレードワークス 2,200円 → 13,600円(+114万円
2位 ヴィスコ・テクノロジーズ 4,920円 → 15,000円(+100.8万円
3位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ラクスル(4384) ~IPO当選への挑戦~



これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 大和証券が主幹事のラクスルです。

ラクスル(4384)-東証マザーズ

ラクスルの事業内容は、「印刷および集客支援のシェアリングプラットフォーム『ラクスル』を中心とした印刷事業、物流のシェアリングプラットフォーム『ハコベル』を中心とした運送事業など、産業ごとのシェアリングプラットフォームの創出」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,400円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,400円となります。売買単位が100株単位なので、14万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は1,259.2万株あります。100株単位の配分となるので、125,920本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「5月16日(水)~5月22日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(共同主幹事)
SBI証券(副幹事)
SMBC日興証券
マネックス証券

☆ラクスル、インターネットを通じて全国から寄せられたお客様の注文に、ピッタリな印刷会社を選ぶ。印刷機の非稼働時間で印刷することにより、高品質な印刷物を安価(従来の半額程度の水準)で提供することを可能にしました。ただ、まだ事業拡大によりコストが先行している状態のため、赤字となっています。IPO的には規模が大きく重たい案件で、業績もパッとしないため、大幅な上昇は期待しづらいです。とりあえず当選を狙っていきます。

<直近IPOのパフォーマンス>
エヌリンクス 公募1,810円 → 初値3,780円(+19.7万円)
ベストワンドットコム 公募4,330円 → 初値14,830円(+105万円)
アイペット損害保険 公募2,850円 → 初値4,500円(+16.5万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 トレードワークス 2,200円 → 13,600円(+114万円
2位 ヴィスコ・テクノロジーズ 4,920円 → 15,000円(+100.8万円
3位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など