フェニックスバイオ(6190) ~IPO当選への挑戦~

Pocket

phoenixbio

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券が主幹事のフェニックスバイオです。

フェニックスバイオ(6190)-東証マザーズ

フェニックスバイオの事業内容は、「PXBマウスを用いた受託試験サービス」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,400円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,400円となります。売買単位が100株単位なので、24万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は47.15万株あります。100株単位の配分となるので、4,715本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「3月3日(木)~3月9日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券

☆フェニックスバイオ、名前的には高騰してもよさそうな案件ですが、内容的には少し微妙です。PXBマウスは、肝臓の70%以上が人の肝細胞に置き換えられたマウスで、臨床試験において、ヒトでの代謝を予測するうえで利用されています。創薬関係なら何が起こるか分かりませんが、マウスを使った受託試験サービスでは、さすがに高騰するようなことはないと思います。とりあえず当選を狙っていきます。

<直近IPOのパフォーマンス>
一蔵 公募1,210円 → 初値1,236円(+0.26万円)
ケイアイスター不動産 公募1,200円 → 初値1,282円(+0.82万円)
ソーシャルワイヤー 公募1,600円 → 初値2,511円(+9.11万円)

2015年もIPOの調子が引き続きよかったですね!2016年もこの流れが続いてほしいですが、どうなるでしょうか♪ →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2015年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ネオジャパン 2,900円 → 14,550円(+116.5万円
2位 エムケイ システム 3,500円 → 15,120円(+116.2万円
3位 アイビーシー 2,920円 → 10,250円(+73.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など