株主優待狙い

第3四半期の決算が続々出てきている今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか(笑)?

 

私の保有株カゴメさん、このところの株価が堅調です。右肩上がりです。業績が順調であることはもちろんですが、3月末の株主優待狙いの買いが入ってきているようにも思われます。14万円出せば買えるので、買い安さも人気を集めているかもしれません。

さて、私とカゴメのお付き合いは、株を始めた当初からでして、何があっても売らない株と決め付けて保有しています。その理由は、優待がほしいからです(笑)。これまでに、2回も優待が来ました。文字通りおいしい株で、カゴメの新製品などおいしい食品が送られてきます。おまけに、配当金も1%程度ついてきます。

 

そして、ここで本題なのですが、先ほどもちょっと触れましたが、この時期からは3月末の株主優待・配当金狙いの買いが入りやすい時でもあります。…ということで、個人投資家に人気が出そうな(3月中旬には上がってそうな)株を選定しました。今日はそのひとつをご紹介します。

 

ずばり「フコク」です。株主優待のファンの方には、有名かもしれませんね。雑誌にも掲載されてましたから…。

フコクの優待は、100株保有(約15万円)でコシヒカリ3キロもらえます(配当金も100株で2000円でます)。フコクの今の株価が1491円ですので、3月頃にはどんな結果になったか振り返ることにしますね。

 関連記事:配当金・株主優待の権利の取り方

 

<連絡事項2>

■カゴメの株主懇談会が2月14日にウェスティンナゴヤキャッスルで行われます(カゴメ株主限定です)。こちらに参加されるカゴメ株主の方、お声をかけてください♪(会場は主婦ばかりの予感です…(笑))

 

人気blogランキング
このブログは、みなさまのお力で運営されております。

原点回帰

インフルエンザにかかった私。あまりにも考える時間があったので、自分に問いただしてみた。(みなさまの温かいお言葉で、今は80%回復しています。ご心配をおかけしました!)

 

どうして株を始めたのか…。 今後、株とどう関わっていこうか…と。

 

これまで基本的には、中長期投資のつもりでやってきた。今もそういう銘柄をメインに持っているつもりだ。…が、少しずつではあるが株価変動だけを追っているような“投機”に近づいていることに気がついた…(ライブドアショックの影響もあるのか!?)。そして、株に生活時間を取られすぎていることにも。

…これっていい状態だろうか??

 

確かに、お金が増えればそれはハッピーであるし、そのために株で運用していることも事実である。しかし、株式投資は、資産運用のひとつの手段に過ぎないわけで、ましてや人生の目的などでは決してない。超低金利の銀行(今までどうしようもないところに融資してきた!?)に預けておく(貸しているという表現が正しいか…)するよりも、自分で運用・管理したほうがはるかにうまくいくと思ったからであり、日本の企業が好調であることが明白に思えたから投資をしてきただけである。

…なので、株に命をかけている!というわけでもなく(笑)、単に資産運用のひとつとして株をとらえているだけである。

 

 

(株にかける時間については…)

ある程度のレベルまでは、株に関して知識の向上を図る必要があることはいうまでもないが、一定水準(企業の評価方法など)まで知識レベルが達すれば、『優良株に投資→放置』で充分な利回りになると思う(むろん、その“優良株”というものに投資できる力を身につける必要があるが)。これからは“銘柄選択だけ”くらいに時間を費やせたらと思う。

 

これは言うまでもないことかもしれないが、社会を取り巻く情勢・環境が変われば(インフレ・不況など)、臨機応変に資産運用の手法にもテコ入れしなければならない。そのためには常にアンテナを張り巡らせて、変化のシグナルをどこかで受け取る必要があると思う。今は日本株の調子がよいことが明らかなので、アセットアロケーション(資産配分)を日本株に重点を置いているが、こんな状態がずっと続いていくわけではないので、その転換期が来たときには、株への投資比率も大幅に変更することになるかもしれない。

それに備えて、他の金融商品(債券・外貨など)にも目を向けておく必要があると思う。どちらかというと守りの投資だ。

 

次に、私が株資産やその変動、銘柄を公表することについて書きたい。

この理由は、『どうだ見たか!オレ様すごいだろ~! わっはっは~!!』と言いたいわけではもちろんない…(笑)。『ブログにいつも遊びに来てくださる方に楽しんでいってもらいたい!』という想いももちろんある。しかしそれよりも、管理人が実際に銘柄を公表し、株取引をやって、結果が出はじめたことに意味がある(フロックといってしまえばそれまで)。『株一年目のど素人のやつでもできるようなことなら、私でもできるんじゃないか?』と思ってもらうことができたら、それは本望だ。

つまり、素人でも勉強・学習をすれば自分の資産を自分で運用できるということだ。(億万長者をたくさん出したいから情報発信をしているのではなく、資産管理をする“すべ”を身につけてほしいと思っています)

 

<最後に>

まだ株を始めていない方にとっては、私の存在はちょっとだけ先輩になる。先輩の動向をみて、株をはじめようかやめようか考えている人もいる…。私は、自分の体験を通して、そういう人の背中をそっと押してあげたいと思う。『はじめはみんな素人。私は今も素人…(笑)。株での資産運用方法を身につけるのは、誰のためでもなく、自分のため。正しい運用方法を身につけることに損はない』。

 

☆突然こんな文章を書くと、頭がとち狂ったと思われるかもしれませんが、インフルエンザウイルスに脳をやられたからです…(笑)。サイト・ブログともに、これまで通りに継続していきますのでよろしくお願いいたします!(今週の土・日はお休みします♪)

 

人気blogランキング
このブログは、みなさまのお力で運営されております。

本サイトは、株式投資初心者の方向けの『やさしい株のはじめ方』です。

投資セミナーに参加

これから投資セミナー↓に参加してきます。

“熊谷亮丸「2006年マーケット展望」in名古屋(無料)” 外為どっとコム主催

セミナーの内容・感想は、帰宅したら追記として報告いたします。

 

<投資セミナー・追記> 

さて、帰りました。いろいろありまして、報告が遅くなりました。楽しみに待っていてくださった方ありがとうございます♪(投資仲間のぺぺさんと行ってきました。)

セミナーは2部構成で、第1部は外為どっとコムの宣伝で、第2部がメインのセミナーでした。メリルリンチの熊谷亮丸さんの講演です。(第1部は省略します。)

 

セミナーの題目は以下の6つです。それぞれ簡単にご説明します。

  

1、日本経済について

日本経済は景気サイクルから見て、順調に推移するとのことです。短期サイクル・中期サイクル・長期サイクルのどれをとってみても上向くと見ています。他の要素からは、在庫調整の完了、個人消費の回復、雇用情勢の改善が後押しするとのことです。具体的には、2006年の年末で17500円まで見ているようです。

  

2、日銀の金融政策

熊谷さんの見方では、4-6月に量的緩和政策の解除、年末から来年にかけて金利上昇が始まるとのことです。量的緩和の解除はすんなり行くが、ゼロ金利の解除にはかなり慎重になるという見方です。いろいろなニュースなど見ていると、この意見が主流のようですね。

 

3、低金利と株高

現在の日本では、『低金利と株高』という、通常では考えにくい動きをしています(通常は、株と金利は同じ動きをしやすい-すなわち、株高であれば、金利もついてくる)。熊谷さんは、これをスイートスポットと捕らえていて、現状で不思議なことではないと力説していました。その理由は、「株高は一部の好業績企業が引っ張ってきて、ここまで上がっているわけで、全体としての強さはまだない。」ということと、「低金利であるからこそ、優良企業に資金が流れている」とおっしゃっていました。

  

4、ライブドアショックについて

ライブドアショックは、アメリカのエンロン事件とたとえられることがあるが、それほど大規模なことではなく、日本の市場に与える影響は限定的と見ているようです。あまり気にしないでよいとおっしゃっていました。

 

5、アメリカ経済の見通し

アメリカ経済に対してはかなり慎重な見方としていました。住宅プチバブルが弱含む原因となるようです(ただし、限定的で急激に落ち込むようなことはない)。そして、アメリカの株価と連動しやすい日本ですが、今回は、アメリカの弱さに日本が引っ張られることはないとのことでした。その理由は、日本経済が内需主導で持ち直してくるからだそうです。

 

6、為替の展望

為替は、『日米の金利差が縮小すること』、『アメリカが双子の赤字で弱含むこと』、『ドル高政策からドル安政策並行していくこと』から年末には円高になるを予想をしていました。ただ熊谷さんも、為替の予想は難しい!と本音を漏らしていました…(笑)。

 

…私個人の感想です。まず、部屋が暑くて眠かったです(空気がまどろんでいた…)。まぁ、それはおいといて。

セミナーの内容は、1部は前回も聞いていたので、どうでもよかったですが、2部はタメになりました。多彩なデータを見ることができたのが一番大きいです。データの裏づけがあるのはいいですね。鵜呑みにしてはいけませんが。もっとも、そのデータを個人で集めるのも大変ですしね…(笑)。

 

☆前回のセミナーに引き続き、またまた無料で投資本をいただきました。今回は1800円の本をゲット。さらに手帳とボールペンも…。さすがは外為ドットコム♪ またセミナー開いてください(笑)

 

人気blogランキング
ためになった方は…(笑)。

ライブドアショックから学ぶ

今日は、ライブドアショックから学びたいと思います。

ライブドアショックは、“マネックスショック”だか、“東証ストップの予告ショック”だか、いろいろな言い方をされていますが、結局のところ、ライブドアの一件がなければ、後の二つは起きなかったわけですので、当ブログでは、ライブドアショックと呼ぶことにします。)

 

さて、そのライブドアショックですが、まだまだ問題の解決には時間がかかりそうです。この問題については、『ヒューザー小嶋社長の証人喚問の印象を薄くするため』だとか、『堀衛門(ホリエモン)をつぶすため』だとか、『強引なM&Aを抑制するため』だとかいろいろ言われていますが、当ブログではどうでもいいです…(笑)。本当はしっかり吟味したほうがよいのでしょうけど、政治的なモノが見え隠れするので、取り扱うのがバカらしいです。

ライブドアは、経営方法自体に問題があったわけで、MSCBを発行した時点で私にとっては投資の対象外です(もともとライブドアには興味がありませんでしたが…)。ライブドア保有者の方には、個人投資家が多かったみたいなので、本当にお気の毒です…。 

 

…というわけで、今日取り扱いたいテーマは“ライブドアショックから学ぶ”です。ここで私がいいたいことは、前述したような事件の内容ではありません。

ライブドアショックで資産を失った方が多く見受けられます(私もその一人です)。話しておきたいことは、この部分です。つまり、『株式投資をしながらいかにして、緊急事態から自分の資産を守るか?』ということです。

 

ライブドアショックは、今後少しずつ収束の方向に進んでいくでしょうが、今後も株式市場で同様な事態が起こりうる可能性があります。その代表としては、“地震などの天災”や“テロなどの人為的事件”です。これは突発的に起こりうる、かつ、相場全体を下げる可能性がある要因です。

今回の事件でわかった問題点とその対処法についてみていきます。 

 

1、相場全体の下げ

株価が一時的に下げることは、なんとも対処の仕様がないのですが、優良株を持っていればある程度防ぐことができます。もし下がったとしても、優良株は戻りが早いのが特徴です。銘柄選びを自信のあるものにしていれば、株価がいくら下がっても関係ありません。株価が一時的に下がっても、会社の価値が下がっていないと判断していれば、保有し続ければいいのです。 時間が解決してくれると思います。

  

2、売り注文の殺到

自信がなく、株価だけ追いかけてしまった銘柄があるとします。こういう銘柄は、普段から持たないほうがよいのですが、私のように持ってしまうことがあります…(笑)。そういうときには、急いで売り注文を出したいものですが、肝心の証券会社の口座が開けません。(少なくとも私はそういう思いをしました。)

理由は、投資家の殺到です。それは、人気がある証券会社ほどログインする投資家が増えて、結果的にサイトにつながらなかったり、注文が大幅に遅れたりします。通常時であれば、手数料が安いところで済ませればよいことですが、緊急時ではネットが機能しません。これは、インターネット取引の盲点でした。

私の場合、たくさんの証券会社に口座を開いているにもかかわらず、メイン口座をイートレード証券(口座開設数ナンバー1)に絞っていたので、サイトが重くなり、身動きが取れなくなってしまいました。今後は、複数の証券会社に資金を分散する必要があることを痛感しました。

 

3、分散投資の必要性

私は分散投資が好きで、ブログでもそれを推進してきたつもりです。いくらよい投資対象があっても、集中投資はちょっと危険かなと思います。例えば、投資銘柄が少ないと、企業分析をしっかりできたり、動向を追いやすかったりなど、いろいろメリットがあると思いますが、今回のような事件が起きたら悲惨です。自分が優良株だと思って集中投資していたときに、粉飾決算など事前の判断材料ではどうしようもないようなことが起きてしまったら、目も当てられません。最悪です。

あとは、日本株だけでなく、他の投資対象にも目を向けるという意味での分散投資も必要です。ライブドアショックが起きても、インド株の投資信託はほとんど変化ありませんでしたし、外貨投資であれば円安になっていたので、逆にプラスに働いていました。盲目的に株だけに投資するのではなく、もう少し広い視野で望みたいです。

 

みなさんも、今回の一件で、何かしら感じることはあったと思います。「これだから、株は怖いんだよな~。」の一言で済ませるのではなくて、どうすれば安全な資産運用ができるかを考えてほしいと思います。 

 

☆ライブドアショックをポジティブに考えて、今後の投資計画の指針に役立てましょう!    

 

人気blogランキング
このブログは、みなさまのお力で運営されております。

本サイトは、株式投資初心者の方向けの『やさしい株のはじめ方』です。

祝 1500万円突破!

私事で恐縮ですが、投資資金が1500万円の節目を突破しました~!(含み益込みです)  これは、とってもおめでたいです♪(自分で言っちゃっています…(笑))

 

実は、この金額、ただの節目ではないのです…。このブログに当初からお越しの方は、すでにお気づきかもしれませんが、なんと今日で当初の投資資金の2倍になったのです(すなわち、利回り100%達成?)。

 

2005年の1月に、元本750万円ではじめました。それが今では、倍の1500万円です…(株を始めていなかったら、プラス分の750万円はありません)。

常に、すべてのお金を株に投資していたわけではないので、自分なりには、かなり頑張ったと思います。(途中からは、信用取引も取り入れていますが…)。『初心者でも頑張ればできる』という証明ができつつありますね。

 

…しかし、ここで終わりというわけではありませんので、ただの通過点に過ぎないのも事実です。今後もがんばって行きますので、よろしくお願いします!

 

<今日頑張った銘柄>

おとといに買った、ジャパンベストレスキューシステム(JBR) 789000円(+80000円↑11.29%)が頑張りました。サイバーファームも相変わらず堅調です。日経平均が軟調の中、新興市場の銘柄が下支えしてくれました。

 

<IPO情報>

コスモ証券の主幹事が来ました(岩井証券という銘柄←TOKYO IPOへ) 少々穴場だと思うので、積極的に狙っていきましょう♪ 口座開設されていない方はお早めに…。

 

人気blogランキング
このブログは、みなさまのお力で運営されております。

時間とお金の投資

『時間とお金』は“投資”と“浪費”に区分されます。
(いきなりすごい出だしです…(笑)。今日は長い文章ですが、タメになるお話ですよ!)

(以下、平成・進化論さんのメルマガから引用しています。よい話だと思ったのでブログに載せました。お時間あればぜひご一読を!! 最後に私の考えを少し…)

■勉強熱心なあなたはすでによくご存知のとおり、
 お金の使い方には大別すると二種類の使い方があります。
 一方は【 投資 】であり、一方は【 浪費 】。

■たとえば、あなたが仮に

 ▼セミナーに行ったり、
 ▼書籍を購入したり、
 ▼ノウハウや知識、情報を手に入れるための教材を買ったり、
 ▼学習するための環境づくりのために書斎を別途設けたり、
 ▼学習効率を高めるために各種の文房具などを購買したり、
 ▼仕事の速度を速めるためにIT関連商品を入手したり、
 ▼各界で活躍される方との交流を深めるために会食をしたり、
すれば、これらの出費は、すべてあなたの未来を切り開くための【 投資 】となることでしょう。

■翻って、あなたがもし、

 ▼特段の目的もなく銀座や北新地、六本木のクラブで一晩
  数十万円からの豪遊をしたり、

 ▼単なる見栄だけのために、高級車や高価な衣装、アクセサリー、その他、奢侈品を購入してみたり、

 (これ以外にあんまり思い浮かばないんですが、いろいろあるんだとは思います)
 

 などなど、なんらかのリターンを考えることなく、ただ、ひと時の宴、享楽に身を沈めんがための出費であれば、これは同じ出費であっても、前者とは異なり、【 浪費 】と呼んでも差し支えないでしょう。

 <注記>何らかの然るべき目的があれば、銀座豪遊も高級車、高価なアクセサリーなども【 投資 】となることもあるかとおもいます。

一概に、すべてひっくるめて【 浪費 】といっているわけではありませんので念のため。

■話がそれました。

 出費に【 投資 】があり、かたや【 浪費 】もある。

 実はこれ、なにも金銭的なことに限ったものではありません。

■「時間」という概念においても【 投資 】と【 浪費 】、の両方があることを厳に自分に言い聞かせ、

 未来に対するリターンのある【 投資 】の範疇に入る行動だけに徹底的に自分の時間を張っていくことが必要になるのです。

■どうしたら成功できるのですか?

 という質問は至るところで聞くことがありますし、

 そもそも「成功」という定義が人によってまちまちなため、
 まず定義の確認から本来は行わなければならないものなのですが、

 さはさりながら、で、

 この際、一般的に世の中で語られているところの「成功」
 ということに焦点を合わせて、お話をするとすれば、

 <成功するための原理原則>なんて極めてシンプルなのです。 説明するのに10秒もかかりません。

■答えは

 「お金と時間」を、

 【 浪費 】のジャンルに入るものではなく
 【 投資 】のジャンルにくくられるものに、すべて投入すること、

 これにつきるのです。これだけといっても過言ではないでしょう。

■わかっていても出来がたいことだから、世の中に「成功者」といわれる人が少ないわけですが、

 もし上記のこと、仮に要領がよほど悪かったとしても、ただ一つ、愚直に行い続けることができれば、

 その人は嫌がおうでも【 成功せざるをえなくなる 】に決まっているのです。

■これはまた機会があったら語ろうと思いますが、

 成功のための原理原則は、「成功ビジネス」によってあの手この手で方法論が都度都度、改変されては入れ替わり立ち代り出てくるものであり、

 本来は、このこと原理原則さえ学べば万事OK!なのではないかとも思っているのです。

■ただ、私はそのことを身体で知るまでに、やはり家一軒立つくらいの
 
 【 成功哲学投資!? 】
 を実地、食うや食わずで行ってきたから、いえるわけなんですが。。。
 

■そんなわけで、あなたの持っているお金と時間をすべて、未来のリターンを見込める【 投資 】の分野に集中投入してみられてはいかがでしょうか。

 本気で100%、これを行うことができたら、どんな要領の悪い人でも3年以内で、

 要領のいい人ならそれこそ数ヶ月くらいで、周囲をあっと驚かせることができる結果を出すことができるはずです。

■一度、これを機会に自分の所有するお金と時間において

 【 投資 】【 浪費 】

 の区別をして、 いったい自分がどの程度、未来に向けて資源を張っているのかをチェックしてみられるのもよいかもしれませんね。

■「どうしたら成功できるのかわからない」と嘆いている人に限って
 
 【 浪費 】  の分野の比率が圧倒的に高かったりするものです。

■金銭的・時間資源を浪費しつづけながら「成功」という結果だけを求めるのは、

   【 結果には必ず原因あり 】

 の世の中の大原則に真っ向から反することとなるでしょう。 ぜひ、あなたの金銭と時間の使い道を立ち止まってチェックしてみられることをお勧めします。

【まとめ】          
■お金に浪費と投資の二種類あることは、知られていても、時間にも浪費と投資の二種類があることを強く意識しなければならない。

■「成功」を得るには「お金」と「時間」の二つの重要な資源を、<投資>の分野に徹底的に叩き込む決意と覚悟が必要。

■「お金」と「時間」を<浪費>の分野に垂れ流しながら、いわゆる「成功」を求めるのは、【 結果には必ず原因あり 】 の大原則に大きく外れることを深く知るべきであろう。
           (以上平成・進化論さんのメルマガです)

☆“浪費”で楽しむのも大いに結構だと思いますが、“投資”をしていかなければ、人間的に成長できません。かくいう私は、昨年1年、思いっきり投資に没頭した年になりました。

お金を増やすための『株式投資』。知識を増やし、資格取得への『自己投資』。私も成功(?)したいですから…。

…没頭

薬王堂もストップ高。

このところの相場は、かなり荒れ模様ですね。『下がるのかな~?』と思えば、上がりますし、『上がるのかな~?』と思えば下がります…(汗”)。何だかよくわからない相場ですが、不安定な相場という事実だけは存在しています。

 

…こういう不安定なときは、みなさんどう対処していますか? 下がったときは、売り圧力に負けて、損切りしますか?上がったときは、買い圧力に乗って株を買いますか?

 

私がおすすめするのは、『何もしないこと(株の売買は…)』です。不安定な相場であれば、それだけ投資家の心も揺れます。この状態で取引をすると、いつものような(?)正確な判断ができなくなる恐れがあります。私のような素人投資家であれば、たいてい下手に動いて損失を出します。ですから、株を売ろうかな~と考えたときは、買った当時の銘柄選択の自信を思い出して、本当に売るべきかどうなのか?を考えたほうがよいと思います。株価が落ち着いてから売り買いしてもよいのです。あせらずに落ち着いた判断を…。

…(補足です)あまりにもきつい下げ局面であれば、少しナンピン買いをしておくのも手だと思います(取得単価を下げるため)。

 

<保有株情報>

薬王堂が一時ストップ高しました(関連記事です)。1:2の株式分割が好感されたようです…。これで、4日連続のストップ高を体験できました!(銘柄はそれぞれ違いますが…)

2006年の出だしから、“ありえないロケットスタート”で息切れしないか心配です…(笑)。(当ブログは、ストップ高銘柄を発掘するブログではありませんので、お間違いなくお願いします。4日連続ストップ高もタマタマです(笑)。)

 

ヴィレッジヴァンガード 2490000円(+100000円 ↑4.18%)

チムニー 3540円(+290円 ↑8.92%)

愛知電機 475円(+20円 ↑4.40%)

  

分散投資を楽しめている感じがします♪ 

 

 人気blogランキング
このブログは、みなさまのお力で運営されております。

本サイトは、株式投資初心者の方向けの『やさしい株のはじめ方』です。

株のがっこう(マネックス証券)

去る1月6日、『株のがっこう』が開かれました。これは、マネックス証券の主催で、東証(東京証券取引所)にて行われたものです。

 

株のがっこうの趣旨は、「もっともっと株や投資のことを知ってほしい!」ということだそうです。具体的な活動は、『1、東京証券取引所の社会見学  2、株や経済に関する授業  3、3ヶ月間のオンライントレード』です。

 

義務教育の小・中学校では、学べない内容ばかりですので、参加された方は大変有意義な時間を過ごされたと思います。さらに、参加モニターとして、マネックス証券から10万円の投資資金を進呈されたそうですから、これまたウラヤマシィですね~。

ちなみに、この投資資金の最終損益のすべては、子供の口座にいただけるそうです。 うちの子も参加させたいですね(後ろで手を引いて…しめしめ(笑))。そのための道のりは…  パートナー探し→結婚→出産→子育て(お金に興味を持たせる)が必要です。おいおい、何年かかるのよ…(笑)。

 

 以下は、マネックス証券CEO 松本 大(おおき)さんが書かれている株のがっこうに対するメルマガの抜粋です(メルマガは口座開設している方に送られます)。

 

“今日、マネックス証券とマネックス・ユニバーシティの共催で、「株のがっこう」を開校しました。小学5年生から中学3年生まで、全国から28人のお子様と、その保護者の方(計28組)に東京証券取引所に集まって頂き、株とは何か?株主になるということは?とか、市場の仕組み、投資の考え方などについて講義を受けて頂きました。

途中、東証内での皆さんとのランチや、東証見学なども行いました。集まって頂いたお子様は、「お金について思うこと」や「投資によって実現したいあなたの夢」などのテーマに400字以上の作文を送って下さった約660名の中から、当社の社員が全て読んだ上で選抜させて頂いた方々です。私も冒頭のあいさつをさせて頂いたのですが、56個の真剣な瞳に、ワクワクする気持ちと共に、責任を感じました。

 何と言ってもビックリしたのは報道陣の多さです。私がざっと目視で数えただけでも、テレビカメラ5台、ビデオカメラ5台、スチルカメラ15台も集まっていました。芸能人の婚約発表か?とも思われるような熱気でした。明らかに世の中が変化してきています。

学校で国語・算数・理科・社会を習うのは、実社会に出てからそれらの知識・知恵が、社会生活をしていく上で役に立つからです。これからの実社会を生きていくためには、金融や投資、株式市場に関する知識は、『うまみ』として重要になってくるでしょう。しっかりと『責任』を意識しながら、「がっこう」を運営していきたいと思います。(以上抜粋)”

  

…証券会社が学校に変わって直接の授業ですね。授業を受けられた方は、経済の知識を備えたりっぱな大人に育ってほしいです。

 

☆株式投資が一般家庭にも普及していくのは、自分の同志が増えるようで何だか楽しいですね♪ 子供に負けないように頑張らなくちゃ~!

 人気blogランキング
このブログは、みなさまのお力で運営されております。

本サイトは、株式投資初心者の方向けの『やさしい株のはじめ方』です。

2005年逆アクセスランキング

本日の大発会、大納会に下げた分を戻しましたね。
私も無難に好発進することができました!

今年もよい年になりますように♪

 

<2005年 逆アクセスランキング>

2005年に『やさしい株のはじめ方』と『たまごの投資日記(当ブログ)』を立ち上げたわけですが、ここにたどり着くまでにたくさんの方にお世話になりました。その方たちに敬意を表し、2005年に逆アクセスいただいた相互リンクの方トップ10を紹介したいと思います(敬称略)。

 

1位 株50円ショップ
-アクセス数・情報量ピカイチです!

2位 10代からの株式投資
-ひかるさんはデキル10代です! いろいろとありがとう!

3位 株・信用取引初心者入門ナビ
-信用取引はここでばっちり!

4位 連敗投資家の知恵
-失敗を成功に変えていらっしゃいます!

5位 初心者の挑戦ものがたり
-株初心者の方は一度は訪れたいサイト!

 

6位 ゆったり投資生活
-ぺぺさんとは実生活でもお世話になっています!

7位 副収入の達人
-ブッチャさんがいなかったら、今の自分はいません!

8位 ニートのデイトレ風林火山
- (旧 わびさび投資家の隠れ家)きれいなサイトです!

9位 株リンク.jp
-かぶりんさんの個人サイト儲かりレーダーは必見!

10位 puffettの銘柄選び
-大学院生のpuffettさんとは仲良し投資仲間!

次点 そういちろうの株式投資三昧
-具体的に銘柄を検証されているサイト!

 

残念ながら、10位までには入りませんでしたが、12月後半ランキング1位を取った“しお”さんの『初心者のための割安株ドットコム』、kazuさんの『株式投資生活』が急成長されています。

美人秘書シェラさんの『社労士OLの生活術』、マンデリンさんの『株でお気楽生活できるでしょうか』、くるりんさんの『ノミでもわかる株入門』は数少ない女性サイトとして、管理人を楽しませていただきました♪

 

 

☆2005年は、この他にも、たくさんの方に相互リンクをしていただきまして、本当にお世話になりました。みなさま全員を紹介できずに申し訳なく思っております。

今後も末永いお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2006年目標

どんなことをするでも、目標は必要です。目標を定めることで、エネルギーがわいてきます。

 

例えるなら、42キロも走る“マラソンランナー”も、ゴールという目標があるからこそ頑張れるのです。もし、ゴールがなければ、しっかり走れるでしょうか?どこに行ったらよいのかわからないので、混乱することでしょう。

 
 

言うなれば、私たちも人生のマラソンランナーです(…ちょっとくさいですが)。区切りのよいときに目標を立て、こうありたいと願う目標へ向かって進みましょう。

 

さて、前置きはこの辺にして、私の目標ですが、2006年はこのように行きます!

 

■株の利回り20%を目指します!

昨年は、70%超というありえない好成績でした。これは明らかにできすぎです。一言で言えば事故です。昨年のような気持ちで望めば、痛い目を見ることになるかもしれません。流れが変わる可能性おおいにあります。

…というか変わって当然です(笑)。ですので、前年の目標利回りは『10%』と設定しましたので、2年目の今年は倍の『20%』を目指す。謙虚な設定というよりもこれが現実的なんです。コレを達成した場合は+260万円(1300万円×20%=260)になります。
 

 

■外貨投資はじめます!

昨年はバーチャル(練習)で終わってしまったので、今年は外貨に少しずつ回していきます。どちらかというと、守りの投資として位置づけています。外貨投資の理屈は理解しました。

 

■金融資産を2000万円台に!

なんとかして、金融資産2000万円台に乗せたいと思っています。株は限界がありますから、他の柱を充実させたいです。将来的に、ローンに頼らず家を建てたいと思っているので、この目標は貪欲に狙って行きたいです。 

 

☆こんなことを書くと、金の亡者のように思われるかもしれないですが、そうではないのです。あくまで、お金は幸せへの“ツール”のひとつです。金儲けが人生の目的ではありません。

 

★次のような不安が取り巻いていることも、頭の片すみに覚えておいたほうがいいかもしれません。

・預金していても、利息が付かない↓
・勤続年数だけでは給料は上がらない↓
・国の借金は増えているので、税金は増える↑
・金利が上がれば、国の借金も増える↑
・デフレ脱却で、貨幣価値は下がる↓
 

 

☆☆☆2006年、みなさんにとって、素敵で幸せな一年になりますように! ずっと笑顔で生きてゆきたいですね♪

(2005年総括もよろしくです…前編・中編・後編)

  

人気blogランキング
ランキングに参加しています。

FPの資格を持つひっきー・みっちー・タクヤ・アオキが投資について考えます