景気動向指数(DI)

 今日は、景気動向指数(DI)について紹介します。

昨日、内閣府から景気動向指数(DI)というものが発表されました。この指数は、毎月発表され、景気の動向を図る指標となります。50%というのがひとつの目安になるわけですが、それより高い数値が出ると好景気へ、低い数値がでると不景気へという流れなるわけです(この指数だけでの判断は横着ですが…)。また、景気に先行して動く先行指数、景気と並行して動く一致指数、景気に遅れて動く遅行指数とあります。
 今回の発表では、その一致指数16.7%50%を大きく割り込みました。政府の発表では、「生産関連の指標が低調で、前年がうるう年であったこと響いた、3月は生産関連の指標が改善し、一致指数が50%近くになる、今は景気の踊り場」とのこと。
 来月の発表がみものですね。一致指数50%行くのか…。

 それにしても、踊り場、踊り場っていつまでおどってるんでしょうねぇ~? なんか1年以上この言葉聞いているような気が…。踊らされてるのは…われら国民か(笑)!?

 …日本の景気回復は、まだまだ先のようですね。
 

▼今日は下げました。日本冶金工業マニーが下げました。昨日の勝ち分が飛んでいきました~(涙)。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加しています。

配当について②

今日も配当についてです…。
昨日お話ししていたことが、今日の日経新聞の夕刊に載ってました…(笑)
こんな記事です。

『任天堂、130円増配』

今までの配当140円を130円増やして270円にするというものです。
ニンテンドウDSが好調であったこと、為替差益で200億円が浮いたこと、増配を求める声が強まったことが背景にあったようです。
この発表で任天堂の株価は370円上がり、12240円(△3.12%)となりました。
配当が270円になったことで、配当利回りは、1.14%2.20%と大きく上がりました!

…これからは、他の企業も買収に備えての増配し、株価を上げて企業価値を高めるという流れが起こってくるのではないでしょうか? そんな株を発表前にゲットしていくのが、今のチャンスだと思います!さぁ、次はどこが増配の発表をするのでしょうか(笑)?

☆今日も持ち株は調子よかったですね。日本冶金工業日本郵船あたりががんばりました。ひそかに日本冶金工業は500株買いましです。サン電子、マニー、名機製作所もちょろっと買いました。

人気blogランキング
ブログランキングに参加しています。

配当について

今日は株の「配当の基本」についてです。
ホームページの更新をしていて思ったことです。

株の配当金は多ければ多い方が自分に現金が入ってきます。これは当たり前ですね(笑)
ただ高すぎる配当もちょっと考え物です。
配当は権利確定日だけ株を持っていれば、受け取る権利が発生します(配当のしくみ)。ということは、権利さえ取ってしまえばもう用がない人もいますから、権利確定日を過ぎると一気に株価が下がってしまいます(経験済)。まぁもともと業績が好調な銘柄なら株価は戻ってくるんでしょうけど。…う~ん、高配当の配当取ろうと思ったら、2~3ヶ月前から仕込んでおく必要がありそうですね。(こんなことはみなさん知ってますよね…。まぁ、基本ですんで(笑))

 話はちょっと変わるのですが、一連のライブドアの問題から、企業買収に関するテーマがあちこちで取り上げられています。そのテーマの一つとして『買収に備えて株主の数を増やそう!』というものがあります。

どうやって株主を増やすのか?

答えは、配当を増やして(増配)株を買ってもらおう!です。ここで配当が出てきます。配当が多ければ株主が寄ってくるという発想です。個人投資家は、高配当や優待が好きですし(私も含めて)、ペイオフも解禁になったのでその受け皿にもなるかもしれません。日本はキャッシュリッチ(保有資産が多い)の会社が多いですから 増配してどんどん株主に還元していくべきですね!!(私がただ、配当欲しいだけなんですが…)

将来的には株の配当金だけで生活ができるといいですね~♪

○今日は、日本郵船東燃ゼネラル石油日本冶金工業(いずれも1000株だけ)が頑張ってくれました。3万円ぐらいプラスです。

☆人気blogランキング
クリック応援お願いしま~す!!

最近思うことです。

今日は、最近思うことを書きます!
それは、日本って大丈夫か?ということです。
これではちょっとテーマが大きすぎますね…(笑)

もう少し小さくして、日本のって大丈夫か?に変更します…(あんまり変わってないか(笑))。
ホームページ内でも少し触れているのですが、日本は大きな借金をしています。借金時計さんを知ったときに痛感しました。いつかは国にやられるな…と。借金の解決策は、大増税かもしれませんし、超インフレかもしれません…。

 その中でも残念ながらすでに確定していることがあります!
それは、国の借金=国民が負担=国民の借金ということです。
今国民一人当たりの借金が約600万円です!
これは、借金ですから遅かれ早かれ返さなくてはなりません。

もし支払いが増税という選択なら、お金持ちの人が多めに払うことになるので(たぶん)、なんとかなりそうですが、
インフレが起こったら悲惨です。日本の貨幣価値が下がり、りんごが一個1万円とかなってしまいます(極端ですが…りんごが好きなので(笑))

そういうことを考えていると、やっぱり外貨とかでもを持とうかな~と思ってしまうんですよね。個人向け国債なんて…、…やめときます(笑)。
まぁこんなことを考えているような人間が日本の株に投資していることもおかしな話ではあるんですけど(笑)。そこのところは筋違いですが大目に見てください…。慣れてきたら外にも目を向けるつもりですから…。

☆今日も東燃ゼネラル石油少し伸びましたね。1000株しかないですけど(笑)

☆人気blogランキング
初のランクダウンです、本日は220位でした!クリック応援お願いしま~す!!

新サイトオープンです!!

やさしい株のはじめ方」というサイトを無理やりオープンしました(まだ50%の出来ですが)!
株の知識が少ないため、自分も勉強していくつもりで作っています。
私のように初心者の方株はじめてみようかなと思っている方にはちょうどよいくらいのレベルかと思います!こちらのほうのサイト運営もがんばりますので応援よろしくお願いします。
←ひそかにプロフィールも更新してます(矢3本はマイダーツです!)。

☆文章力が全く無いので、ホームページ内の稚拙な表現はお許しください…。これは私の苦手分野である表現するということについての自分への挑戦でもあります。パソコン初心者、株初心者、ホームページ作りの初心者が気合をこめて頑張ります!!

人気blogランキング
またランクアップしました、本日は216位でした!いつもありがとうございます。

オリックス証券(おすすめ証券会社)

オリックス証券

~取引手数料が業界最安値~

 オリックス証券の魅力は、成り行き注文、指値注文ともに50万円までの売買手数料が業界最安値! さらに、信用取引の安さ(300円)ならオリックス証券です。

50万円までの売買手数料がなんと735円です!
 一覧表を見ていただければわかりますが、50万円までの売買手数料がなんと735円なんです!これはイートレード証券に並び業界最安値です。

口座開設がお得です。
 口座開設後1ヶ月間は売買手数料が無料です(~4月28日まで)!何度取引しても無料ですから、株の売買を気軽にできますね。

信用取引の手数料一律300円です。
 取引に慣れてきてくると信用取引にも興味が出てくるかもしれません。そのときにはオリックス証券がおすすめです。たったの300円で信用取引ができるのはちょっと安すぎます。手数料が安いといわれるイートレード証券でも577円(オリックスの約2倍)です!

取り扱い商品一覧
 MRF・MMF・投資信託・IPO・外国株式・転換社債

 ←おすすめ証券会社へ戻る       オリックス証券の資料請求へ進む→

副収入の達人

今日は、こないだからお世話になっている「副収入の達人」(buttyaさん)を紹介します。

「副収入の達人」のbuttyaさんは、副収入で(株式投資含む)でなんと1814万円も稼いでいらっしゃいます!!
サイト内では、太っ腹にも副収入でのかせぎ方をネット上で公開しています。
初心者でも稼げるように、1からていねいに紹介していらっしゃるので、どなたでも参考になると思います。
株に始まって、アフィリエイト、ホームページの作り方、ヤフーオークションのやり方…。
種類がたくさんありすぎてここでは紹介しきれません。
運営者であるbuttyaさん自身もお人柄のよさそうな方でとても好感が持てます!
興味のある方は一度訪ねてみてください!
必ず何か得るものはあると思いますよ。

…みなさまのおかげで、一日でランキングが500位まで上がりました!!
ありがとうございます!人気blogランキング

リフォーム。

今日は「リフォーム」についてのお話です。

とは言っても、うちがリフォームをするわけではありません(笑)。
『リフォーム業界が熱い!』という話です。

…あるテレビ番組を見ていたところ、「リフォーム業界が熱い!」と言う話をしていました。
たしかに、テレビ番組でも『劇的! ●フォー アフター』という番組をやってます。
聞くところによると、「団塊の世代(60歳ちょい前)が退職し、余ったお金をリフォームに回す」というものでした。

データの裏づけもあり、
家を新築する流れよりも、リフォームする流れが年々増え続けているようです。
特に、高付加価値が付いたものが人気になりつつあります。

その主役となる企業が、
住生活グループ』と『TOTO』です。
どちらもリフォームに対しての大手企業です。
住生活グループというのは、INAXとTOSTEMが持ち株会社としてできた「トータルハウジング」の会社です
TOTOは陶器製品が代表される会社です。よくトイレの便器に「TOTO」と印字してありますね(失礼)。

この二つで、私は特に『TOTO』が気になりました!
それは、「身近に感じること。国内シェアが高いこと。」
詳しく調べてみます!

…この話題で思ったことは、今後の株式投資においては、団塊の世代の余剰金の行方というのも視野に入れる必要があることです。勉強になりました。

明日すでに買っているかもしれません(笑)!

外国為替証拠金(保証金)取引②

 さてさて、昨日は『外国為替証拠金取引』についてお話しました。
 ちょっと反響がありました・・・。
 まだ読んでないよー、という方は、先によんでおいてくださいね。

 
 それでは、今日は仕組みとメリットについて、ですね・・・。

 まず仕組みからですが、簡単に言ってしまえば、
 『各々の国の通貨の価値の違いを利用した取引』です。
 世界の貨幣価値が時々刻々と変化しているところがミソです。
 日本の中での生活では日本円の価値は変化していることが非常にわかりにくいのですが、
 相対的に外国の通貨と比較したら、数字となって現れます。

 毎日、今日は円高だ、円安だといってるのがそれですね。

 
 次にメリットです。

 米ドルを例にとってみましょう。
 ようは、円高の時に米ドルに換えていて、円安の時に日本円に戻せばもうかるわけです。
 実際に数字で考えると、円高(1ドル=100円)の時に10000円をドルに換えると、
 100ドルになります。 

 それを、円安(1ドル=105円)の時に日本円に換えれば10500円(手数料は無視する)になり、差額がもうかるわけです。

 しかも、これだけではなく、さらに『スワップ(日本円とドルの金利差)』という金利がつきますから、
 外貨預金のような側面も持っています。
 それでいて、外貨預金よりも手数料が安いのです(約10分の1~40分の1)。

 
 このように、メリットもあるので、大事なのは付き合い方だと思います。
 適当にやれば危険な博打です。相当なハイリスクになります(紹介しきれてませんがレバレッジ効果というのもあります)。 しかし、リスクを管理できれば、優秀な外貨預金にもなります。

 ・・・少しは理解していただけましたでしょうか?

  
・・・・・まだ終わりではありませんが、
 しっかりお話しますとどんどん長くなっていってしまうので、
 今回はこれで終了とさせていただきます。

 今後これについては、
 ホームページで取り扱っていこうと思っております。

 詳しく知りたい方は、少し気長にお待ちください・・・。
 がんばってつくりますので。

 
 

外国為替証拠金(保証金)取引①

 皆さん外国為替証拠金取引をご存知でしょうか?
 今日はこの、『外国為替証拠金取引』という金融商品の性質について、お話したいと思います。

 私が初めてこの言葉を聞いたのが、
 とある、ニュースをみている時のことでした。
 よぼよぼのおじいさんが出てきて、インタビュアーにこういったのです・・・。

 『老後の資金の運用を考えている時に、営業マンにこう勧められたんじゃ~。
手数料も安くて、金利が高い! 絶対に儲かるからわたしにまかせてください!」・・・と。
まぁ大丈夫だろうと思って、全部貯金を渡したんじゃ~・・・。』

・・・・・・その結果どうなったと思いますか?
 なんとなく予想できると思います。

なんと、たったの2ヵ月半で 2000万円あった通帳が
500円くらいになって返ってきたのです・・・。
いっぺんに老後の資金がなくなってしまいました・・・。

裏で、一体何があったんでしょうか?

そもそもが、こんな業者に2000万円も渡すこと自体が・・・なんですけどね・・・(汗)

実はその業者、最初から詐欺をしようとしていたのです。 
お金を受け取り、ある程度の月日が過ぎたころ、突然客に、

『すみません、損をしました。残念ですがこれだけになってしまいました(500円をみせる)。』
と結果を最終報告をするだけです。
途中経過の報告は一切ありません・・・。
もし、途中で報告をしたら、解約されるかもしれませんからね。

しかも、業者がさらに厄介なのが、
『本当は取引自体(為替取引)しているかどうかわからない』ところなんです。
架空の取引で「損をした」、とだけいうケースもあるようです。

これはひどいですね。
ああおそろしい・・・。

まさしく、詐欺ですね!!

いきなりこんな話(デメリット)をしてしまっては、
「こんなもん絶対やらんわい!」といわれそうですが、商品の性質を理解していなかったため(もちろん業者が一番悪いのですが)招いてしまった悲劇なのです・・・。

 ○今回は外国為替証拠金取引最悪なケースについてお話しました。
 明日は、実際の仕組みとメリットについて考えます。
 私も前向きに取引を開始しようとしています・・・。詐欺師には会いませんように(願い)。

FPの資格を持つひっきー・みっちー・タクヤ・アオキが投資について考えます