時間とお金の投資

『時間とお金』は“投資”と“浪費”に区分されます。
(いきなりすごい出だしです…(笑)。今日は長い文章ですが、タメになるお話ですよ!)

(以下、平成・進化論さんのメルマガから引用しています。よい話だと思ったのでブログに載せました。お時間あればぜひご一読を!! 最後に私の考えを少し…)

■勉強熱心なあなたはすでによくご存知のとおり、
 お金の使い方には大別すると二種類の使い方があります。
 一方は【 投資 】であり、一方は【 浪費 】。

■たとえば、あなたが仮に

 ▼セミナーに行ったり、
 ▼書籍を購入したり、
 ▼ノウハウや知識、情報を手に入れるための教材を買ったり、
 ▼学習するための環境づくりのために書斎を別途設けたり、
 ▼学習効率を高めるために各種の文房具などを購買したり、
 ▼仕事の速度を速めるためにIT関連商品を入手したり、
 ▼各界で活躍される方との交流を深めるために会食をしたり、
すれば、これらの出費は、すべてあなたの未来を切り開くための【 投資 】となることでしょう。

■翻って、あなたがもし、

 ▼特段の目的もなく銀座や北新地、六本木のクラブで一晩
  数十万円からの豪遊をしたり、

 ▼単なる見栄だけのために、高級車や高価な衣装、アクセサリー、その他、奢侈品を購入してみたり、

 (これ以外にあんまり思い浮かばないんですが、いろいろあるんだとは思います)
 

 などなど、なんらかのリターンを考えることなく、ただ、ひと時の宴、享楽に身を沈めんがための出費であれば、これは同じ出費であっても、前者とは異なり、【 浪費 】と呼んでも差し支えないでしょう。

 <注記>何らかの然るべき目的があれば、銀座豪遊も高級車、高価なアクセサリーなども【 投資 】となることもあるかとおもいます。

一概に、すべてひっくるめて【 浪費 】といっているわけではありませんので念のため。

■話がそれました。

 出費に【 投資 】があり、かたや【 浪費 】もある。

 実はこれ、なにも金銭的なことに限ったものではありません。

■「時間」という概念においても【 投資 】と【 浪費 】、の両方があることを厳に自分に言い聞かせ、

 未来に対するリターンのある【 投資 】の範疇に入る行動だけに徹底的に自分の時間を張っていくことが必要になるのです。

■どうしたら成功できるのですか?

 という質問は至るところで聞くことがありますし、

 そもそも「成功」という定義が人によってまちまちなため、
 まず定義の確認から本来は行わなければならないものなのですが、

 さはさりながら、で、

 この際、一般的に世の中で語られているところの「成功」
 ということに焦点を合わせて、お話をするとすれば、

 <成功するための原理原則>なんて極めてシンプルなのです。 説明するのに10秒もかかりません。

■答えは

 「お金と時間」を、

 【 浪費 】のジャンルに入るものではなく
 【 投資 】のジャンルにくくられるものに、すべて投入すること、

 これにつきるのです。これだけといっても過言ではないでしょう。

■わかっていても出来がたいことだから、世の中に「成功者」といわれる人が少ないわけですが、

 もし上記のこと、仮に要領がよほど悪かったとしても、ただ一つ、愚直に行い続けることができれば、

 その人は嫌がおうでも【 成功せざるをえなくなる 】に決まっているのです。

■これはまた機会があったら語ろうと思いますが、

 成功のための原理原則は、「成功ビジネス」によってあの手この手で方法論が都度都度、改変されては入れ替わり立ち代り出てくるものであり、

 本来は、このこと原理原則さえ学べば万事OK!なのではないかとも思っているのです。

■ただ、私はそのことを身体で知るまでに、やはり家一軒立つくらいの
 
 【 成功哲学投資!? 】
 を実地、食うや食わずで行ってきたから、いえるわけなんですが。。。
 

■そんなわけで、あなたの持っているお金と時間をすべて、未来のリターンを見込める【 投資 】の分野に集中投入してみられてはいかがでしょうか。

 本気で100%、これを行うことができたら、どんな要領の悪い人でも3年以内で、

 要領のいい人ならそれこそ数ヶ月くらいで、周囲をあっと驚かせることができる結果を出すことができるはずです。

■一度、これを機会に自分の所有するお金と時間において

 【 投資 】【 浪費 】

 の区別をして、 いったい自分がどの程度、未来に向けて資源を張っているのかをチェックしてみられるのもよいかもしれませんね。

■「どうしたら成功できるのかわからない」と嘆いている人に限って
 
 【 浪費 】  の分野の比率が圧倒的に高かったりするものです。

■金銭的・時間資源を浪費しつづけながら「成功」という結果だけを求めるのは、

   【 結果には必ず原因あり 】

 の世の中の大原則に真っ向から反することとなるでしょう。 ぜひ、あなたの金銭と時間の使い道を立ち止まってチェックしてみられることをお勧めします。

【まとめ】          
■お金に浪費と投資の二種類あることは、知られていても、時間にも浪費と投資の二種類があることを強く意識しなければならない。

■「成功」を得るには「お金」と「時間」の二つの重要な資源を、<投資>の分野に徹底的に叩き込む決意と覚悟が必要。

■「お金」と「時間」を<浪費>の分野に垂れ流しながら、いわゆる「成功」を求めるのは、【 結果には必ず原因あり 】 の大原則に大きく外れることを深く知るべきであろう。
           (以上平成・進化論さんのメルマガです)

☆“浪費”で楽しむのも大いに結構だと思いますが、“投資”をしていかなければ、人間的に成長できません。かくいう私は、昨年1年、思いっきり投資に没頭した年になりました。

お金を増やすための『株式投資』。知識を増やし、資格取得への『自己投資』。私も成功(?)したいですから…。

…没頭

薬王堂もストップ高。

このところの相場は、かなり荒れ模様ですね。『下がるのかな~?』と思えば、上がりますし、『上がるのかな~?』と思えば下がります…(汗”)。何だかよくわからない相場ですが、不安定な相場という事実だけは存在しています。

 

…こういう不安定なときは、みなさんどう対処していますか? 下がったときは、売り圧力に負けて、損切りしますか?上がったときは、買い圧力に乗って株を買いますか?

 

私がおすすめするのは、『何もしないこと(株の売買は…)』です。不安定な相場であれば、それだけ投資家の心も揺れます。この状態で取引をすると、いつものような(?)正確な判断ができなくなる恐れがあります。私のような素人投資家であれば、たいてい下手に動いて損失を出します。ですから、株を売ろうかな~と考えたときは、買った当時の銘柄選択の自信を思い出して、本当に売るべきかどうなのか?を考えたほうがよいと思います。株価が落ち着いてから売り買いしてもよいのです。あせらずに落ち着いた判断を…。

…(補足です)あまりにもきつい下げ局面であれば、少しナンピン買いをしておくのも手だと思います(取得単価を下げるため)。

 

<保有株情報>

薬王堂が一時ストップ高しました(関連記事です)。1:2の株式分割が好感されたようです…。これで、4日連続のストップ高を体験できました!(銘柄はそれぞれ違いますが…)

2006年の出だしから、“ありえないロケットスタート”で息切れしないか心配です…(笑)。(当ブログは、ストップ高銘柄を発掘するブログではありませんので、お間違いなくお願いします。4日連続ストップ高もタマタマです(笑)。)

 

ヴィレッジヴァンガード 2490000円(+100000円 ↑4.18%)

チムニー 3540円(+290円 ↑8.92%)

愛知電機 475円(+20円 ↑4.40%)

  

分散投資を楽しめている感じがします♪ 

 

 人気blogランキング
このブログは、みなさまのお力で運営されております。

本サイトは、株式投資初心者の方向けの『やさしい株のはじめ方』です。

株のがっこう(マネックス証券)

去る1月6日、『株のがっこう』が開かれました。これは、マネックス証券の主催で、東証(東京証券取引所)にて行われたものです。

 

株のがっこうの趣旨は、「もっともっと株や投資のことを知ってほしい!」ということだそうです。具体的な活動は、『1、東京証券取引所の社会見学  2、株や経済に関する授業  3、3ヶ月間のオンライントレード』です。

 

義務教育の小・中学校では、学べない内容ばかりですので、参加された方は大変有意義な時間を過ごされたと思います。さらに、参加モニターとして、マネックス証券から10万円の投資資金を進呈されたそうですから、これまたウラヤマシィですね~。

ちなみに、この投資資金の最終損益のすべては、子供の口座にいただけるそうです。 うちの子も参加させたいですね(後ろで手を引いて…しめしめ(笑))。そのための道のりは…  パートナー探し→結婚→出産→子育て(お金に興味を持たせる)が必要です。おいおい、何年かかるのよ…(笑)。

 

 以下は、マネックス証券CEO 松本 大(おおき)さんが書かれている株のがっこうに対するメルマガの抜粋です(メルマガは口座開設している方に送られます)。

 

“今日、マネックス証券とマネックス・ユニバーシティの共催で、「株のがっこう」を開校しました。小学5年生から中学3年生まで、全国から28人のお子様と、その保護者の方(計28組)に東京証券取引所に集まって頂き、株とは何か?株主になるということは?とか、市場の仕組み、投資の考え方などについて講義を受けて頂きました。

途中、東証内での皆さんとのランチや、東証見学なども行いました。集まって頂いたお子様は、「お金について思うこと」や「投資によって実現したいあなたの夢」などのテーマに400字以上の作文を送って下さった約660名の中から、当社の社員が全て読んだ上で選抜させて頂いた方々です。私も冒頭のあいさつをさせて頂いたのですが、56個の真剣な瞳に、ワクワクする気持ちと共に、責任を感じました。

 何と言ってもビックリしたのは報道陣の多さです。私がざっと目視で数えただけでも、テレビカメラ5台、ビデオカメラ5台、スチルカメラ15台も集まっていました。芸能人の婚約発表か?とも思われるような熱気でした。明らかに世の中が変化してきています。

学校で国語・算数・理科・社会を習うのは、実社会に出てからそれらの知識・知恵が、社会生活をしていく上で役に立つからです。これからの実社会を生きていくためには、金融や投資、株式市場に関する知識は、『うまみ』として重要になってくるでしょう。しっかりと『責任』を意識しながら、「がっこう」を運営していきたいと思います。(以上抜粋)”

  

…証券会社が学校に変わって直接の授業ですね。授業を受けられた方は、経済の知識を備えたりっぱな大人に育ってほしいです。

 

☆株式投資が一般家庭にも普及していくのは、自分の同志が増えるようで何だか楽しいですね♪ 子供に負けないように頑張らなくちゃ~!

 人気blogランキング
このブログは、みなさまのお力で運営されております。

本サイトは、株式投資初心者の方向けの『やさしい株のはじめ方』です。

2005年逆アクセスランキング

本日の大発会、大納会に下げた分を戻しましたね。
私も無難に好発進することができました!

今年もよい年になりますように♪

 

<2005年 逆アクセスランキング>

2005年に『やさしい株のはじめ方』と『たまごの投資日記(当ブログ)』を立ち上げたわけですが、ここにたどり着くまでにたくさんの方にお世話になりました。その方たちに敬意を表し、2005年に逆アクセスいただいた相互リンクの方トップ10を紹介したいと思います(敬称略)。

 

1位 株50円ショップ
-アクセス数・情報量ピカイチです!

2位 10代からの株式投資
-ひかるさんはデキル10代です! いろいろとありがとう!

3位 株・信用取引初心者入門ナビ
-信用取引はここでばっちり!

4位 連敗投資家の知恵
-失敗を成功に変えていらっしゃいます!

5位 初心者の挑戦ものがたり
-株初心者の方は一度は訪れたいサイト!

 

6位 ゆったり投資生活
-ぺぺさんとは実生活でもお世話になっています!

7位 副収入の達人
-ブッチャさんがいなかったら、今の自分はいません!

8位 ニートのデイトレ風林火山
- (旧 わびさび投資家の隠れ家)きれいなサイトです!

9位 株リンク.jp
-かぶりんさんの個人サイト儲かりレーダーは必見!

10位 puffettの銘柄選び
-大学院生のpuffettさんとは仲良し投資仲間!

次点 そういちろうの株式投資三昧
-具体的に銘柄を検証されているサイト!

 

残念ながら、10位までには入りませんでしたが、12月後半ランキング1位を取った“しお”さんの『初心者のための割安株ドットコム』、kazuさんの『株式投資生活』が急成長されています。

美人秘書シェラさんの『社労士OLの生活術』、マンデリンさんの『株でお気楽生活できるでしょうか』、くるりんさんの『ノミでもわかる株入門』は数少ない女性サイトとして、管理人を楽しませていただきました♪

 

 

☆2005年は、この他にも、たくさんの方に相互リンクをしていただきまして、本当にお世話になりました。みなさま全員を紹介できずに申し訳なく思っております。

今後も末永いお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2006年目標

どんなことをするでも、目標は必要です。目標を定めることで、エネルギーがわいてきます。

 

例えるなら、42キロも走る“マラソンランナー”も、ゴールという目標があるからこそ頑張れるのです。もし、ゴールがなければ、しっかり走れるでしょうか?どこに行ったらよいのかわからないので、混乱することでしょう。

 
 

言うなれば、私たちも人生のマラソンランナーです(…ちょっとくさいですが)。区切りのよいときに目標を立て、こうありたいと願う目標へ向かって進みましょう。

 

さて、前置きはこの辺にして、私の目標ですが、2006年はこのように行きます!

 

■株の利回り20%を目指します!

昨年は、70%超というありえない好成績でした。これは明らかにできすぎです。一言で言えば事故です。昨年のような気持ちで望めば、痛い目を見ることになるかもしれません。流れが変わる可能性おおいにあります。

…というか変わって当然です(笑)。ですので、前年の目標利回りは『10%』と設定しましたので、2年目の今年は倍の『20%』を目指す。謙虚な設定というよりもこれが現実的なんです。コレを達成した場合は+260万円(1300万円×20%=260)になります。
 

 

■外貨投資はじめます!

昨年はバーチャル(練習)で終わってしまったので、今年は外貨に少しずつ回していきます。どちらかというと、守りの投資として位置づけています。外貨投資の理屈は理解しました。

 

■金融資産を2000万円台に!

なんとかして、金融資産2000万円台に乗せたいと思っています。株は限界がありますから、他の柱を充実させたいです。将来的に、ローンに頼らず家を建てたいと思っているので、この目標は貪欲に狙って行きたいです。 

 

☆こんなことを書くと、金の亡者のように思われるかもしれないですが、そうではないのです。あくまで、お金は幸せへの“ツール”のひとつです。金儲けが人生の目的ではありません。

 

★次のような不安が取り巻いていることも、頭の片すみに覚えておいたほうがいいかもしれません。

・預金していても、利息が付かない↓
・勤続年数だけでは給料は上がらない↓
・国の借金は増えているので、税金は増える↑
・金利が上がれば、国の借金も増える↑
・デフレ脱却で、貨幣価値は下がる↓
 

 

☆☆☆2006年、みなさんにとって、素敵で幸せな一年になりますように! ずっと笑顔で生きてゆきたいですね♪

(2005年総括もよろしくです…前編・中編・後編)

  

人気blogランキング
ランキングに参加しています。

2005年総括(後編)

(2005総括前編はこちらから)

 

最初に買った銘柄は、三菱自動車です。当時126円で5000株買いました。単に、「安いから値上がりしたら儲かるなぁ~。」という理由からだけです…(笑)。今考えると、恐ろしい…(汗”)。

しかし、ビギナーズラックというものはあるようで、かなり順調(たまたま…)に上がりました。途中、買い増しなどしながら、短期で170円まで上がったと思います。利益は1週間でなんと50万円(含み益)です! しかし、利益確定の大切さを知らず、2日間くらいで、含み益の半分は市場に帰って行きました~。

 

その後は、6月まで一進一退の攻防が続きます。昔からブログにお越しの方は、ご存知かもしれませんが、5月の半ばに元本割れを経験しています(覚えてませんよね…)。たまたま、うまく行っていた株式投資もメッキがはがれました。ここで考えました。

…株を続けるかやめるのか。

 

出した決断は継続です!

「1年間は、やってみよう!」と決めていたので、元本割れしても頑張りました。ただ、結果が付いてきていないので、本気でやろうと1から勉強しなおしました。

 

…その結果、自分なりの投資法を確立することができ、無理なく楽しんで投資ができるようになりました。

 

8月ごろまでに、かなり自分のスタンスがわかってきたので、9月には、思い切って信用取引に挑戦しました。これも、周りから少々反対を受けましたが、リスク管理ができるようになったという自信がついたのと、相場が上昇局面であると踏んだので実行しました。 

 

これが結果的には吉と出て、相場上昇とぴったり一致することと重なり、驚異的な数字を出しました(10~12月)。

 

ですから、これらをまとめると2005年はこうなります!!

・相場上昇に乗れたので運がよかった。

・株の怖さ、すごさを知った。

・株一年目の初心者でも十分やれる。

・株の勉強と収益はある程度比例する。

・株は心理戦。欲をコントロールできる人が勝つ。 

 

☆長文読破ありがとうございました。今年も気を引き締めてまいりますので、どうぞよろしくお願いします!

人気blogランキング
応援クリックをいつもありがとうございます!

2005年総括(中編)

新年あけましておめでとうございます!

いつも遊びに来てくださる方、コメントをくださる方、相互リンクしていただいてる方、今年もよろしくお願いいたします。

 

(ここから2005総括中編です…前編はこちらから)

 

…時間だけは1年過ぎていました。

株を始めることになった最後の一押しは、初心者投資家の存在です。現代社会では、インターネットの普及により、知りたい情報を簡単に知ることができます。さらにブログも流行っていたこともあり、初心者でも簡単にはじめられることを知りました。

 

それまでは、「株式投資は投資のプロがやるものだ」と考えていたので、むくむくと勇気がわいてきました。その足で早速、証券会社に口座を開き、いざやってみるとなんてことはありません…。簡単でした。一歩踏み出せなかったのは、自分が勝手に作っていた“見えない壁”でした。これが投資を始めるきっかけです。このころは、ちょうど2005年の1月でした。

(2005年総括後編はこちらから) 

 

人気blogランキング
応援クリックをいつもありがとうございます!

2005年総括(前編)

さて、2005年の総括です。(…というより自分振り返り総括です)

 

…2005年、いろんなことがありました。全部はとても書ききれませんので、自分を中心に置いた総括にします。昔の日記を読み返してみました(2005年の2月スタート)。昔の日記を見ると、かなりイタイことが書かれています(今もたいして変わりませんが…(笑))。そう考えると、今の自分は1年前と比べて、成長した部分はあるんだなぁ~と思いますが。

 

株を始めるきっかけは、会社の給料では我慢できなかったというところからです。お金に執着があるというよりも、漠然と未来が不安になったということがあります。はじめは、株を始めるための種銭がほとんど無かった(4年前までは貯金0です。)ので、必死にお金をためました。それには、自分の時間を削って、かなりの時間を費やしました。 

 

いざ始めようと思った(2004年頃)とき、周りに株をやっている人がいなかったので、どういうものなのか、ぜんぜんわかりませんでした。そのためなのか、いつまで経っても株を始めることができず、時間だけは1年過ぎていました。

(中編はこちらから…)

 

※さらに詳しい総括は、個別の月でご確認ください。

続きを読む

11月消費者物価指数

今日は消費者物価指数(CPI)が発表されました。

前年同月比0.1%上昇し、98.0(2003年=100とする)となりました。消費者物価指数がプラスに転じるのは2年1ヶ月ぶりのようです。ただ、数字自体は市場予想と同じみたいで、大きなサプライズにはならなかったようです。

 

この発表に対して、日銀(日本銀行)は好意的に受け止めているようです。その理由は、「消費者物価指数が前年比で安定的に0%以上」になれば、デフレ脱却ということで、量的緩和政策の解除をもくろんでいるからです。

 

量的緩和政策というのは、「金融機関の当座預金残高を引き上げさせるために、長期国債の買い入れを増やす等、金融機関に資金供給(“量”)を行い、市場の短期金利を実質ゼロ%に誘導した(東証より抜粋)」という“量”に対する政策です。これは、当時あまりにも景気が悪かったので、冷え切った景気を刺激するために取った、少し異常な政策です。

 

このちょっとわかりにくい『量的緩和政策』…。解除するとどうなるでしょうか?? 将来的には、ゼロ金利の解除という方向、すなわち金利が上がってくるわけです。

 

金利が上がってくると、海外との金利差が下がり、円高要因になりますね。それに、積みに積みあがった国債の利払いが増えますね。他には、企業の有利子負債も経営の圧迫要因となることも考えられます…。

金利上昇は、他にもたくさんの影響を及ぼしそうですが、果たしてこれからどうなっていくでしょうか??

   

☆あと3日で今年も終わりです。
しっかり締めましょう!

 

人気blogランキング
ランキングに参加しています。

本サイトは、株式投資初心者の方向けの『やさしい株のはじめ方』です。

投資信託(インド株・中国株・BRICs)

外国市場にも目を向けるというテーマです。海外の銘柄に個別で投資するのも大切なことですが、少々勉強が必要です。もし個別銘柄で投資をしようとすれば、入ってくる情報が日本株より少ないので、その分リスクが高まります。そう考えると、海外への投資は個別の企業に投資するよりも、投資信託にお願いする方が安心かもしれません。

 

続きを読む

FPの資格を持つひっきー・みっちー・タクヤ・アオキが投資について考えます