マリオン(3494) ~IPO当選への挑戦~




これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SBI証券
が主幹事のマリオンです。

マリオン(3494)-JASDAQスタンダード

マリオンの事業内容は、「賃貸用不動産の運営および管理ならびに不動産賃料収入に基づく不動産証券化商品の組成および販売」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,170円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,170円となります。売買単位が100株単位なので、21.7万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は27.96万株あります。100株単位の配分となるので、2,796本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「8月27日(月)~8月31日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)
東海東京証券
岩井コスモ証券

☆マリオン、不動産という人気化しづらいテーマに加え、直近の業績が頭打ち気味なこともあり、正直、内容的にはきびしい感があります。ただ、公開株数が極めて少なく、需給がかなり良くなっていますので、今の相場であればある程度は上昇してくれるでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
システムサポート 公募1,750円 → 初値4,000円(+22.5万円)
イボキン 公募1,930円 → 初値2,310円(+3.8万円)
プロレド・パートナーズ 公募4,250円 → 初値7,170円(+29.2万円)

2018年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2018年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2018年4月まで IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 HEROZ 4,500円 → 49,000円(+445万円
2位 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 → 15,470円(+124.7万円
3位 RPAホールディングス 3,570円 → 14,280円(+107.1万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など