カチタス(8919) ~IPO当選への挑戦~




これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 大和証券が主幹事のカチタスです。

カチタス(8919)-東証

カチタスの事業内容は、「戸建の空き家を中心に買い取り、リフォームにより再生して販売する中古住宅再生事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,640円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,640円となります。売買単位が100株単位なので、16.4万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は1,509.79万株あります。100株単位の配分となるので、150,979本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「11月27日(月)~12月1日(金)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)
岩井コスモ証券
SBI証券
マネックス証券

☆カチタス、住宅販売自体はテーマ的に盛り上がりに欠けますが、業績の伸びが素晴らしく、純粋な投資対象として多くの買いが集まりそうです。住宅業界でこれほどの右肩上がりを実現している上場会社はなかなか見当たりません。同日に、一家ダイニングプロジェクト(9266)が上場しますが、規模が小さいので影響はほとんどないでしょう。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
Casa 公募2,270円 → 初値2,331円(+0.61万円)
SKIYAKI 公募3,400円 → 初値8,400円(+50万円)
テンポイノベーション 公募3,100円 → 初値6,000円(+29万円)

2017年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2017年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2017年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ユーザーローカル 2,940円 → 12,500円(+95.6万円
2位 ビーブレイクシステムズ 1,670円 → 7,700円(+60.3万円
3位 テモナ 2,550円 → 8,050円(+55万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など