『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014』に行ってきました


foy2014

>皆様こんにちは!
やさしい投資信託のはじめ方』担当のアオキです。

1月9日、投資信託を運用しているブロガーが、個人投資家におすすめの投資信託を選び、発表するイベント『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014』に行ってきました。


『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year』とは

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year』Webページより

この日会場には多くの来場者が集まっており、チケットは完売でした。

運営委員m@氏・renny氏の喜びの声

会場の熱気が高まってきたところでイベントがスタート。第一部は投信ブロガーrenny氏と山崎元氏のとのトークライブ、『ファンド選びよりも大事なこと』というテーマで50分ほどの対談でした。

まずは個人投資家が考えるファンド選びよりも大切なことについてのアンケート結果の発表。多く見受けられた回答は「長く続けること」「目標・目的を持つこと」「投資の原資となる稼ぎを増やすこと」などでした。

それに対して山崎氏が大切だと挙げた事柄は、『適切な場所に適当なリスクを取って運用すること』『感情を混ぜないで運用すること』などでした。

ちなみに私が大切だと思うのは『少額でもいいので運用を始める』です。事前に勉強していても、実際に取引をしてみないと分からないことがたくさんあると感じます。皆さんがファンド選びより大切だと思うことは何でしょうか?

第一部の後半にはファンド選びに関することにも少々話が及び、山崎氏は長期運用時の運用コストの重要性について話され、『日本に約5,000本ある投資信託のうち、99%は最初から検討に値しない』とばっさり!かつてアクティブファンドの手数料が低かった頃を振り返り、「手数料を下げることは可能ではないか」と話されたことが印象的でした。

第2部は『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014』の発表、結果は以下の通りとなりました!

1位:ニッセイ外国株式インデックスファンド

2位:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

3位:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

4位:結い2101

5位:eMAXISバランス(8資産均等型)

6位:ひふみ投信

7位:世界経済インデックスファンド

8位:SMTグローバル株式インデックス

9位:ニッセイ日経225インデックスファンド

10位:eMAXIS 新興国株式インデックス

以上のような顔ぶれとなりました。

予定されていた時間をオーバーする盛り上がりを見せ、ファンドオブザイヤーは無事終了しました。この翌日には日経新聞のWebサイトに取り上げられるなど、『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year』はその存在感を増してきているようです。

このような形で、『個人投資家にとって良い投資信託』が広まる機会は、大変有意義だと思います。来年はより多くの個人投資家の声が集まるファンドオブザイヤーとなることを願っております。