2017年3月の株主優待を紹介します♪

皆さん、こんにちは!
『楽しい株主優待&配当』副担当のハナモトです。

楽しい株主優待&配当”のサイトで3月にもらえる株主優待をまとめました。ブログでは、その中でも魅力たっぷりな優待をご紹介します♪

red02.gif3月の人気優待

続きを読む

ユーザーローカル(3984) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 大和証券が主幹事のユーザーローカルです。

ユーザーローカル(3984)-東証マザーズ

ユーザーローカルの事業内容は、「ビッグデータの解析・人工知能による情報提供サービス」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は2,860円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は2,860円となります。売買単位が100株単位なので、28.6万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は46.57万株あります。100株単位の配分となるので、4,657本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「3月14日(火)~3月21日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(主幹事)
SMBC日興証券
SBI証券

☆ユーザーローカル、事業内容が「ビッグデータ、AI」関連というだけで、今の相場なら初値高騰の可能性がかなり高いでしょう。しかも、業績は右肩上がりで将来性も十分に感じられますので、いよいよ初値高騰が現実味をおびてきました。もちろん当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
ユナイテッド&コレクティブ 公募1,620円 → 初値4,500円(+28.8万円)
フュージョン 公募1,140円 → 初値2,872円(+17.32万円)
レノバ 公募750円 → 初値1,125円(+3.75万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

オークネット(3964) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のオークネットです。

オークネット(3964)-東証

オークネットの事業内容は、「インターネットを利用したオークションの主催および運営などの情報流通支援サービス業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,070円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,070円となります。売買単位が100株単位なので、10.7万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は554.3万株あります。100株単位の配分となるので、55,430本が当たりですね。当選確率は「当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「3月10日(金)~3月16日(木)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
マネックス証券

☆オークネット、2016年8月26日に一度上場が承認されましたが、同年9月9日に取りやめをおこない、再び上場を目指して承認されました。オークションで取り扱う商品は、中古車、中古バイク、中古スマートフォン、中古PCなどですが、いずれもすでに事業として成熟段階にあり、これから大きく成長していくイメージが持てません。直近の業績推移は右肩上がりで伸びていますが、2017年12月期は第3四半期までの業績を見る限り、やや頭打ち気味に見えます。想定価格がそれなりに割安感がある水準なので、値崩れを起こす感じではありませんが、あまり初値の上昇は期待できないです。

<直近IPOのパフォーマンス>
ユナイテッド&コレクティブ 公募1,620円 → 初値4,500円(+28.8万円)
フュージョン 公募1,140円 → 初値2,872円(+17.32万円)
レノバ 公募750円 → 初値1,125円(+3.75万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 SMBC日興証券が主幹事の日本再生可能エネルギーインフラ投資法人です。

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)-東証インフラ

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人の主な投資対象は、「再生可能エネルギー発電設備」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は100,000円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は100,000円となります。売買単位が1口単位なので、10万円からIPO抽選に参加できます! また、公開口数は4.12万株あります。1口単位の配分となるので、41,200本が当たりですね。当選確率は「やや当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「3月13日(月)~3月16日(木)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(主幹事)
大和証券(副幹事)
SBI証券

☆日本再生可能エネルギーインフラ投資法人、再生可能エネルギーの買取価格が年々減少していることから、これから新設される施設の投資利回りは従来のものより低くなります。よって、今後1口当たりの価値を高めていくのはきびしく、将来性を期待した買いは入りにくくなっています。

<直近IPO(REIT)のパフォーマンス>
森トラスト・ホテルリート投資法人 公募143,000円 → 初値145,000円(+0.2万円)
投資法人みらい 公募183,000円 → 初値176,000円(-0.7万円)
さくら総合リート投資法人 公募91,000円 → 初値79,000円(-1.2万円)

2015年もIPOの調子が引き続きよかったですね!2016年もこの流れが続いてほしいですが、どうなるでしょうか♪ →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2015年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 ネオジャパン 2,900円 → 14,550円(+116.5万円
2位 エムケイ システム 3,500円 → 15,120円(+116.2万円
3位 アイビーシー 2,920円 → 10,250円(+73.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

2月20日~2月26日の更新情報です。

先週の新着情報を紹介します。

 

やさしい株のはじめ方

2月22日:株や投資信託の税金対策で節税をしよう!
2月21日:フィデリティ証券

2月16日~3月15日まで確定申告期間となっています。それに伴い、税金関連のページを更新しました。
損益通算出来る組み合わせや繰越控除についてもわかりやすく解説しています。これらの知識は知らないと損をするので、一読されることをおすすめします。

 

楽しい株主優待&配当

2月23日:[変更]ティーガイア
2月23日:[新設]シー・ヴイ・エス・ベイエリアスシローグローバルホールディングス
2月22日:[更新]優待ブログ:東祥優待【変更】企業リスト優待【新設】企業リスト抽選が受けられるIPO一覧
2月22日:[新設]日本水産富士ソフト
2月20日:[新設]インソースヨネックス
2月20日:[変更]JCU

先週は株主優待の新設が6社、変更が2社ありました。
先週新規上場が承認されたスシローグローバルホールディングスは、上場時から株主優待が設定されています。スシローで使える商品券なので、使いやすい優待だと思います。
IPOに関する情報は「やさしいIPO株のはじめ方」をチェックしましょう!

 

やさしいIPO株のはじめ方

2月24日:[新規]ネットマーケティング
2月24日:[仮条件]ほぼ日ファイズ
2月24日:[初値]ユナイテッド&コレクティブフュージョン
2月23日:[新規]ユーザーローカルオークネット日本再生可能エネルギーインフラ投資法人
2月23日:[初値]レノバ
2月22日:[新規]スシローグローバルホールディングスNo.1ズーム
2月21日:[新規]ティーケーピー
2月20日:[新規]ソレイジア・ファーマ

先週上場した3社はいずれも公募価格を上回る初値で、中でもユナイテッド&コレクティブフュージョンは公募価格の2倍以上の初値を付けました。今後もこのような銘柄が続いて欲しいですね。
3月に新規上場する予定の企業は、今現在で23社となっています。IPOラッシュの時期なので、「IPO企業情報の一覧表」で各社の情報をまとめて確認すると良いと思います。

 

やさしい投資信託のはじめ方

2月24日:GMOが3月末より投信取り扱い開始

GMOクリック証券が3月末より投資信託の取り扱いを開始すると発表しました。
まだ少し先の話ですが、現時点で判明している情報をまとめてあります。詳細が判明したら、随時更新していきます。

 

やさしい住宅ローン比較ガイド

2月24日:[コラム]住信SBIネット銀行、住宅ローンの団信について
2月23日:[コラム]じぶん銀行、住宅ローンの団信について
2月22日:[コラム]イオン銀行、住宅ローンの団信について
2月21日:[コラム]ソニー銀行、住宅ローンの団信について

各金融機関の団信(団体信用生命保険)について更新しました。
それぞれ種類や費用、特徴を分かりやすくまとめています。通常の生命保険の他に、3代疾病保証が付いたタイプなど様々な種類があります。
金利だけでなく、保証なども金融機関選びの重要なポイントになりますね。

 

今週の更新情報は以上です。

ズーム(6694) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のズームです。

ズーム(6694)-JASDAQスタンダード

ズームの事業内容は、「音楽用電子機器の開発および販売」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,460円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,460円となります。売買単位が100株単位なので、14.6万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は72.56万株あります。100株単位の配分となるので、7,256本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「3月9日(木)~3月15日(水)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(副幹事)
SBI証券
カブドットコム証券

☆ズーム、業績推移からみても利益が頭打ち気味で将来性に不安を感じます。せめて業績が右肩上がりであれば、将来性から買われる望みもありますが、現状では買う理由が見当たりません。ただ、大株主のロックアップが期間でかかっており、需給は良いので、値崩れを起こすような案件ではないように思えます。

<直近IPOのパフォーマンス>
ユナイテッド&コレクティブ 公募1,620円 → 初値4,500円(+28.8万円)
フュージョン 公募1,140円 → 初値2,872円(+17.32万円)
レノバ 公募750円 → 初値1,125円(+3.75万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ティーケーピー(3479) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のティーケーピーです。

ティーケーピー(3479)-東証マザーズ

ティーケーピーの事業内容は、「貸会議室の運営を中心として、飲料・オプション・宿泊サービスなども展開」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は5,890円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は5,890円となります。売買単位が100株単位なので、58.9万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は58.55万株あります。100株単位の配分となるので、5,855本が当たりですね。当選確率は「やや当たりにくい」部類です。IPOの申し込みは「3月8日(水)~3月14日(火)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
大和証券(副幹事)
SMBC日興証券
東海東京証券
SBI証券
安藤証券

☆ティーケーピー、想定時価総額が300億円ほどの大型案件ですが、想定価格が5,890円と高いこともあり、公開株数はそこまで多くありません。この事業モデルで、これくらいの規模であれば、需給が緩くなって公募割れの可能性が高いのですが、今回は特殊ケースでどのような結果になるかわかりません。とりあえず仮条件の水準を見てから申し込むかどうか決めた方がよいでしょう。

<直近IPOのパフォーマンス>
ユナイテッド&コレクティブ 公募1,620円 → 初値4,500円(+28.8万円)
フュージョン 公募1,140円 → 初値2,872円(+17.32万円)
レノバ 公募750円 → 初値1,125円(+3.75万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

ソレイジア・ファーマ(4597) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 みずほ証券が主幹事のソレイジア・ファーマです。

ソレイジア・ファーマ(4597)-東証マザーズ

ソレイジア・ファーマの事業内容は、「悪性腫瘍にかかわる医薬品・医療機器の開発、販売」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は180円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は180円となります。売買単位が100株単位なので、1.8万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は2,235.31万株あります。100株単位の配分となるので、223,531本が当たりですね。当選確率は「かなり当たりやすい」部類です。IPOの申し込みは「3月7日(火)~3月13日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
SMBC日興証券(副幹事)
岩井コスモ証券
東海東京証券
マネックス証券
SBI証券
カブドットコム証券

☆ソレイジア・ファーマ、低価格で買いを入れやすい案件ですが、さすがに現状でこの規模を押し上げるだけの買いを集められるとは思えません。公募割れの可能性が極めて高いと思いますので、申し込みはスルーしてよいでしょう。もし、仮条件が想定価格を上回る水準で提示されることがあれば、一考の余地もあるでしょうか。

<直近IPOのパフォーマンス>
日宣 公募1,600円 → 初値3,000円(+14万円)
安江工務店 公募1,250円 → 初値1,300円(+0.5万円)
シャノン 公募1,500円 → 初値6,310円(+48.1万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など

オロ(3983) ~IPO当選への挑戦~

これから挑戦できる、新規公開株IPOを紹介します。 野村證券が主幹事のオロです。

オロ(3983)-東証マザーズ

オロの事業内容は、「自社開発ERPパッケージソフトウェア(ZAC Enterprise)の提供・保守、およびWEBを活用したマーケティング支援事業」となっています。公募価格の目安となる、想定価格は1,930円です。仮に、想定価格が仮条件の上限となれば、公募価格は1,930円となります。売買単位が100株単位なので、19.3万円からIPO抽選に参加できます! また、公開株数は115万株あります。100株単位の配分となるので、11,500本が当たりですね。当選確率は「普通の当たりやすさ」の部類です。IPOの申し込みは「3月7日(火)~3月13日(月)」となっています。

→詳しいIPOスケジュール企業情報などは、やさしいIPO株のはじめ方をご参考ください

<IPO抽選が受けられる証券会社例>
松井証券
マネックス証券
SBI証券

☆オロ、人気のクラウド関連のIPOですが、規模がそこそこ大きく、今後の成長性もそれほど感じられませんので、初値の大幅な上昇は期待しづらいです。ただ、主要な大株主に期間でロックアップがかかっているので、規模の割に需給は良いと言えます。とりあえず当選を狙っていきます!

<直近IPOのパフォーマンス>
日宣 公募1,600円 → 初値3,000円(+14万円)
安江工務店 公募1,250円 → 初値1,300円(+0.5万円)
シャノン 公募1,500円 → 初値6,310円(+48.1万円)

2016年の最新IPO情報をまとめています♪
 →2016年 新規公開株(IPO)のまとめ

<2016年 IPO初値成績の上位3社(公募価格→初値)>
1位 グローバルウェイ 2,960円 → 14,000円(+110.4万円
2位 アトラエ 5,400円 → 12,720円(+73.2万円
3位 イノベーション 2,770円 → 8,700円(+59.3万円

あらかじめ証券口座を作っておいて、IPO抽選の準備を整えておきましょう♪(IPO取り扱い実績数

参考:これから申し込みできるIPO一覧、過去のIPOの結果・当選結果など