アメリカの非製造業も回復傾向


hirotoface.gif

皆さん、おはようございます。『やさしい株のはじめ方』サポーターのみっちー(自己紹介ページ)です。

3月に入って暖かくなったのもつかの間、今週はまた冬の気候に逆戻りのようですね。3月になったからといって、薄着で外に出て体調を崩さないよう気をつけたいと思います♪


■主要経済指標(前回から新たに発表)

<米国>11月のISM景況感指数 3月1日発表

ISM景況感指数
1カ月前と比較して景気が「良い」「変わらず」「悪い」の3択で答えてもらい、これを基に指数を算出。50を下回ると景気後退、50を上回ると景気拡大の状態と考えられる。(米国サプライマネジメント協会)

20100308_1.gif

製造業は56.5になり、前月より-1.9ポイント。
非製造業は53.0になり、前月より+2.5ポイント。

≪ひと言感想≫
製造業に比べ、なかなか悪化が止まらなかった非製造業の雇用指数(48.6)ですが、ようやく底打ちの気配を感じられるようになってきました。

雇用環境が回復して雇用が増えると、給与をもらえる人が増えますので、消費量も必然的に多くなります。すると、企業はその需要に対応するため、さらに雇用を増やして商品やサービスをより多く提供しようとします。

このような好循環に入れば、成長余力がまだ十分に残っている米国は、再び長期に渡る経済成長が期待できます。

<米国>2月の失業率 3月5日発表

失業率
満15歳以上で働く意志を持つ人たちの中で、実際に職に就けていない人たちの割合。(米労働省)

20100308_2.gif

失業率は9.7%となり、前月と変わらず。
失業者は3.4万人増で1,487万人となり、
非農業部門の雇用者は3.6万人減で、1億2,953万人となりました。

≪ひと言感想≫
建設業は、住宅建設の先行きを表す住宅許可件数が住宅減税の延長に伴い増えましたが、企業は設備投資に対して未だ消極的な姿勢を保っているため、引き続き厳しい雇用環境が続くでしょう。

製造業は、企業の雇用環境の先行きを表すISM景況感指数の雇用指数が56.1と引き続き50を超えており、徐々に持ち直してくるでしょう。

サービス業は、引き続き専門・教育・医療業が順調に雇用を拡大しています。また、ISM景況感指数の雇用指数も48.6と転換点である50に近づいてきており、全体の底打ちもそう遠くないでしょう。

積立投資の実践

銘柄名 現在値 平均購入価格 数量
VT 43.45$ 40.85$ 155口
TOK 36.76$ 30.33$ 100口
EEM 40.95$ 32.60$ 100口

【購入計画】

(VT)世界分散型ETF…3ヶ月毎に約30万円分購入

※10年以上の投資をするなら、15万円分購入でも既存の「国際分散型インデックス投資信託」よりだいぶお得になると思います

参考:積み立て投資による 超長期 世界分散投資の提案

=============================

社名 片道売買手数料
1000株まで 1000株以上
マネックス証券 2520円

(25.2ドル)
SBI証券 2625円

(26.25ドル)

2625円+1000株

以上の株数×2.1円

楽天証券 2625円

(26.25ドル)

2625円+1000株

以上の株数×2.1円

ETF購入に“おすすめ”はマネックス証券

ETF売買手数料が一律25.2ドル(2,500円)と業界最安です♪

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
マネックス証券 5,000円プレゼントキャンペーン

4月30日までに新規に口座を開設し、“5万円”以上を入金した上で“取り引きを1回”すれば、もれなく5,000円がもらえます☆

※資料請求の申込書の中にある『ご請求コード』に“20100503”とご入力ください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

「手数料が変わらない」ということは、購入金額が大きければ大きいほど“相対的に手数料が下がる”ということです。たとえば、購入金額3万円なら手数料率は8.3%(=2,500円÷3万円)になりますが、15万円なら1.7%、30万円なら1%まで減ることになります。

ですので、ETFを購入する場合は「1月に1度よりも、一定期間隔で出来るだけ一度に多く購入する」方が適しています。
=============================

ご意見・ご感想等があればコメントに残していただけると嬉しく思います。また、下の☆☆☆☆☆をクリックすることで皆さんの評価が反映されますので、こちらもよろしければお願いいたします。本日は最後までご精読していただき、ありがとうございました。